【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

未分類

暑いから…頭がウニウニ…

ホント…溶けちゃいそうになる暑さですね!
外を歩けばソフトなサウナに入っている感じで、すぐに涼を求めてエアコンが効いてそうな建物に入りたくなります。

朝夕に玄関先の植物達に水をやってるんですが、庭木やさん情報によると、こうも熱いと水をやるタイミングが重要で、よかれと思ってやった水が、暑さで水温が上がり根が煮える現象が起こるそうなんですねぇ~。だから朝夕の太陽が昇りきらないウチに水やりをした方がよい…との事。

日中に水をやると葉が焼けたりするから日中に水をやったらダメ…という事は知ってましたが、根が煮えるとは…(汗)

やはり、この気温は異常ですよね!学者さんなどの専門家の話では、太陽は勢力が衰えて、これから氷河期に入るとおっしゃってました。専門家が研究の結果として出されている結論なので、多分、太陽の勢いは衰えていて、これから氷河期に入るんだろうと思いますが、太陽の衰えとは別に、地球の温度が上昇している…何だかの別な原因があるんでしょうねぇ~。学が無い僕の推測に過ぎませんが…、森林伐採が気温上昇の一番の原因のような気がしますねぇ~。

自然を冒涜すれば、必ず仕返しするって話を聞いたことがありますが、この温暖化は仕返しの一つなんじゃなかろうか?…なんて思っちゃいますね。

土用の丑の日

今日は土用の丑の日らしいですね!
土用って季節の変わり目を表すものなんですが、たしか夏の土用の期間が終わると立秋…。あと2週間とチョッとで暦の上では秋なんですよねぇ~。このクソ暑いのに”秋”かよ!って感じですが、立秋とか土用とかは旧暦での用語だと思うので、一ヶ月前倒しになってると考えれば立秋も頷けます。

「土用の丑の日はウナギを食べる日…」みたいな風習というか、刷り込みが定着してるのでTVのニュースでは「うなぎ屋さんが大繁盛!」的な事を言ってますが、この季節のウナギより、秋から冬にかけての頃のウナギの方が脂がのっていて美味しいという話を聞いたことがあります。

「夏バテ予防にウナギを食べる」というキャッチコピーを作った平賀源内さんの言う事にも一理あるんですが、美味いウナギを食べたければ冬に向けて脂を溜め込んでる方が旬な感じはしますもんねぇ~。でも食いしん坊としては春夏秋冬に関係なくウナギは食べたいんですが、無い袖はふれないしね…。納豆とキムチを食べて夏を乗り切ろうと思いまする。納豆とキムチと白飯…最高の組み合わせだと思うんですよねぇ~。

あ~ら!ビックリ!

実家の母親から「お前の名をかたった関西弁の人からオレオレ詐欺から電話がかかってきたよ!」と連絡があり、「へぇ~…本当にオレオレ詐欺ってあるんだぁ~!」と思ったのが2~3年前の話…。

昨日、知らない電話番号からの着信履歴が残っていたので、まずネットで電話番号検索してみると、僕が使っているカード会社からの不正利用の確認でした。(驚)

実際、itunesでの不正利用があったらしく、アップルとカード会社が処理・対応してくれたので、僕に被害が及ばなかったんですが、カード不正利用が我が身に降りかかるとは思ってもいませんでした。…ホントにカードの不正利用ってあるのね!(恐)

最近は仮想通貨…云々…と言われ始めている昨今ですが、できるだけ現金での買い物を…と、心がけてはいるものの…、クレジット・カードがないと不便な世の中なので、カードは持っておかないとなぁ~って思うんです。でも…不正利用は嫌だなぁ~。

「便利は不便」とはよく言ったものだゎ!

WCロスからの~妄想族

ド・カップ(たまむすび的に…)……、終わっちゃいましたね!

