はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


肩こり

小まめに身体のコリを取る事の重要性について

鬱状態,鍼灸

時々、患者さんが 「なんで肩や首や背中が凝るのかなぁ~…普段、たいした事をしているわけでもないのに…」 と言われたりします。 「筋肉にとっては動かないことが一番の罰ゲームで、動かない事で筋肉への血液循環が悪くなり、筋肉が硬直してしまうんですよ!」 と説明すると、 「あぁ~ね!」 と頷きながら苦笑いされる事が多いですねぇ~。

確かに姿勢の悪さや運動不足が原因で、肩や首や背中や腰が凝って痛くなることは多いんですが、もう一つの原因として挙げられるのが精神的なストレスでも筋肉への血液循環が悪くなり、コリを誘発するんですよね!

時々、鬱症状の人に鍼灸治療をする事があるんですが、鬱症状の人は、もれなく肩や首や背中がガチガチに凝ってます。身体は元気なんだけども気持ちが塞ぎ込んでしまっている場合、心はいつも臨戦態勢で、普段だったらやり過ごせる事でも、心がざわついてしまうものなんですよねぇ~。心が臨戦態勢の場合、無意識に身体も臨戦態勢に入ります。なので本人は意識して無くても、身体に力が入った状態が続きますから肩や首や背中がガチガチになっちゃうんですね!程度の重さ…軽さはあるんですが、鬱じゃ無い人でも、こんな状態になると、身体のコリと同時に不眠を訴える事が多いです。

姿勢や運動不足だけが原因で肩や首や背中がガチガチになっちゃうのであれば、姿勢を直すことを意識して、運動する事を心がければ、肩や首や背中のコリからは解放されますが、精神的なモノが絡んでいると、その人の思考を変えていく必要がありますから時間がかかります。

鬱症状が出はじめると、なかなか自分1人では、その状態から這い出せないものなので、友人だったり家族のサポートが必要だと思うんです。鬱病と診断されていない人でも、心だけが臨戦態勢の人って結構、多いと思うんですが、心と身体の2つが臨戦態勢に入った状態で鬱症状が出ると思うんですよ!心の臨戦態勢は容易くは取れないけれど、身体の臨戦態勢を100%から80%まで下げる事が出来たならば、やり過ごす事ができて、鬱症状を回避出来ると思うんですよね!

心が臨戦態勢の場合、身体は無意識に臨戦態勢に入ろうとするので、小まめに身体のコリを取る事って、とても重要だと、僕は思っています。

別に特別な事じゃないんだけどね!

後頭下筋群,鍼灸

先日の『ためしてガッテン』で「新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP」っていうのをやっていて「首コリの原因は首の奥の筋肉と目の使いすぎ…」という事で、後頭下筋群が紹介されていて、鍼灸師の人が鍼治療で後頭下筋群を治療するシーンや、鍼を刺入する深さを解説していたんですが、コーナーの終わり際にテロップで「どの鍼灸院でも後頭下筋群に鍼を打てるわけではありません。事前に確認」というのが出てきて、ズッコけそうになりました。

…はて?…後頭下筋群に鍼を刺入できない鍼灸師なんているのだろうか?

浅鍼でパタパタと鍼が倒れるような治療がメインだったり、鍼を深く刺すことを毛嫌いしている流派の先生がやってる鍼灸院だったら、やらないかも知れないけど、さも…後頭下筋群に鍼を打つことが特別な事のように受け取られかねない表現のしかたは、いただけませんなぁ~。影響力がある番組なんだから、もうチョッとその辺を考慮して欲しいものです。

次回(2月20日(水)午後7時30分)は「慢性痛しびれが改善!逆子も治る!?東洋の神秘「はり治療」SP」だそうな…。どんな番組の作りになっているか楽しみぃ~(苦笑)

