はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


未分類

あらら…

Twitter のページを開いてみると右の「おすすめトレンド」という項目に「charの息子」とある…。
はて?Jesseがどうしたの???
…と思い、クリックしてみると、Jesse と KenKen が大麻所持の疑いで逮捕とな!

あらら…

KenKen は、よくツイートをアップしてるから、彼のツーとはよく見てたんだけど、当分、KenKen のツーとは無いかな…。Jesse も、噂で頸椎を痛めているって聞いた事あるけど、大麻を使用していたなら、痛み止めとしてかな?…などと想像しちゃいますが、ココは日本…。いくらアメリカで合法化され始めていても…、アムステルダムの珈琲屋さんで気軽に入手できていても、日本ではダメなんだよなぁ~。

何が正しくて、何が間違っているのか?世界目線で大麻を考えると本当に玉虫色で、よく分からないという人は多いと思うんだけど、まずは、この本を読んで、大麻が違法薬物として扱われている歴史的背景を知っておいた方がいいと思うんですよねぇ~。この本を読んだ上で、良い…悪い…の議論をすべきだと思うんだけど、多分…万が一…もしも…根拠はないんですが…. ヾ( ̄o ̄;) 日本で合法化したとしても、50年後くらいなのかもね…(苦笑)

久米宏さん

今朝は朝いちに患者さんの予約が入っていなかったので、治療室の掃除をしながらNHKの番組『あさイチ』が見れたんですが、久米さん…いいわぁ~!メッチャ面白かった!

数年前からラジコを利用するようになり、毎週土曜日の昼にTBSラジオでやっている番組 『久米宏 ラジオなんですけど』 をタイムフリーで、毎週聴いてるんですけど、常に…というわけではないんですが、よく…、感情的ではなく理論的にNHK批判をする久米さんが、NHKの番組に生出演して、どんな話をするのかな?…と興味津々だったんです。

結果…、言いたい事は言うけど、気は使っている…(苦笑)…そんな感じが伝わってきて、「あぁ~大人だなぁ~」って思えたんですよねぇ~。

NHKも年に2回くらい久米さんを番組起用して、あえてNHK批判をNHKの電波を使って放送するくらいの懐の深さを見せて欲しいものだなぁ~(笑)久米宏さんとマツコDXさんで番組を作ったら、面白い番組になりそうな気がしますねぇ~。

打撲や手術痕

先日、半年前にお風呂で尻餅をついてしまい、それ以来、座ると尾骨の辺りが痛くて座れないという患者さんが来られました。病院でレントゲンを撮っても骨にも異常が無く、日常生活でも難儀されているとのことでした。

打撲の場合、よくあることなんですが、皮膚表面から見える青タンの出来る内出血もあれば、皮膚表面からは見えない深部で起こる内出血もあるんですよね!

おおよそ、内出血でも外傷でも治る過程として、

1.まず出血を止めるために血液が固まりキズを塞いで止血効果をもたらします。…いわゆるカサブタですね!

2.その後、炎症期と言われる状態になり炎症性の細胞と呼ばれる好中球とか単球とかマクロファージという細胞がキズの周りに集まり壊死した組織を攻める?…排除?したりします。…修復しやすいように工事現場を整理するイメージでしょうか…。

3.そして、その後、修理屋さんの繊維芽細胞が出てきて新しく血管を作ったり肉芽組織を形成したりして、コラーゲンが十分に生産されると、修理屋さんの繊維芽細胞が、段々、少なくなり傷跡も修復される。

…という流れなんですが、打撲した部分が関節部分だった場合、骨と骨がくっついている部分は、もともと血管が無い場所なので、修理屋さんの繊維芽細胞は血管を作る事をせずに繊維状の物質だけでキズを修復しようとします。いわゆる繊維性の軟骨のようなものを形成するんですが、その時に周りの神経を巻き込んでキズを修復してしまうので、座った時…お尻に体重がかかった時や、仰向けに寝てお尻に体重の圧がかかった時に痛みを感じてしまうんですよ!これは、腰の手術をして手術痕が痛むという人にも、同じような理由で痛んで日常生活に支障をきたす場合があります。

こういった場合、局所に血液を送り込み繊維化している所を時間をかけてほぐしていく必要があります。いわゆるコリを取ると言うことです。ただ、一度、繊維化したコリをほぐすには、ある程度の時間がかかります。打撲の程度にもよりますが、最低でも3ヶ月、もしくは半年は必要でしょうねぇ~。御自宅で出来る対処法ですが、要は血液を患部に送り込む事が重要なので、お風呂に入る時は湯船に浸かって、毎日、身体を温めると治りは早まると思います。

ちょっと気長な治療になりますが、焦らずに治していきましょう!

