はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


雑学

雑草取りと免疫力のバランス

気温が乱高下する昨今ですが、昨夜から朝にかけて福岡は結構寒かったので、お布団の中が暖かく、今朝は後ろ髪を引かれる思いで起きましたが、ここのところ、コロナ自粛で身体を動かしていない人も多いでしょうし、ちょっとした寒さで、背中や肩や首の筋肉がガチッ!と固くなったりする人も多いんじゃないでしょうか?

それを防ぐには寒さを感じたら、薄着は避けて暖かい服装を心がける事と、自宅で出来る事と言えば、お風呂に浸かって身体を温める事しかないんですが、それでもダメなら我慢せずに、すぐに鍼灸院で治療を受けて下さいね!そうした方が早く治りますよ!

「5月も後半になろうとしてるのに寒いなぁ~」なんて思う昨今ですが、季節の変化は植物を見ていると季節の変化はあきらかですよね!若葉は綺麗だし色々な植物に花が咲き始めてるし…。

茗荷,ミョウガ,免疫,バランス,草取り

先日の11日に植えた茗荷の根なんですが、今週の月曜日には幼虫のような芽が出てきて、昨日には立派に葉っぱが生えてきました。別の鉢に蒔いたパクチーもいっぱい芽が出てきましたし、水やりが楽しくなりますね!

茗荷,ミョウガ,免疫,バランス,草取り

でも、一方では1ヶ月前に綺麗に草取りしたはずなのに、この季節は雑草もいっぱい生えてくるので、目に付いたモノは抜くようにしてますが、雑草は取っても取っても生えてきます。毎回思う事なんですが、雑草取りをしながら、身体の中の免疫の仕事って雑草取りしているようなモノなんだろうなぁ~って思うんですよねぇ~。

そんなに面倒くさければ「除草剤をまけばいいじゃん!」って思う人もいるかも知れませんが、除草剤をまいちゃうと植えたい植物とか野菜は育たなくなりますし、育ったったとしても身体に影響がありそうな土壌で出来た野菜は食べたくないですよねぇ~。体調が悪くなった場合、必要範囲内での薬は日常生活を送るのに必要なものですが、強い薬を使うような状況…、もしくは、不安だからと言う事だけで飲む薬などは、身体にとって除草剤のようなモノなので、リスクが大きくなる事を理解しておかないと「薬を飲めば治る!」と、たかをくくって日常生活を送っていると、体調が悪くなった時に痛い目を見ることになりかねないんですよね!

だから「出来るだけ除草剤を使わず草取りをする」事は「規則正しい日常の生活を送る事で免疫のバランスを整える」という事と同じだな…って思うわけなんですよねぇ~。

赤江珠緒さんのレポート…わかりやすかった。

赤江珠緒,新型コロナ治療体験記

今の日本のコロナの治療方法を、罹患され、先日、退院された赤江珠緒さんが担当医の先生に監修してもらいながら、病気の進行過程の事や、薬の事を伝えてくれています。

『赤江珠緒さんの新型コロナ治療体験記・取材レポート(5/12)~「荻上チキ・Session-22」で紹介して頂きました』

ウイルスの増殖期に、今、話題のアビガンとかレムデシビルなど、ウイルスの増殖を抑える薬を投与して、それが効けば治る方向へ向かう可能性が高くなるけど、薬の効果が無くてウイルスが増えきった後に、大量のウイルスを押さえ込もうと、身体の免疫が暴走し始めて、サイトカインストームが起こるから、免疫を抑制する薬が投与されるみたいなんですが、免疫のバランスも複雑になり、アンバランスな状態が続くと多臓器不全とか色々な症状が現れて重篤な状態になるんでしょうねぇ。

TVなどでは色々な専門家が色々な事を言われるので、頭の中が少しパニクってたんですが、この治療体験記・取材レポートはホントに、とても分かりやすかったです。

 

考えさせられた…

パンデミック,ユヴァルノアハラリETV特集,新型コロナウイルス

先週の土曜日の夜だったかな?
TV番組…どのチャンネルを見てもコロナ…コロナ…コロナ…はたまた、料理を紹介するか、タレントさんがオーバーリアクションをするような番組ばかりで、飽き飽きしちゃったので、珍しくチャンネルをNHKのEテレにしたんですよぉ~。

