はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


筋肉

捻挫に刺絡

足首,捻挫,刺絡

まずは捻挫と打撲の違いについてですが…
捻挫は可動域以上の負荷が関節にかかり傷めてしまうものを言い、捻ったりした方向に動かすと痛みが酷くなったりします。打撲は転んだり、何かにぶつかったりして組織を損傷してしまったものを言うんですが、ともに症状が酷い場合には靱帯や骨にまで損傷する事があるんです。

まぁ~どの症状や病気にも程度というモノがあるので、軽い捻挫や打撲もあれば、重傷化する捻挫や打撲もあるわけです。現代医学の基本的な考え方としては、軽度のものだとRICEと言って1.Rest(安静) 2.Ice(冷却)3.Compression(圧迫)4.Elevation(挙上) を基本処置としています。

基本的には皮膚表面に腫れや炎症などの変化が見られなくても、内部で内出血や炎症が起こっている場合もあるので、損傷部位を拡大させない為にも、とりあえず初期の処置として” 安静・冷却・圧迫・挙上” を行うんですよね!

なのでケガをして24~48時間以内は風呂などに入って患部を温めない方がいいですし、RICEの処置をしても痛みが増すようなら病院でレントゲンなどの検査を受けて骨折が有るか?無いか?を調べる方がいいと思いますが、レントゲンで骨折がなくても腱の損傷などの場合は時間の経過とともに痛みが増す場合もあります。

僕が去年の7月に右手首を打撲した時もレントゲンでは異常はなかったけど、ある動きで痛みが出る事が続き、完治するまでには4ヶ月ほどかかりました。

軽い捻挫や打撲の場合は鍼灸治療で対応できるので、「転けてココが痛いんだけど…」とか「打ち身が出来てしまって鬱血して痛いんだけど…」という場合は症状の程度を見極めて、鍼灸治療で対応できるモノは治療しています。でも、正直なところ…骨折が隠れている場合があるので、出来れば病院で骨折の有無を判断してもらってからの鍼灸治療が望ましいんですが、「病院より鍼灸の方が効果があるから…」と捻挫や打撲で鍼灸治療を受けに来られる人もいらっしゃるんですよねぇ~(苦笑)

先日、来院されたKさん。…去年の春頃に腰痛の治療で3回ほど治療に来られていたんですが、久しぶりに連絡があり「昨日、娘の電動自転車に乗っていて転んでしまい自転車の下敷きになり右の足首を捻って、昨夜は痛くなかったんだけど、今朝から急に痛くなってきて…鍼灸で何とかなりませんか?」と仰る。

患部を見ないとわからないので、とりあえず来院してもらって患部を見たら、明らかに左の足首に比べて右の外踝が腫れていて、痛いと言われる場所に内出血がありました。

話を聞くと、乗り慣れていない電動自転車で転けてしまい、足首を底屈した状態で自転車の下敷きになってしまったらしく、1日過ぎた状態でも足首を底屈すると痛いので、歩くときにつま先を着かないように、踵だけで歩いているとの事…。御本人曰く、「体重を足首にかけても痛くないから骨折はしてないと思う…」との事でした。

まぁ~僕としては万全をきす為に、骨折が有るか?無いか?レントゲンを使って病院で診断してきて欲しかったんですが、患者さん曰く「以前、こんな感じで病院に行ってもレントゲンで骨折がなくても、牽引されたり、湿布を出されたり、リハビリさせられたりで、治るのに時間がかかったから…鍼灸ならなんとかなるかな…って…」…と仰る。

腫れてはいるんだけど、問診した限りでは軽傷の捻挫と判断したので、「もしも明日までに痛みの軽減が無かったり、痛みが酷くなっていたら整形外科に行って下さいね!」…という条件で、腫れている患部に皮膚刺絡を施しました。足首だったので2号の吸角が役にたったんですが、施術後に歩いてもらうと「足首の底屈をしても、まだ少しは痛みはあるけど、とても楽に歩ける!」と言われるので、3日後にもう一度、治療に来てもらったんですが、日に日に良くなっていて、今は患部を押せば少し痛いけど、歩くのには何も問題ないとの事でした。

刺絡療法…。ここぞ!という時に役に立つ治療法ですゎ!

