はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


雑談

何てない話…

嫌だ

寒いの嫌だなぁ~…
福岡は今日からこんな天気が1週間続くらしいですね…
ちょっとウンザリですが、冬らしいと言えば冬らしい天気なので受け入れなければいけないんでしょうねぇ~。
あぁ~南の島に脱出したい!(苦笑)

この時期、毎度おなじみの確定申告の用紙が郵便受けに入っておりました。また数字を記入し去年一年間のリアルな現実を目の当たりにする作業をしなければいけないと思うと億劫になりますが、一昨年の年末に帳簿を管理していたパソコンが壊れ、とても大変だったので、去年から帳簿も手書きにしたし、ただ数字を記入するだけの作業なので、今年は少し気が楽かな…。

ファビコン

ファビコン

…ファビコンって何?って思うでしょ!つい先日まで僕もそう思ってました。
何でもホームページのアドレスの前とか、グーグルで検索したときにアドレスの前に付いてるロゴみたいなのを、ファビコンと言うらしいんです。

なんか…魔が差したのか?(苦笑)あるとき妙な制作意欲がわいたので、” はりきゅうふくた” のファビコンを作ってみたんですが、PCで表示されるのもたかだか5mm程度の絵なわけで…

コレが何を表してる絵なのか?よ~く見ないと分からないだろうし…、よ~く見ても分からないかも知れない。

まぁ~お灸を描いたつもりなんですが、素人が手を出すとこういう事になっちゃったりするんでしょうねぇ~。プロのデザイナーが作っているだけあってツイッターとかグーグルとかFC2のファビコンは、ホント…よく出来てるなぁ~って思います。

やはり…餅は餅屋なんでしょうねぇ~。

『死にゆく人の心に寄りそう』という本

死にゆく人の心に寄りそう

この本…ラジオで紹介されていて、気になったので読んでみました。

最近…漫画の『病室で念仏を唱えないでください』がドラマ化されてるみたいですが、それとは別の話なんですよねぇ~。あの漫画は面白かったけど…ドラマは…たぶん…見ないだろうなぁ~…(苦笑)

いやぁ~…この本…、読んでない人は読んでおいた方がいいですよ!…っていうか、オススメの1冊です。「死」って出来るだけ遠ざけたい感じではあるんですが、必ずおとずれるものですし、知っておいた方がいい事がイッパイ書いてありました。とくに死の間際に人の体と心がどう変わるのかを分かりやすく書いてあったんですよねぇ~。

ちょうど…一昨年に義父が亡くなったんですが、この本を読んでると「あ~あの時は、こういう状態だったんだなぁ~」って…しみじみしちゃうんですよねぇ~。

知らないより知っておいた方がいい事柄が詰まっている本ですね…。

2本立ての夢

夢,眠りが浅い,フロイト

昨夜は寒かったせいか…眠りが浅く、2本立てで夢を見ました。
1本目は試験を受けてる夢で、まったく答えが書けずに白紙同然で提出して「終わった…」と思った瞬間に目が覚め…

また…ウトウトして眠りにつくと2本目の夢が始まり、誰かの結婚式に出席する夢だったんですが、受付で芳名帳に名前を書き、祝儀袋を出そうとすると、「無い!!!!!!あっ!御祝儀…忘れたぁ~~~!」という夢でした。

これは何かの暗示なのか? 何か…心のありようが夢に現れているのか? 確かフロイト的に夢を解析すると、だいたいが性的なものに結びついてたよな…(*゚ー゚*)ポッ

まぁ~久しぶりに慌てふためく夢を見ましたが、寒くて眠りが浅いのが原因だと思うので、今日から毛布を1枚、布団にかけて寝る事にしようと思います。

自分って…小さい人間だなぁ~と感じる瞬間…(苦笑)

年賀状,出す,出さない

背が低い高いの話ではありません…僕の人間性の問題です…· (^-^;)