満月 ♪

福岡では「山笠が終わると夏がやって来る」と言います。
気象庁は、まだ梅雨明け宣言してませんが、朝、窓を開けると昨日辺りから、蝉がワシワシ♪ 鳴き始めてます。
気象庁はデータと睨めっこして梅雨明けを宣言するんでしょうが、蝉は備え持った感覚で、既に梅雨明け宣言をしている感じですねぇ~。

今夜は満月みたいです。そういえば、昨夜、隣の家の瓦が月明かりで反射してたっけ…。

奇抜な案だが…面白い!

嫁さん曰く「来週は選挙だよ!…どこに…誰に…入れていいか、よくわからん!」と仰る。

僕も、ここのとこ、来週の選挙に備えてNHKの政見放送を見たり、ネットで「この党…この人はどんな考えなんだろう?」と調べてはみるものの、結局、「どこに…誰に…入れていいか、よくわからん!」という所に辿り着き、堂々巡りな感じなんですよねぇ~。

そんななか、昨夜、嫁さんが面白い事を言い出しました。
「ちょっと思いついたんだけど…、これって、とっても良い案だと思うんだよね!」という嫁さんの話を聞くと…

全てが電子マネーにならないと成り立たない事なんだけど、消費税を廃止して、消費税分…例えば10%を老後年金に回すというのはどうなんだろう?! 物を買えば、買った分の10%は老後の年金として受け取れるというシステムにしたら、みんな安心してお金が使えるので経済に活気が出るんじゃないか?国としては、国民の懐事情を透明化するために電子マネー化を進めたいみたいだから、電子マネーを取り入れた人から、この方法で消費分10%が老後に支給されると言う事にしたらいいんじゃない?(苦笑)

突拍子もない考えではあると思うけど、年金問題やら、消費税の問題やら、景気の悪さを一掃できる面白い案だと思うんですよねぇ~。こんな政策をかかげる党や人がいたら、間違いなく1票入れるんだけどな…。いないだろうなぁ~(笑)

なんてない四方山話

今朝の福岡は雨降りさんです。
現在、福岡県内の8個のダムの合計の貯水率は 24.39% だそうな…
週間天気予報によると、来週1週間は雨が降るみたいなんだけど、再来週は梅雨明けするのかな?
関東の方は日照時間が足りなくて農作物の被害が出そうだとニュースで言ってたし…
稲やトウモロコシに寄生する蛾の幼虫が九州で多数、発見されてるらしいし…
来週は選挙だけど、どこに…誰に入れようかな?
消費税が上がると、デメリットの方が多かろうに…
警察官の不祥事やら…
郵貯の不祥事やら…

色々と、不安な事だらけが頭に浮かびますが…
明後日は山笠…
見に行こうかとも思いましたが、早起きしてTVで見ようかな…。

身体にも治る時間を与えてあげて下さい。

早く治したい…。
早くこの痛みを取りたい…。
この辛い痛みを何とかしたい…。

…と、いう気持ちは分からなくはないですが、身体にも治る時間を与えてあげて下さい。
仕事を覚えたての人に、すぐに仕事の結果を求めても、良い結果は、すぐには出せないものです。

切り傷でも傷口が塞がって、キズ痕が無くなるまでには、数ヶ月かかります。
痛みや体調不良もキズが治るのと同じで時間が必要なんですよねぇ~。

だから、焦らないで身体にも治る時間を与えてあげて下さい。

こういう事なんじゃないでしょうかね…?