ストレッチと入浴

入浴,風呂,ストレッチ,セルフケア

年末から松の内が明けるまでの約2週間弱…里帰りやら…新年会やら…寒い中神社に参ったり…おせち料理を食べたりと…、非日常とまではいかないまでも、今までの生活パターンが乱れがちになりますよねぇ~。

かく言う僕も、怠惰とは言わないまでもストレッチをサボってましたし、食っちゃ寝…的な生活をしておりました。…なので、これじゃぁ~いかん!!と3日前からストレッチを始めたら、痛くなりかけていた背中と首のコリがどこえやら♪ 改めてストレッチの重要性を痛感しました。

それと、もう一つ大事なのが風呂!…いわゆる入浴。シャワーじゃなく湯船に浸かる事って、とても大事なんですよねぇ~。ストレッチで筋肉はほぐれますが、ストレッチだけだと筋肉にとってはまだ不十分で、湯船に10分間ほど浸かってやるとある程度の表面的な筋肉の疲れは取れるはずです。

この2週間のあいだ「あ~お酒飲み過ぎちゃって、お風呂に入るの面倒くさいな…寒いけどシャワーですましちゃえぇ~!」ってシャワーをして寝たことが何回かありましたが、案の定、翌日には背中がガチガチになりそうな予兆を感じましたもんねぇ~。やっぱ…入浴は大事ですよ!

表面的なコリは取れても深部のコリはなかなか取れないモノなので、深部のコリがある場合、もしくは表面的なコリでも頑固なものはストレッチ&入浴でも取れないこともあるので、そういった場合は鍼灸で筋肉を緩めてあげる必要があります。

でも、鍼灸の治療を受けたからと言ってもセルフケアを怠っていると、身体は硬くなるモノなので風呂&ストレッチは毎日欠かさない方がいいと思います。

雑巾美尻エクササイズ

大臀筋,腸腰筋,坐骨神経痛

今朝の福岡は、メッチャ涼しい…というか、雨が降っているから気温が下がっているって感じです。
梅雨に入ったのかな?って感じですねぇ~。

昨夜、TVを見てましたら、ぴったんこカンカンで 『雑巾美尻エクササイズ』 っていうのをやってました。
最近、TVを見ていても 「美尻」 というワードをよく聞くんですが、健康的にもお尻の筋肉を鍛えるのって、とても大事な事なんですよねぇ~。

ぴったんこカンカンで紹介されてた“雑巾美尻エクササイズ”は、基本的には、僕が患者さんに腸腰筋のストレッチを兼ねた腰痛予防の運動としてアドバイスしているランジと同じ動作なんですが、この場合はランジのように前に一歩踏み出すのではなく、軸足じゃない方の足で雑巾を踏み、後方へスライドさせ元に戻すという運動みたいです。コツはスライドさせた足を戻す時に、お尻の筋肉を使う意識を持つことがポイントみたいですね!

腰痛を訴える方で、坐骨神経痛の症状の人って多いんですが、原因の一つとして大臀筋が弱くなると、大臀筋の下の部分の梨状筋や、他の筋張った筋肉が大臀筋の役割を担う事になり、オーバーワークを起こし坐骨神経痛を発症するんですよね!お尻に美しさを求めるのも大事ですが、健康維持の観点からも“雑巾美尻エクササイズ”ってイイ運動だなと思いました。

五十肩と言われる肩の不調…

四十肩,五十肩,鍼灸

最近、なぜか五十肩の治療をすることが多くなっている気がするんです。

鍼灸治療を受けたことがない多くの皆さんが…

A:「肩が痛くて腕が上がらないんだよぉ~」
B:「あっ!それ五十肩(四十肩)だね!私もなったことあるよ!」

…というような会話を知人とされて、病院に行ったり、整骨院に行ったりするけど、なかなか治らないから、痛そうで怖いけど切腹覚悟で初めて鍼灸院に来院…なんてパターンが多いかな…。

四十肩・五十肩は腕が上がらなかったり、肩が痛かったりする症状なんだけど、放っていけば自然に治るものだ…という事は知られいていると思うんです。でも早い人は1ヶ月位で治る人もいらっしゃれば、2年くらい症状が続く人もいらっしゃるんですよねぇ~。だから…放っておいても治るには治るんですが、治療した方が確実に早く治るので、痛い思いで最長2年間を過ごすより、治療して早く治した方がいいと思うんですよね。

それと…実は、一般の方にはあまり知られてないと思うんですが、五十肩って専門医でも診断が難しいらしいんですよ!
一般の人からすれば、「腕が上がらない=五十肩」という感じで自己診断して「先生!五十肩になっちゃった!」という感じで来院されますが、肩が痛くて腕が上がらないという症状の場合、「五十肩(四十肩)…」「腱板断裂…」「石灰沈着性の腱板炎」を疑うんです。