毎年と言っていいほど、この時期になると、正月明けから2週間ほど…忙しい時はそんな事、思いもしないんですが、風呂に入ってボォ~としている時や、ふと…時間が空いて何も考え事が無い時などに、頭の中で「たしか…あの人に年賀状を出したんだけど、あの人からは届いてなかったよな…」…なんて事を考えてしまうんです。

近頃は年賀状離れも進んでいるみたいだし、年賀状を出すか出さないかは個人の自由だしね!…僕自身も建前上は「相手にも色々と事情があるんだろうから…」と思うんだけど、「俺…何かあの人に気の触る事をしたかな?」とか「嫌われているのでは?」などと、負な妄想が鎌首をもたげ始めるんです… ( ̄▽ ̄;) そんな時、「あぁ~…俺ってなんて小さい人間なんだろう…」って思うんですよねぇ~。

何年も会っていないのに「お元気ですか?今年もよろしくお願いします。」などと毎年、同じセリフを年賀状に書くのも、どなんなもんかな…とも思いますし…、年に63円のお付き合いも悪くはないかな…とも思います。

とは言え…年賀状のやり取りが無くなったから、友達付き合いが終わるわけでもなく、用事があれば連絡しますし、会えば普通に酒も飲むし話に華も咲きますしね!…別に年賀状が来ないからって、たいした事じゃないと思うんですが、歳を取ると、なんとなく別な事を考えたりしちゃうんですよねぇ~。

たとえば…同業者だと、いらんお世話ですが…廃業しちゃって年賀状なんて出す気分じゃ無いのかな?…とか、何か不幸事があったのかな?…とか、やっぱ、俺…嫌われてるのかな?…· ゚∀゚)などなど、自分勝手な変な心配事と自分の人間性の低さに苛まれてしまいます。(苦笑)

まぁ~1月も3週目くらいには、僕の中でも、もうどうでもよくなっているんですけどね!(^~^;)

十日恵比寿神社

近所の櫛田神社境内の十日恵比寿神社と博多区の十日恵比須神社参りのダブルヘッダー。

櫛田神社の十日恵比寿ではお参りした後に振る舞われた鶏のスープが温かくて美味しかったぁ~♪

野芥,十日恵比寿神社

ホントは明日の夜に博多区の十日恵比須に行くつもりだったんですが、この勢いで行ってしまおうと車を走らせ博多区へ!

いつもだったらパピヨンプラザの駐車場に駐めて十日恵比須神社まで歩くんだけど、今はパピヨンプラザは改装中らしく駐車できないという情報があったので、100円パーキングが空いてるか…ちょっと心配だったんですが、運良く空いてる100円パーキングに遭遇したのでとてもラッキーでした。

しかしながら、博多区の十日恵比須神社をなめてはいけない…

PM11時頃に行けば、そんなに人もいないだろう…なんて思ってたら、参道から1時間並んでの参拝になりました。

福岡,十日恵比寿神社

でも…おかげで日をまたいで10日(本えびす)の午前0時過ぎに参ることが出来ました。 v(⌒o⌒)v

信心深くはないんですが、やっと正月の定例行事が終わった感じです。

自画自賛

はりきゅうふくた,治療室

やっぱりゴーンさんの会見は、自己弁護のオンパレードで、…この人、人前で演説するの大好きなんだろうなぁ~って感じだったし…。、イランは報復のミサイルを発射するし…、まぁ~事の発端を考えるとアメリカも暴走気味だと思うんだけどね…。IR関連の国会議員は現金を受け取ってるし…。、昨夜、福岡は震度1だったけどグラッって揺れたし…。

ニュースから目が離せない昨今ですが…

そんななか…

はりきゅうふくた のホームページのトップページに治療室の写真を数枚、載せてみました。
友人から「いくら良いことが書いてあっても、文章ばかりだと見る気がしないよぉ~」とアドバイスをくれたので、苦肉の策なんですけどね…(苦笑)フルモデルチェンジするには、労力がかかりすぎるし、パソコンは苦手だから出来るだけパソコン作業は避けたいので写真でごまかしたと言われればそれまでなんですが…· (^-^;)