そしたらETV特集っていう番組で、あのホモサピエンス全史の著者、歴史学者のハラリさんのインタビュー番組をやっていて、タイトルに「パンデミック…」って入っていたので、あっ!…またこれもコロナか…と思ったものの、ハラリさんのインタビューってちょっと興味あるな…、と思ったので見たんですが、考えさせられる内容でした。

つい先日、SNSで内田樹さんの『コロナ後の世界』を読んで、「あ~…なるほどな…」と思ったばかりでしたが、ハラリさんのインタビューも同じような内容でしたねぇ~。

「ニュースや新聞報道で新型コロナウイルスの感染者数や死亡人数ばかりに気持ちが向いてしまいますが、パンデミックになると人々は強力な支配者を求め始める…」ってな内容でした。確かに、今の日本の緊急事態宣言は生ぬるい…お願いばかりじゃなくて強制的にシャットダウンすればいいのに…と、パチンコ店に行ってる人達のニュースや、河原でバーベキューをしている人達や、一向に人の往来が減らない郊外の商店街やホームセンターの映像などを見ると、思っちゃうんですよねぇ~。

よ~く考えれば、本来、一人一人が、このウイルスの事を考えて、どういう行動をとればいいのかと言う事を考慮しつつ行動すればパンデミックにはならないはずなんですよねぇ~。しっかりした思考を維持するには正確な情報提供が必要になりますが、今の日本人は正常性バイアスって言うんでしたっけ?「自分は大丈夫だ…」という心理が働いている人達が多いのと、その「自分は大丈夫だ…」という人達の行動を見て「取り締まればいいのに!」という強力な支配者を求め始める心理が心の中に芽生え始めているって思うと、ちょっとゾッとしますね。

あのヒトラーも最初は、普通の選挙でのし上がっていき、民衆の強力な支配者を求め始める…心理を上手に使って、ああ言う行動をとりましたからねぇ~。

考えさせられるわぁ~。

今度の木曜日4/30の夜にEテレで再放送されるみたいですよ!
『ETV特集▽緊急対談 パンデミックが変える世界 ユヴァル・ノア・ハラリとの60分』
見逃した方はよかったら是非!見られてみて下さい。

記憶は薄れるものだけど…

岡江久美子さん…ビックリしましたね。
報道されている情報によると体調を崩してから3~4日、自宅療養を指示され、その間に体調が急変して緊急入院とありました。医療にタラレバはつきものですが、癌の治療をしていて免疫力の低下がある事は医者じゃなくても分かる事ですし、なぜもっと早くPCR検査を行わなかったのか? アビガンの投与だったり、入院しての経過観察が出来なかったのか?…って思うんです。

埼玉では陽性反応が出て自宅療養を指示されていた50歳代の方が自宅で亡くなるという事がありましたし、大阪では人員不足と言うことで、陽性の反応が出ている看護師さんに勤務させていた病院があったりしてますよね…。

じつは…僕の知り合いで難病指定を受けている病気の手術を県外の病院で、5月上旬に受けるはずの人がいたんですが、その病院でクラスターが出たらしく、手術がいつになるかわからない状態だと聞かされました。

これって、もう既に医療崩壊が起きてますよね!

まだ、政府は…、政治家は…、総理大臣は…、医療崩壊は起きていない!…コントロールは出来ているって思っているんでしょうか? TVの報道番組を見ていても、医療崩壊が起こってるって言いませんしね…。いまだに「医療崩壊が起こっていると言うとパニックになるから、黙っておこう…」とでも思ってるんでしょうか?

「外出しないでくれ!」と言ってもパチンコ屋に行ったり、クラブが営業したり、サーフィンに行ったりするのは、事実を伝えていないからじゃないんでしょうかねぇ?