「腱板断裂…」「石灰沈着性の腱板炎」は、腱板と呼ばれている筋肉が切れたり剥がれたり、石灰が沈着したり…と、いずれも肩の老化や摩耗(使いすぎ)が原因で起こる症状なんですが、肩が痛くて腕が上がらない症状で、腱板断裂や石灰性腱炎(石灰沈着性の腱板炎)に当てはまらないものを 『五十肩・四十肩(肩関節周囲炎)』 と診断する、…いわゆる除外診断で「あっ!これは五十肩ですね!」となるわけです。

五十肩は筋肉と肩関節の動きを潤滑にする滑液包というものが炎症を起こしたり、腱板と呼ばれる筋肉や、それに付随する筋肉が原因で拘縮(関節可動域制限)が起こる事で症状が出ると言われています。

四十肩・五十肩は放っておいても治るんですが、腱板断裂や石灰性腱炎に対しても、痛み止めや炎症を抑える薬はあるけれど、症状を治す薬はありません。症状の強弱にもよるんですが、現代医学でも基本的に自然治癒にまかせるというのが、この肩が痛くて腕が上がらない症状に対しての治療法となってるんですよ。

そこで、鍼灸治療ですが、鍼灸の一番の利点はダイレクトに、筋肉にアプローチできるという事なんですよね!現代医学でも基本的に自然治癒にまかせているわけですから、五十肩・四十肩に対しても、腱板断裂に対しても、石灰性腱炎に対しても痛めている患部にアプローチするのではなく、他の腱板を構成している筋肉の萎縮を防ぎ、関節可動域を徐々に広めて運動療法しやする事で、症状の改善を図るのが一番いい方法だと思います。

毎回、言いますが、治療はあくまでサポート。患者さん自身が運動療法出来るまでのサポートなんですよねぇ~。主役は患者さん自身の身体です。

猫背(円背)と刺絡治療

刺絡,猫背

”猫背” と“円背” …厳密にはカテゴリー分けがあるみたいですが、一般の人からしてみれば「背中が丸くなる事」という括りで知られている症状ですよね…。

猫背になる原因としては年齢別で色々とあると思いますが、年配の方で背中が丸くなっている人って結構、多いんですよ。年を取ってなくても30代~50代で肩凝りや首凝りや腰の痛みの原因を探れば、だいたいの方が徐々に骨盤が後ろに倒れる “骨盤後傾” という状態になり、前傾姿勢で動く方が楽になるので自然と腰や肩甲骨内側や肩や首が凝っちゃうんですよねぇ~。

若い頃なら丸まった猫背も自力で伸ばす事が出来ますが、年を取ってくると、だんだん背スジを伸ばすことも出来なくなり背中が丸くなってしまうんですよぉ~。そうなってしまうと背中や肩や首の凝りが普段以上に強くなり、鍼灸院に駆け込まれる方が多くいらっしゃいます。

初期の症状の頃なら鍼やお灸の治療で対応することができますが、だんだん猫背や円背が酷くなり、肩や背中や首への負担が強くなると、今まで鍼や灸の治療で取れていた痛みも、なかなか取れなかったりするんですよねぇ。

今まで丸まっていた背スジがピン!とすぐに伸びる訳ではありませんし、猫背や円背の老人が治療後に急に背スジを伸ばしてシャキシャキ歩くなんて話…聴いた事ありませんよねぇ~。でも背スジを伸ばして歩かなくても筋肉の負担を軽くすることで日常生活が随分楽になる事は確かです。

猫背や円背の方々の治療をしていて感じるんですが、鍼やお灸の治療でも症状を軽くする事が出来なくなってきた場合、猫背や円背の患者さんに対しての刺絡治療って患者さんから結構、歓ばれるんですよ。刺絡治療は強制的に血液循環を良くする治療ですから、背中や肩の筋肉を緩ませるにはもってこいの治療法なんですよね!