今さらなんですが…ホントに今さらなんですが…
世界レベルのサッカー選手がするボール・トラップの凄さというか、ボールコントロールって凄いなぁ~

それと、サッカーの基本はワンツーの壁パスだと言う事を思い出させてくれました。あとはドリブルでボールキープが出来るって事は、ただボールをクリアーするより、守備から攻撃に転じる形を作りやすいんだよなぁ~って感じたんですよぉ。…今さらなんですけどね…(笑)

今、もし、僕がサッカーをやっていた頃の中学生や高校生だったら、この夏、ワールドカップに感化されて壁パスとドリブルの練習ばかりするんだろうなぁ~。なんて…暑さのせいか、ワールドカップ・ロスからの妄想族と化しております。…そろそろ正気に戻らねば…(苦笑)

灸頭鍼の煙との葛藤

もう外は30℃を超えてるんでしょうねぇ~
治療院の室内の温度はエアコンで、かろうじて26℃~28℃を維持してますが、治療に灸頭鍼を使ったりすると、部屋中がお灸の煙でモクモクになるので、換気の為に窓を開けると、アッという間に室内温度が30度を超えてしまうありさま…。

灸頭鍼を使わずに、煙が出ない赤外線やホットパックで対応するという方法もあるんでしょうが、灸頭鍼の治療効果は手放せないというか、譲れないよなぁ~。

「手を抜かず手間をかけてなんぼの鍼灸治療」…。理(ことわり)とでも言いますか…、物事の道筋は外せないなぁ~。この季節、暑さと灸頭鍼の煙との葛藤は続きます。

欲しいか?欲しくないか?で言えば…

 

サッカーのワールドカップも、いよいよ3位決定戦と決勝戦を残すのみですなぁ~。
ここ最近の流行というか、最近のサッカー選手のタトゥー率って高いですよねぇ~。半袖のユニホームを着て肘から手首までタトゥーが見えてる選手、けっこういたもんなぁ~。

「タトゥーTシャツ作ったら売れるかもね!長袖のTシャツの腕の部分にメッシと同じタトゥーの柄を入れて、その上にアルゼンチンのユニホームを着たら、あなたもメッシになれるっていうのはど~よ!?」…って何気なく嫁さんに言ったら。「売れないよ!」と即答されました。(苦笑)

僕も、そんなTシャツがあったら、見てみたいか?見たくないか?で言えば、見てみたいけど、欲しいか?欲しくないか?で言えば、欲しくはないかな…(笑)

僕が中学生の頃、ワールドカップのヒーローはアルゼンチンのマリオ・ケンペスっていう選手で、長髪をなびかせてドリブルする姿がカッコ良かったんですが、今、マリオ・ケンペスのような長髪をなびかせる選手っていないよなぁ~。やっぱり今の流行は短髪&タトゥーなんでしょうねぇ~。

新入り

サドル・スツールというモノらしい…。

いわゆる、座った時に骨盤を立てれるというか…、仙骨の上に脊椎がのるような姿勢で座ることが出来る椅子なんですわぁ~。でっかい自転車のサドルというか、馬に乗るときの鞍というか…、この二つを、たして2で割ったような作りの座面で、確かに座っている時の骨盤が矯正されてる感じがします。

患者さんの治療をしていない時は机に向かって資料を読んだり、事務作業したりと、椅子に座っていることが多いんですが、今まで使ってた木製の椅子は、歳を取ってお尻の筋肉が減ってきたせいか、長時間座っていると座骨の辺りが痛くなってくるんですよねぇ~。低反発のクッションを使ってみるも、最初の頃はイイ具合にカバーしてくれていたけど、半年くらい使っているとクッションもぺったんこになってしまって低反発も機能しなくなり、どうしたものかと思っていた矢先…、良いタイミングで「医道の日本」からセールのカタログが届き20%オフだったので買ってしまいました。普段は「医道の日本」からカタログが送られてきてもスルーしてるんですが、術中にハマッちまったかな…(苦笑)

この椅子…、強度的にいつまで保つかはわかりませんが、骨盤の矯正もできそうなので、一石二鳥な感じですね!

あと2試合で終わりかぁ~

クロアチアが勝ちましたなぁ~!
フランスvsクロアチア…、クロアチアはまだ優勝したことが無いから、心情的にはクロアチアに優勝して欲しいですね。今回のワールドカップは、いつも以上に楽しめた感じがするんですよねぇ~。3位決定戦も楽しみだ!