ここ数回、安倍さんの会見を見ていて思ったんですが、彼の会見は言葉が多いというか、言いたい事が多すぎて、聞き手には何も伝わらないんですよねぇ~。「7割から8割…」とかじゃなくて「頼むから出ないでくれ!」って感情込めて伝えたい事を言えないモノかね?…聞き終わった後「何か言ってたなぁ~」くらいにしか伝わってないような気がします。多分、彼は今まで色々な場面で文章の棒読みしかしていなかった癖が付いちゃってるんだろうなぁ~。

昨日、SNSで紹介されていた、内田 樹さんの「コロナ後の世界」を読んだ後、感じたんですが…

記憶は薄れるものだけど…コレは心に留め置かねば…。って思ったんですよねぇ~。

せめて次回の選挙までは…「コロナ後の世界」に書かれていた事は覚えておこうと思いました。

内田樹の研究室 blog.tatsuru.com/2020/04/22_111

布マスクを配るそうな…

布マスク

なんでも国が一世帯に2枚、布マスクを配布するそうな…。

はて…?? ~(・・?)

感染の専門家曰く、布マスクはウイルスをシャットアウトする事は出来ないはずなんですよぉ~。

でも、この国の指導者は布マスクを配ると言われる…。

ある人曰く…
布マスクにはウイルスをシャットアウトする効果は無いけど、この1~2ヶ月前からマスクをせずに公共交通機関に乗ったり、人前に出たりすると「不謹慎な…」的な目で見られるのでエチケットとしてマスクが必要なんだそうな…。

また…不顕性感染と言って、ウイルスに感染していても発症せずにウイルスをまき散らす危険性がある人が、すでに大勢いるから布マスクでも、ある程度の効果はあるので有効なんだと言う人もいるとは思うけど…。

新型コロナウイルスの寿命は最低でも17日以上あり、通常の5倍はあるという報告もありますし、動物実験では約1カ月程度ウイルスが体内で検出されるという報告もあるようです。

ホントに早く新型コロナウイルス騒動を終息させたいのであれば、諸外国が取り組んでいるように、人の行動を1ヶ月ほど、ある程度制限し、その1ヶ月は給与保証とはいかないまでも、1ヶ月分の最低賃金の小切手を配って「何とか1ヶ月これでしのいでくれ!」…と行動を制限させた方が、これ以上の感染者を出さずにすむはずなんですけどね…。

このまま自粛自粛を続けているとダラダラと感染者は増えるし、それに伴って自己破産する人も増えるだろうし、そうなると……いやぁ~…その先は考えたくないな…。

布マスクの配布かぁ~…
そうか…この国の指導者はウイルスを早く終息させるより、エチケット重視なんだろうなぁ~。
ホント…お金の無駄…。
「あんた!バカなのかい?」って言いたくなっちゃうねぇ~。

読む言葉より話しかける言葉の方が…

伝わってないことに気づいてほしい

一昨日だったかな…
ラジコで “たまむすび” を聴いてたら、小田嶋さんが「読む言葉より、話しかける言葉の方が聴く側に伝わる…」という話をしていて、安倍総理のテレビスピーチは、上手下手(左右)に目線を向けて話してるように見えて、実はプロンプターに写っている文字を読んでるだけだから、全く伝わらない…。ドイツのメルケルさんとか、今回のイギリスのジョンソンさんのコロナウイルスに関しての演説は、話しかける言葉だから、とても伝わるんですよねぇ~。…って事を話されてました。

ホントに…、演説や国会答弁で、読むだけのスピーチはやめて欲しいよねぇ~!間違ってもいいから話しかける言葉で伝えて欲しいな…。間違ったら「ゴメン!」って謝ればいい話なんだから…。国会議員のスピーチが面白くないのは、こういう事なんだろうねぇ~。

そう言えば…、学校の授業で教科書に書いてある事や用意した原稿を、ただ読むだけの先生の授業って面白くなかったし、学会の発表でもパワーポイントに書いてある事を読むだけだったり、原稿を読むだけの発表は聴いていても頭に入ってこないし、つまらないんだよなぁ~。授業とか学会発表も自分の言葉で伝えて欲しいものです。