猫背(円背)と刺絡治療

刺絡,猫背

”猫背” と“円背” …厳密にはカテゴリー分けがあるみたいですが、一般の人からしてみれば「背中が丸くなる事」という括りで知られている症状ですよね…。

猫背になる原因としては年齢別で色々とあると思いますが、年配の方で背中が丸くなっている人って結構、多いんですよ。年を取ってなくても30代~50代で肩凝りや首凝りや腰の痛みの原因を探れば、だいたいの方が徐々に骨盤が後ろに倒れる “骨盤後傾” という状態になり、前傾姿勢で動く方が楽になるので自然と腰や肩甲骨内側や肩や首が凝っちゃうんですよねぇ~。

若い頃なら丸まった猫背も自力で伸ばす事が出来ますが、年を取ってくると、だんだん背スジを伸ばすことも出来なくなり背中が丸くなってしまうんですよぉ~。そうなってしまうと背中や肩や首の凝りが普段以上に強くなり、鍼灸院に駆け込まれる方が多くいらっしゃいます。

初期の症状の頃なら鍼やお灸の治療で対応することができますが、だんだん猫背や円背が酷くなり、肩や背中や首への負担が強くなると、今まで鍼や灸の治療で取れていた痛みも、なかなか取れなかったりするんですよねぇ。

今まで丸まっていた背スジがピン!とすぐに伸びる訳ではありませんし、猫背や円背の老人が治療後に急に背スジを伸ばしてシャキシャキ歩くなんて話…聴いた事ありませんよねぇ~。でも背スジを伸ばして歩かなくても筋肉の負担を軽くすることで日常生活が随分楽になる事は確かです。

猫背や円背の方々の治療をしていて感じるんですが、鍼やお灸の治療でも症状を軽くする事が出来なくなってきた場合、猫背や円背の患者さんに対しての刺絡治療って患者さんから結構、歓ばれるんですよ。刺絡治療は強制的に血液循環を良くする治療ですから、背中や肩の筋肉を緩ませるにはもってこいの治療法なんですよね!

猫背が治る訳ではありませんが刺絡治療をする事で筋肉の負担を軽くして日常生活を楽にするって、とても重要な事だと思うんですよ~。老化を止めることが出来ないのは誰もが理解してる事なんですが、日々の暮らしを楽に過ごせるようにするってとても大事な事だと思うんですよねぇ。

耳鳴りの鍼灸治療

耳鳴り,鍼灸,福岡

以前、数人ですが肩コリや首凝り、腰痛で来院された方が「耳鳴りもするんだよねぇ~」と症状を訴えられた事があったので首回りや腎経に関係するツボを使って治療して治した経験があるんですが、実は僕自身3年前くらいから「キ~ン♪」って耳鳴りがするようになり「おっ!ついに来たかぁ~!」と思って色々と試して現在に至るって感じなんですよねぇ~。

僕の場合は自己分析するに耳かきのやり過ぎで外耳炎をよく起こしていた事と加齢によるものかな…。耳鼻科に行って聴力は問題無いと言われているんですが、嫁さん曰く、僕がTVを見ている時の音量が大きすぎると言いますし、少し難聴気味なのかもしれません。以前、音響に関する仕事を少しやった事がある経験を加味して言えば、小さい声や音を録音しようとマイクのフェイダーを上げると、マイクが周りの雑音を拾ってしまい「キ~ン」という音が入る事があるんですよねぇ~。多分、難聴気味になると脳の中で “聞き取ろう” と耳の集音力を上げる事で、余計な「キーン」という雑音が聞こえてしまう…。これが老化による耳鳴りの原因のような気がしますが、もっと耳鳴りの事を詳しく知りたいと思い『耳鳴りを治す』という耳鼻科の先生が書かれた本を読んでみました。

この本によれば、一般的には耳鳴りは消失しにくいもの耳鳴りを完全に消失させる特効薬は無いらしいんですよね!耳鳴りで耳鼻科に行った際に処方される薬は、ビタミン剤や循環改善剤で理論的には感覚細胞を回復させて循環を改善させようとするものなんですが、全ての耳鳴りに有効ではないという事です。それだけ耳鳴りは複雑な原因が絡んでいるいるという事なんでしょうねぇ~。

