はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


脊柱管狭窄症

手助けとしての鍼灸治療

脊柱管狭窄症

先日、録画していた 『スゴ腕の専門外来SP』 っていうTV番組…。
チラッと番組CMを見た時に脊柱管狭窄症やヘルニアの事を特集するみたいだったので、チョッと見ておこうかなと思って録画してたんですが、最近の手術って随分進歩してるんだなぁ~っていうのが率直な感想でした。

脊柱管狭窄症の手術でPELでしたってけ?内視鏡を使って椎弓をドリルで削り脊柱管内の圧迫を無くす手術…。切開するのが7mmって言ってましたね…。いやぁ~凄い技術ですね~。実は僕の父も数年前から脊柱管狭窄症で、ここ数年は歩くのもままならなくなっていたんですが、去年、腰椎の椎弓切除の手術をしたんです。その時は内視鏡を使うPELではなかったので10cmくらい切開痕は残ってたかな…、でも、その手術も10日くらいの入院で済んでましたし、結果的に手術は成功だったので、今は普通に歩けるようになっているので感謝!感謝!です。

こういう番組を見ていると、今まで、もう治らないかもしれないと思っていた症状も治るようになったんだね!安心!安心!と思うんですが、よく考えると…、こういう手術をするのは最後の切り札的な手段なんですよねぇ~。

手術せざる終えない状況になる前に、もっとやるべき事があるはずなんですよ!姿勢を矯正する事も必要ですし、姿勢を維持する筋力も鍛えなければいけません。筋力を維持する為には、疲労を取るために鍼灸治療を生活の一部に取り入れて、出来るだけメスを入れること無く健康を維持する努力って必要なんですよね…。

PELのような手術はとても素晴らしいんだけれど、あの手術を受けなくてもいいような身体作りを手助けしている一つが鍼灸治療なんだよねぇ~ってTVを見ながら思った次第です。