以前よりは、ホームページで治療院の雰囲気が分かりやすくなったと思います(自画自賛… (´∀`;) )

虹の彼方に…♪ ( ̄□ ̄;)

TBSラジオ,たまむすび,町山智浩

昨日、ラジコで ”たまむすび” を聴いてたら、町山さんが『ジュディ  虹の彼方に』という、女優のジュデー・ガーランドの人生を描いた映画の紹介をしていたんですが、彼女が出演していた『オズの魔法使』で使われた ”虹の彼方に(オーバー・ザ・レインボー)”という曲は実は悲しい歌だった事を初めて知り、ビックリ!(ノ゚ο゚)ノ

僕はてっきり、…虹の彼方には幸せが待ってる…的な歌だと思っていたんですが…そうじゃなかったみたいです。

実は…

「虹の彼方に幸せの国があるというの…そこには青い鳥が飛んでいくんだけれども、なぜ私はあそこに行けないのかしら…」という内容の曲らしんですね…

私は幸せをつかめないの…という歌詞らしいんです。

知らなかったぁ~~~!(驚)

実は10年前…自分の結婚式でイズリアル・カマカヴィヴォオレ バージョンの Somewhere over the Rainbow を友人と2人でギターを弾いて歌いましたがな…(苦笑)

やっちまったぜ!…まぁ~人の結婚式じゃなくてよかった…。 悲しい歌だったのね…· (^-^;)

外人さんがタトゥーで「寿司」とか「刺身」とか彫ってるのを見て笑ってましたが、人のことを笑っている場合じゃないなと思った次第です。(苦笑)

男はつらいよ…

男はつらいよ.お帰り寅さん

yahooニュースを見ていたら『「山田洋次監督にアイデア無断使用された」横尾忠則氏が激怒』とある…。

何かあったのかな?…と思って読んでみると…

なんでも横尾さんと山田監督は数年前から会って色々と話をする間柄で、横尾さん曰く今回の『男はつらいよ お帰り 寅さん』の案…過去の寅さんの映画から抜粋やコラージュやCGを使う案は横尾さんが提案した案なんだけども、山田監督はその案を採用したにも関わらず横尾さんに一言の連絡も無い事に、横尾さんがご立腹らしんですね…。

僕は山田洋次さんも横尾忠則さんも好きなので、この記事を読んで「なんだかなぁ~」って感じなんですが…

寅さん好きとしては、山田洋次=寅さんなわけで…

横尾さんが色々と案を出したとて『男はつらいよ』は山田洋次監督のモノなんですよねぇ~。

横尾さんが文句を言うのであれば、このタイミングじゃなく、数年後くらいに「実はね…」って、裏話&笑い話として話せばいいのに、映画が封切りのタイミングで「友情を踏みにじられた」とか「山田さんは芸術家ではない」って言うこと自体が、映画の観客の感情を無視しているというか、提案したことが本当だったとしても、このタイミングで言うなんて、なんともケツの穴が小さいな…って思えちゃうんですよねぇ~。

今、言う話ではないと思うんです。

正月早々、嫌な記事を目にしてしまいました。

久松山

久松山,鳥取市

正月は里帰りして…、実家の掃除を手伝って…、中学校の同級生と同級生がやってるスナックで飲んで…
正月は天気が悪かったから家でジッとして…
2日目は晴れたので、まだロープウエイが健在な時、小学生の頃に1度だけ登った事のある久松山に30分かけてテクテクと急勾配を登り、40~50年ぶりに久松山の山頂から鳥取砂丘を眺める事が出来ました。

久松山,鳥取砂丘

一昨日、福岡に戻り今日から通常営業です。…とは言え、明日、明後日は休みなんですけどね…(苦笑)
今年もよろしくお願いします。