耳鳴りは大きく分けて「消失しなくても気にならない耳鳴り」「消失しない為に生活上支障をきたす耳鳴り」の2パターンに分類されるみたいです。耳鳴りの音の発生源としては仮説ではありますが「a:耳(外耳~脳)の疾患」「他の病気が影響するもの」に分類されます。

(a)耳自体の疾患に感しては「末梢」と「中枢」に分類され、末梢としては「外耳(三叉神経)」「内耳(筋肉の収縮)(血管雑音)」「聴神経」の3つに分類されています。外耳の三叉神経、内耳の筋肉収縮が原因の耳鳴りに関しては鍼灸治療が適応です。内耳の血管雑音は血管の豊富な腫瘍が原因で拍動性の耳鳴りがするらしいですし、聴神経に関しては聴神経腫瘍や聴神経周囲の腫瘍の可能性があるので、これに関しては鍼灸適応外ですね!

他の病気が影響している耳鳴りの場合、動脈瘤、腫瘍、高血圧、糖尿病など放置しておくと命に関わる危険な場合があるので、緊急性を要する場合はもちろん鍼灸は適応外です。(経過観察という状態で病院の治療と並行しての鍼灸治療は有りだと思います。)

生命に関わる病気以外の耳鳴りに関係する病気と言えば、突発性難聴、メニエル、耳に影響を与える病気(頭打撲、外傷、内耳炎、中耳炎、外耳炎などなど…)ですが耳鳴りの音の発生源の分類をまとめると、外耳の三叉神経と内耳の筋肉収縮、メニエルに関しては鍼灸治療は適応です。それ以外の場合は専門医にお任せした方がイイという事でしょう。…あとは考えられる原因と言えば病とは言えませんが “加齢” ですかねぇ~。

現代医学でも耳鳴りの治療目標は「耳鳴りがあっても苦痛を感じる事が少なく生活に支障がないようにする。」という事だそうです。やはり耳鳴りは消失しにくいものだから、出来るだけ苦痛を取っていこうという事なんでしょう。

それと苦痛度が高い耳鳴りは心理的影響が大きいみたいですね!あと…耳鳴りの大部分は自覚の有無に関わらず聴覚障害が起こると考えられているそうです。…となると、僕の耳鳴りは先ほど説明した「聞き取れない為に脳が耳の集音力を上げた事で起こる耳鳴りか?…という事は「老化」と言う事かぁ~…ガビィ~ン!!(苦笑)

内耳

聴覚の加齢(老化)は内耳の蝸牛の感覚細胞や神経に酸素を供給する血管の老化と脳の加齢変化によって起こるみたいなんですよね!女性より男性の方が難聴になる人が多いらしく、一般的に50~60歳以上の男性に耳鳴りが最も多くみられるそうです。

あとはプチ情報として、耳鳴りを自覚してる人は高音域の障害がある可能性があるらしいですよ!でも本人に難聴の自覚は無く、自覚されない程度の聴覚障害の場合もあり、通常の聴力検査では異常が無いと言われる “無難聴性耳鳴り” という場合もあるそうです。

こ…これって…僕の耳鳴りにピッタリですゎ!耳鼻科に行った時に聴力検査では問題無かったんですよねぇ~。

耳鼻科では聴覚障害がなければ、その耳鳴りは無難聴性耳鳴りか心因性耳鳴りではないか?…と疑うらしんですよ!ストレスが耳鳴りを起こすかどうかは根拠は無いけど、ストレスが続くと自律神経の障害が血管の収縮を起こして首の筋肉が緊張して、肩こりや目眩や耳鳴りを引き起こすので無難聴性耳鳴り、心因性耳鳴りに関しては鍼灸治療は適応ですね!

難聴が無いのに耳鳴りがする人は正常の人の中にも13%くらいはいるそうです。それと、静かな部屋で「シーン」と聞こえる音は周囲の雑音が無くなるために、体内の雑音が聞こえたり空気の振動が聞こえたりする音なので心配いらないそうですよ!