猫背が治る訳ではありませんが刺絡治療をする事で筋肉の負担を軽くして日常生活を楽にするって、とても重要な事だと思うんですよ~。老化を止めることが出来ないのは誰もが理解してる事なんですが、日々の暮らしを楽に過ごせるようにするってとても大事な事だと思うんですよねぇ。

素直な筋肉…頑固な筋肉…

筋肉,緩む

一括りに「筋肉」って言っても、自分で緩める事が出来る筋肉もあれば、人の手を借りないと緩める事が出来ない筋肉もあると思うんですよねぇ~。いろんな人達が「力を抜くことがポイントです」というような事を言われますが、やはり力を抜く事って誰にでも簡単にできることでは無いですよねぇ~。

「素直な筋肉」は、患者さん自身のケアで、すぐ緩んでくれて、「頑固な筋肉」は、なかなか緩んでくれない。
達人と呼ばれる人達は「頑固な筋肉」をコントロール出来る術を持ってる人達なんでしょう。

僕ら鍼灸師は鍼とお灸を使い「頑固な筋肉」を強制的に緩めるとともに「素直な筋肉」に変えていくのが仕事なんですよねぇ~。

ストレートネック

ストレートネック,鍼灸

ストレートネックの人…、かなり多くなっているように思います…。
やはりデスクワークやパソコン作業やゲーム、などなど頭を下に向ける事や、同じ姿勢をキープする事が増えたのが原因でしょうかねぇ~。ストレートネックに関しては、色々と書籍も出てますし、TVでもお医者さんが出てきて「スレートネックが原因です!」ガッテン!ガッテン!……というようなインフォメーションもよく見かけるので、ストレートネックがどんなものなのか?って知ってる人も多いと思います。

基本的に首の骨(頸椎)~背骨は生理的弯曲といってS字カーブを描いているんですが、平たく言うと首の骨(頸椎)の緩やかな前弯をしているカーブが、まっすぐになっちゃうのがストレートネックなんですね!特徴として座った時に猫背だったり、顎が前に出たり、肩が体より前に出たり、頭が体の前に出たりというような姿勢になっちゃってる方で、首に違和感や不快感を感じてらっしゃる人はストレートネックになってる可能性がありますよねぇ~。

首痛,肩こり,

ある本によれば首の位置が2cm前に出ると頸椎への負担は2倍になるそうです。
頭はもともと5Kgほどあると言われてます。なので首が曲がれば曲がるほど、首の曲がる角度によって頸椎への負担は酷くなるのは道理ですよねぇ~。

ではストレートネックなっちゃった人はどうすればいいのか?

まずは……硬くなってる首の筋肉を鍼灸治療で緩めて筋肉をフラットな状態に戻します。その後は日常の姿勢を直して頂く事に留意してもらうのは勿論ですが、寝る時の枕…。これを小さなバスタオルをクルクル巻きにしたものを枕代わりにして、通常の頸椎の緩やかな前弯カーブ(30~35°)を作り、ストレートになっている頸椎を正常な頸椎の前弯カーブに戻していくのが一番イイ方法だと思うんですよね!

ストレートネック,首の痛み

しかしながら、毎度毎度、口酸っぱく言ってますが、人の癖というものはホイ!ソレ!と、すぐには直らないのが世の常なので、日常の生活をしていると、ついつい猫背になったり…顎が前に出たり…肩が体より前に出たり…頭が体の前に出たり…というような姿勢になっちゃうものなんですよねぇ~。…そうなると、また首が痛くなるので鍼灸治療で筋肉を緩め、姿勢に気をつけて、バスタオル枕を使い首の状態を矯正する。…これを何度か繰り返すと首の疲れからは解放されます。

でも、ストレートネックは首だけの問題ではなく、背中や肩や腰…骨盤のバランスなど姿勢全体が影響して起こるものでもあるので、体全体の調整も必要だと考えます。患者さん情報によると2ヶ月位、バスタオルのクルクル巻きの枕を使っていたら症状が改善されたと言われていた方もいらっしゃいました。どうか、直後効果ばかり求めずに体が治る猶予期間を考慮して治療に専念されて下さいね!

肩甲下筋

肩甲下筋,経絡,小腸経

いつもやってるストレッチに腹斜筋の筋トレ入れてみようと4~5日前から体を捻る動作を入れた足上げ腹筋みたいなのをやり始めたからか…この2~3日、右の肩甲下筋辺りが痛くなったんですよ…。昨日なんかは腕立て伏せをやるのもちょっと辛かったなぁ~。夜寝ていても気になったので眠い頭でウトウトしながら考えたんですゎ。この状況で何かやれることはないか?… 起き上がってホットパックをレンジでチンして痛い部分を温めるなんて、眠くて面倒くさい!出来たら、この寝ている状態で痛みが取れてくれるとありがたい…。そう言えば肩甲骨周りって手太陽経の経絡がクネクネ這ってたっけ…でも肩甲下筋って肩甲骨の内側に付いてる筋肉だけど、その辺…どうなんだろう?などと眠い目を擦りながら患側側の小腸経を探り、張ってる所、圧痛があるところをウトウトしながら圧迫してたら、ものの2~3分で患部が緩んでいくのを感じていつの間にか寝ておりました。今朝、起きたら患部に若干痛みは残っているものの、日常生活はこなせそうです。腕立てはまだちょっとキツイかな…。手太陽経に対してちょっと時間見つけてお灸してみよ~っと!