なんか論点がズレてるように感じるんですが…

昨日、TVを見ていたら、台湾でプラスチックのストローに規制がかかり「タピオカ入りミルクティーをどう飲むんだ!?」と、話題になってる話や、スタバがストローを廃止したり、アメリカン航空もストロー廃止したり、英国王室も…。…と、ストローが急に悪者にされて、この世から抹殺され始めてるのに、正直言ってビックリ…w(゚o゚)w

なんでも『世界の海のゴミの85%をプラスチック製品が占め、海洋汚染への影響が深刻だとしているから…』というのがストローが悪者にされている原因らしいんですゎ。

だが…チョッと待てよ…、コレって海にプラスチック製品を捨ててるって事だよね!常識的に考えれば、海にモノを捨てちゃダメでしょ!って思うんだけど、ストローを廃止にする前に「海に捨てるのをやめようよ!」って誰も思わないのかな?

なんでも、今まではプラスチック製品の廃棄物は中国が輸入していて、それに頼っていたみたいなんですが、去年あたりから中国が廃プラスチック製品の輸入を禁止したので、廃プラスチックの処理に困っちゃったから「使うのやめよう」っていう事らしんだけど、もともと海に捨てなきゃいい話だし、他国にゴミ処理を依頼してるから、そのツケが回ってきてるように思えるし…。「海洋汚染への影響が深刻…」という事は、今まで輸入してた国が海洋投棄してたという事でしょうし、廃プラスチックを輸出していた国も海洋投棄をしている事は知ってたけど見て見ぬフリをしていたという事なんでしょう。

このストロー規制のニュースって、「ウチは、くみ取り式のボットン便所なんだけども、バキュームカーが来なくなったからウンコをするのをやめましょう!」って言ってるような感じにしか聞こえないんですよねぇ~。

なんだか、「ストローを規制するのがいまのトレンド…」というような報道をするニュースにも疑問を感じるし、気の毒なのがストローを作ってる会社だよね…。

僕らの知らない所で、いっぱい色々なゴミを海に捨ててるんだろうなぁ~。

ギターと鍼

 

僕はギターを弾くので、例えとしてギターを引き合いに出しますが、鍼の技術って楽器と通じるモノがあると思うんです。

ギターってアコースティック・ギターもあればエレキ・ギターもありますし、アコースティック・ギターも分類すればフォーク・ギターもあればナイロン弦のガット・ギターもあり、エレキに関してもストラトやテレキャスターやレスポール…、セミアコやフルアコなどなど、その個体ならではの音色があり、当然ですが、その楽器の値段と音の良さは比例するんですよねぇ~。

値が張る高級なギターだと普通にジャァ~ンと鳴らすだけなら、誰が弾いても良い音がしますが、いざ、カッティングとかストロークとか短音でソロを弾くと、下手な人と上手い人の差がハッキリ現れます。勿論、上手い人と下手な人の差って値段が高級ギターじゃなくても、安いギターでも確実に出るんですよ!

『弘法筆を選ばず』ってヤツです。

細かい事を言うとギターは左手で弦を押さえ、右手で弦を弾きます。左指で押さえてる弦を、どのタイミングで移動させるか…。右手の指で弦を弾くときに、どれくらいの力加減で弦を弾くか…。このバランスで、その人なりの個性ある音色を出していきます。

これって鍼治療の鍼の操作に似てるんですよねぇ~。

左手の押手で鍼を刺している皮膚や筋肉の状態を探り、筋肉の緩みや張りを察知する。右手の刺し手は左手の情報を考慮いて、適度な刺激を鍼を通して患者さんに送り続ける。…これって、ギターで良い音を奏でようとする行為に似てますし、この技術が個性だと思うので、習ったから出来るというモノでは無いと思うんです。

僕が弾いても、それなりの音しかしないのに、ギターが上手な人が「…どれ!ギターを貸してみな!」って僕のギターを手にして弾いた時、全く僕が弾いてる時とは違う良い音がしたっていう経験があるんですよね!

確かに一流のモノを手にする事で、練習を小まめにして腕を磨くという側面はありますが、一流のモノを手にする以前の心得として、鍛錬して磨いておかなければいけない部分ってあると思うんですよねぇ~。

鍼治療での術者の右手と左手の感覚…。これって重要だよなぁ~って思います。術者の手の感覚って師弟関係で似たようなモノはあるかも知れないけど、一つとして同じモノはないと思うんですよね。

唯一無二…これでいいんじゃないかな…。

マネしたければ、ある程度の所までマネして、そこから先は自分で作り上げていけばいいと思うんです。
因みに…電気針(パルス)治療の場合、左手(押手)の感覚を無視した刺激量になるので、使う時に要注意なんですよねぇ~。