耳鳴りが軽度の場合は疲労と寝不足が関係している事があるけれど、その場合、疲労が原因ならば疲れを取ればいいし、寝不足が原因ならば充分な睡眠を取れば耳鳴りは治るはずですよね!
耳鳴りと血圧の関係性なんですが、高血圧の人が全員、耳鳴りを訴えているわけではないし、高血圧の人が全員、聴覚障害があるわけではないので、血圧と耳鳴りの関係性については明らかになってないそうです。

これはどの症状でも一貫して言えるんですが、まず「命に関わる危険な病気が背後に隠れていないかチェックする」というのは当然ではあるんだけれども、全員に高額で時間がかかる完璧なチェックというのは無理だとおもうんですよね…。どの病気でも程度の問題があるので病院での治療が適切なものもあれば、鍼灸院の治療が適切なものもあるわけなんですよ!生命に関わる病気を鍼灸院で治せるか?…というと、誰が考えてもそれは無理ですし、緊急性を要するケガや、生命に関わる病気に関しては断然、病院での治療が必要となるわけです。

僕が思うに、お医者さんは患者さんを目の前にした時、まず「この患者さんの病気は生命に危険を及ぼす病気か?どうか?」を判断していると思うんですよね!緊急を要する場合は紹介状を書いて、大きな病院で精密検査…となるわけですが、そうで無い場合は、薬で治すか?鍼灸で治すか?と選択できると思うんです。

現代医学での耳鳴りの治療としては「耳鳴りの解消、もしくは軽減するための治療」「薬物、心理療法での耳鳴りのコントロール」の2つが挙げられてるみたいです。要するに全ての耳鳴りを消失させる確実な治療法は無いんだけれども、生活していく上で苦痛や支障を軽減させるために色々と試行錯誤している段階だという事なんでしょう。

生命に関わる病気がひそんでない場合、現代医学でも試行錯誤している段階なので、耳鳴りに鍼灸治療も取り入れるべきだとおもうんですよねぇ~。

ストレートネック

ストレートネック,鍼灸

ストレートネックの人…、かなり多くなっているように思います…。
やはりデスクワークやパソコン作業やゲーム、などなど頭を下に向ける事や、同じ姿勢をキープする事が増えたのが原因でしょうかねぇ~。ストレートネックに関しては、色々と書籍も出てますし、TVでもお医者さんが出てきて「スレートネックが原因です!」ガッテン!ガッテン!……というようなインフォメーションもよく見かけるので、ストレートネックがどんなものなのか?って知ってる人も多いと思います。

基本的に首の骨(頸椎)~背骨は生理的弯曲といってS字カーブを描いているんですが、平たく言うと首の骨(頸椎)の緩やかな前弯をしているカーブが、まっすぐになっちゃうのがストレートネックなんですね!特徴として座った時に猫背だったり、顎が前に出たり、肩が体より前に出たり、頭が体の前に出たりというような姿勢になっちゃってる方で、首に違和感や不快感を感じてらっしゃる人はストレートネックになってる可能性がありますよねぇ~。

首痛,肩こり,

ある本によれば首の位置が2cm前に出ると頸椎への負担は2倍になるそうです。
頭はもともと5Kgほどあると言われてます。なので首が曲がれば曲がるほど、首の曲がる角度によって頸椎への負担は酷くなるのは道理ですよねぇ~。

ではストレートネックなっちゃった人はどうすればいいのか?

まずは……硬くなってる首の筋肉を鍼灸治療で緩めて筋肉をフラットな状態に戻します。その後は日常の姿勢を直して頂く事に留意してもらうのは勿論ですが、寝る時の枕…。これを小さなバスタオルをクルクル巻きにしたものを枕代わりにして、通常の頸椎の緩やかな前弯カーブ(30~35°)を作り、ストレートになっている頸椎を正常な頸椎の前弯カーブに戻していくのが一番イイ方法だと思うんですよね!