お中元やお歳暮は、良い関係を保ちたいから…とか、今年もお世話になりました…とか、今後ともよろしくお願いします…という想いを込めて送るモノだと思うんです。

でも…お歳暮やお中元を受け取る相手が、送る側の悪口を色んな所で色んな人に言いふらしていたり、理不尽な対応をしていたりしたら 「もう今年から、あそこには、お歳暮とかお中元を贈るのをやめようかな…」 ってなるのは、至極当然だと思うんですよねぇ~。( …五分五分の関係ならね!_〆(´Д`ll) )

もらう側が、悪口や理不尽な対応をしてるにも関わらず、「最近、あそこからは、お歳暮もお中元も送ってこないな!」…と、お歳暮とか、お中元を要求したり、届くのが至極当然かのごとく思っていたりするとするならば、もう呆れてものも言えない感じだと思うんですよね!(苦笑)

今、キムチが美味しい国と、もめている事って、こういう事なんじゃないでしょうかね…?

これも歳を取ったと言う事か…。(*´Д`)=3…

知らない0120…の電話番号から携帯電話に着信が残っていたから、番号をネットで調べてみると保険の勧誘だとのこと…。そのまま放っておいてもいいんですが、なんとなく「着信拒否しようかな…」と思ったので、着信拒否登録をしようとしたら、携帯電話が「ロックNo、は?」…とロック番号を求めてくるのです。今まで着信拒否登録をしたこと無かったので、思いつく暗証番号を入力するも「番号が違います」と拒否られ、またまた、いくつかの番号を入力するけど、なかなか受け入れられないので…軽くパニック… ヾ(´*д*`)ノシ ゚ やり馴れていない事をしようとすると、こんな事になるんですねぇ~。ネットで「携帯のロック・ナンバーを忘れたら…」と検索すると、ショップに持って行って初期化してもらわないといけないらしく、そこまでする必要はないので、着信拒否は諦めました。…(苦笑)

話は変わって…

先日、また油山に登ったんですが、山頂に近づくにつれ湿度が高くなり、山道の濡れた木の根に足を滑らし尻餅をつく感じで転けちゃったんですよ!転けた時に右手で身体を支えようと地面に右の手のひらをついたんですが、その時はまったく痛くも痒くもなかったのに、夜になると動作痛も腫れもないけど、なんだか手首に違和感を感じるので、さっそくお灸!お灸!

お灸をし終わると違和感も取れたのでよかったんですが、よくよく考えてみると、子供の頃はあれだけ遊んで転けたりして、擦りむいたりはしていたものの、手首に違和感を感じたり痛みが残ったりしたことは無かったよなぁ~。って思うと、「これも歳を取ったと言う事か…。(*´Д`)=3…」って感じて、なんとなく寂しくなっちゃいました。(苦笑)

淘汰される言葉たち…

先日、TVを見ていたら、女子高生が 「お前!って言われるのに違和感を感じる。…親にも言われた事がないのに…」 と言ってるのを聞いて 「へぇ~時代も変わったもんだな…」 と思ったんですよねぇ~。
途中から見始めたテレビ番組だったんですが、多分、プロ野球の中日の応援云々の話題からのコメントだったんでしょう。

受け流せばいいような事柄ではあるけれど、僕らが子供の頃には先輩や先生やクラブのコーチから「お前らなぁ~!しっかりしろよ!」ってな感じで日常使われていたし、「お前」の本来の言葉の意味は…、たしか「御前(オンマエ)」とかで、神仏を目の当たりにするような、尊い言葉だったように記憶してます。似たような言葉では「貴様(キサマ)」ですよね!たしか、これも基本的には敬語的な使い方をする言葉なんだけれども、戦時中の言葉のような目上の者が目下の者に威圧的に使う言葉のようなイメージが定着して、今ではほとんど使われなくなりました。(…確か、僕が子供の頃にイタズラして父親に叱られたときに、父親から「貴様ぁ~」って言われた事があったなぁ~(苦笑))

言葉は変化していくモノではあるんですが、本来の言葉の意味を知らずに、「お前!って言われるのに違和感を感じる…」って、まるで流行に乗るかの如く感覚だけで言ってる若者を見てると、言葉のことに限らず、色々な事で、知らないが故に誤解を生み、コミュニケーションが取れなくなっていくのかなぁ~って思うと、なんとも薄っぺらさが際だって寂しさを感じるんですが、TVの番宣CMで、高嶋ちさ子さんが「私…、お前って言う人は嫌い!」って言ってるのを聞いて、「あぁ~若者が原因じゃなく、言葉の淘汰というのはメディアが作り出してるモノなんだなぁ~」って感じたんですよぉ~。