胸鎖乳突筋

首痛,胸鎖乳突筋,鍼灸,福岡

この筋肉が凝ってる人ってけっこういらっしゃるんですよねぇ~!

筋肉は縮むことがお仕事ですから、筋肉の位置を把握して、この筋肉が縮んだらどういう動きになるんだろうか?って考えると、だいたい筋肉の大まかな動きがわかるんですよぉ~。胸鎖乳突筋ば頭蓋骨の横の部分から胸骨(胸の真ん中にある骨)と鎖骨にくっいている筋肉なんで首を左右斜めに回す動作や頭を下に下げる動作などに使われるんですよ!

そうそう!首のリンパが腫れると胸鎖乳突筋が過緊張したりするんですよね!

リンパが腫れるって事は体の中に細菌やウイルスの侵入に対して、免疫機能が働ている状態なんですよねぇ~。だから虫歯や口腔内の炎症がある場合も胸鎖乳突筋が凝っちゃう事があるんですよ!

日頃の疲れやストレスで免疫力が低下すると、リンパが腫れて胸鎖乳突筋が凝る…ということは、胸鎖乳突筋の凝りは健康のバロメーターと言えるんじゃないでしょうかね…。

僕ら鍼灸師は直接、胸鎖乳突筋にアプローチをかけて筋肉の緊張を緩めたり、体全体のモチベーションを上げる為に胸鎖乳突筋以外の部位の凝り(首・肩・背中など)を取る事で免疫力を上げてリンパの腫れを治めたり…。胸鎖乳突筋に関係している経絡にアプローチして緊張を緩めたりと…いくつかの手法を駆使して治療します。

そういえば…昔~昔…、友人が面白い画像があると持って来たビデオで、ある先生(鍼灸師?医者?)が脈診のような感じで患者さんに触れて自分の胸鎖乳突筋をウッドベースを弾くように弾き、自分の胸鎖乳突筋の緊張具合で治療ポイントを決めるっていう不思議なビデオを見た事がありますが、あれを実践している人…いるのだろうか?(苦笑)

腸骨筋

腸骨筋,鍼灸

腸腰筋って足を前に出したり、足を上げる時に作用する筋肉なので、階段の上り下りが辛い人や、歩いていてよくつまずく人などの症状の場合、腸腰筋にアプローチする治療をおこなうんですが、色々と本を読んでましたら全ての人がという訳ではないですが腸骨筋って70才では筋肉量が50%減るらしんですよね!

よく年配の方で肩や腰などの痛みを訴える患者さんが「何もしてないのに…」「今までは痛くなかったのに…」「何でですかねぇ~」って言われるんですが、70才で50%の筋肉量の減少って聞いたら、然もありなん!って納得しちゃいますよねぇ~。

コレも以前、何かで読んだんですが、生き物って年齢を重ねると身体自体がいかにエネルギーを使わないようにするか、エネルギーを使わずに長く生きながらえるようにするのか…という方向にシフトしていくらしいんですよねぇ~。体の中で事業仕分けがおこなわれてるらしいんですよ!「2位じゃだめなんですか!」っていうアレです。

そうすると…一番、エネルギーを使うのは筋肉。しかも太い大きな筋肉…。太く大きな筋肉は体を動かすのに重要な役割を果たすモノが多いですよね!体がエネルギーの浪費を控える為に筋肉量をわざと減少させるという事は歳を取ると “必ずどこかが痛む” という事なんですよね!

多分、みんな…「じゃぁ~筋肉量が減らないようにするにはどうしたらいいの?」って考えると思うんですけど、筋肉量が減らない魔法の薬なんてないわけですから、やはり、良い方法と言えば、運動とかストレッチしかないわけなんですよねぇ~。生理的に筋肉量が低下してる筋肉を無理矢理動かして…言い方を変えれば、自然の流れに背いて運動をするわけですから体に無理をきたす可能性が高くなる。そんな無理をさせてしまっている筋肉にはメンテナンスが必要になるわけなんですよぉ~!やっぱり体のメンテナンスと言えば鍼灸治療が一番だと思うんですよねぇ~!