ストレートネック,首の痛み

しかしながら、毎度毎度、口酸っぱく言ってますが、人の癖というものはホイ!ソレ!と、すぐには直らないのが世の常なので、日常の生活をしていると、ついつい猫背になったり…顎が前に出たり…肩が体より前に出たり…頭が体の前に出たり…というような姿勢になっちゃうものなんですよねぇ~。…そうなると、また首が痛くなるので鍼灸治療で筋肉を緩め、姿勢に気をつけて、バスタオル枕を使い首の状態を矯正する。…これを何度か繰り返すと首の疲れからは解放されます。

でも、ストレートネックは首だけの問題ではなく、背中や肩や腰…骨盤のバランスなど姿勢全体が影響して起こるものでもあるので、体全体の調整も必要だと考えます。患者さん情報によると2ヶ月位、バスタオルのクルクル巻きの枕を使っていたら症状が改善されたと言われていた方もいらっしゃいました。どうか、直後効果ばかり求めずに体が治る猶予期間を考慮して治療に専念されて下さいね!

動かないことの功罪

icM3PgMITyusBtn

「廊下に立ってなさい!」…と先生から言われて罰として廊下に立たされた記憶がある人も多いはず…(笑)
動かずにジッとしているのって身体にとってはホントに罰ゲームなんですよね!

動かない ⇒ 一部の筋肉のみ持続的な緊張をしいる ⇒ 一部の筋肉が疲弊する ⇒ 血行が悪くなる ⇒ 凝りが生まれる。

動くって言う事は、まんべんなく筋肉を使うというか…、凝りの発生を回避する防御策なんですよぉ~。
寝返りなんかもその1つですけど、根を詰めて作業すると、ついつい同じ姿勢で1時間…2時間…3時間と作業をしてしまうんですよねぇ~。そうなると自然に首・肩・背中・腰に凝りが生まれる。それが慢性化すると凝ってる事が日常となり、あまり気にならなくなる。そうなると凝りをどんどん成長させるというか、肩こり・首凝り・腰の凝りが酷くなる。その凝りがピークに達すると、頭痛や四十肩・五十肩、ギックリ腰になってしまうんですねぇ~。

仕事や作業をする場合、30分に1回くらいは、姿勢をリセットさせるように動く方がいいと思うんですよねぇ~。

シンプルに考えると…

 

1つ発言すると、必ず「でも…」「だって…」と反対意見が出る。まぁ~色々と考え方が違うので違う意見が出るのは当然ではあるし、違う意見があると言う事を受け入れる事が出来なければ、決裂…はたまた争いに発展する事は歴史を振り返ってみると明らかでぇ~~。
でぇ~そんな時にこそシンプルなモノの考え方が出来る人の方が色々と物事に対処できると思うんですよねぇ!
だいたい…難しく考え始めるとドツボにハマってしまいますしね!

取りあえず、肩が凝ったり首が凝ったり…腕が痛いとか首から上の不具合を感じてたら、温めてみるというシンプルな考え方で対処してみるのがいいかもしれません。確かに全てが冷えが原因というわけではなく、炎症や内熱が原因で起こってる不具合もありますが、歳を取れば筋肉量が減りますから体は冷えていくモノですし、今は冬ですから、放っておいても体は冷えていきます。なので今の時期は確率的には冷えから起こっている不具合の方が多いと思います。そういう時はシンプルな考え方として血行を良くしてあげる。

患者さんから話を聞いていると、自己判断で意外と真逆な対処法をしている人が多いんですよねぇ~ヒヤッとして気持ちがいいから…とかね!

炎症(火事)が起きていると水をかけて火を消さなければいけない!(冷やす行為)炎症が治まった後は、太陽の日差しが届かず日当たりが悪い場所では作物も育たないわけですから、温めて血行を良くすることで組織の回復が早まる(温める行為)この考え方を基本とすれば、対処できると思いますが、あとは見極めが難しい…、まぁ~そこを見極めれるのがプロの治療家という事なんでしょう。

ただ、腰痛とかだと急性的な痛みの場合、色々な原因が混在している可能性が高いので、シンプルに…とはいかない場合が多いのも事実です。

早く対処した方が良いに越したことはないので、自分で出来る対処法としては不具合を感じたら、カイロやドライヤーなどを使ってまず温める。(注意!:今の時期は!…ですよ!)それでも駄目なら、やはり局所へのアプローチ&体の調整が必要なので治療に来られて下さい。