そうそう…
小田嶋さんがコラムで
「安部さんのテレビスピーチは、自信が無い時は「まさに…」。意味を把握してない時には「いわば…」。窮地に陥った事に関しては「…の中において…」。全てをごまかす時には「いずれにしましても…」と言います。ただそれだけです。」…ですって!辛辣な意見だけど、的を得ている感じがするなぁ~(苦笑)
この事を踏まえて、今後の安部さん演説とかスピーチを聴くと、結構、楽しめるかも… ですね!(;^△^)

病気には程度というものがある

病気,程度,風邪,癌

僕らは現代人ですから、普通の環境で育つと基本的に西洋医学・現代医学の考え方で育ちます。子供でも「心臓は血液を送り出すところ…」「胃は食べたモノを消化するところ…」という感じで解剖学的な事柄は色々な情報を得て知っていますし、その臓器の働きが悪くなると病気になると言う事も現代医学・西洋医学の基礎中の基礎として誰でも知っています。

でも、僕らに一つ欠けている事柄があるとしたら「病には程度というものがある」という考え方だと思うんですよね…。

「病気には程度というものがある」…と、頭では理解していても病名を聞くと、どうしても病気に関しての知識に引きずられるとでも言いますか…、病名を中心に物事を考えてしまいがちになり「病には程度というものがある」という事はどこえやら…。そういう考えは消えてしまうみたいです。

確かに現代医学は進歩しているので病気の判断基準がハッキリしているモノや、遺伝子解析で判断できるモノも増えてはいますが、判断基準が曖昧な病気も多いし、なかには診断はついて病名も判明するんですが、治療方法が無いというような病気も多いですよぉ~。

僕が鍼灸師になる前…、東洋医学とか鍼灸治療の事を勉強する前までは「今の現代医学は、随分進歩してるんだから、治せない病気なんて、もう少ないんだろなぁ~」なんて思ってましたが、この仕事をやり始めて今の医学の現状を知ると、治せない病気の方が多いんですよねぇ~。

まぁ~江戸時代や明治時代に比べると治せる病気は増えてますが、今でも治せない病気があるのは事実です。

チョット話が脱線しました…
「病気には程度というものがある」…ですが、

例えば癌という病気があります。癌という病名を聞くとラスボス(ゲームでいう最終的な局面で出てくる強いボスキャラ)が出てきたイメージが強いので、病気に関しての知識に引きずられ、病名を中心に物事を考えてしまうと思うんです。(※注意:僕は鍼灸治療で癌が治るとは思ってませんし、鍼灸治療で癌が治るという話ではありません。)

ただ、病気には程度というものがある訳ですから、癌にも軽いモノもあれば重い物もある…、弱いモノもあれば強いモノもある…。と考えます。時々本屋さんで「絶食したら癌が消えた…」とか「湯治に行ったら癌が治った…」といような本を見かけますが、癌専門のお医者さん曰く「あれは癌ではなく、癌もどきだ!治療しなくても治る良性の腫瘍を誤診しただけの話…」と言われたりもしますが、誤診された側にとっては迷惑な話だと思うんですよねぇ~。

「風邪」って、病名を聞いたら軽い病気のイメージを持ちがちですが、こじらせて肺炎でも併発したら命に関わる事になりますし、昔から風邪は万病の元と言われるように、風邪が元で色々な病気になりかねないモノでもあるので、風邪を軽く考えるのもどうかと…思うんです。

このブログで再三再四、言ってますが…
「病には程度がある…」

風邪にも重いモノもあれば軽いモノもあり、癌にも重いモノもあれば軽いモノもある。
共通して言える事は、軽いモノは比較的に身体の自己治癒力で治ると言う事なんですよねぇ~。

健康な人の身体でも癌細胞は1日に5000個くらい出来ているんですが、免疫細胞が癌細胞を攻撃してくれるので癌を発症せずに生活出来ているという事を考えれば、病気の知識や病名で物事を考える前に、病には程度があるものなんだから、もしも病気を患って病名を告げられても、この病気は、どの程度のものなのか?三段階に分けるとするならば、重いのか?軽いのか?中間くらいなのか?…という思考を巡らせた方がいいように思えるんですよねぇ!

これは患者さんへのアドバイスでもありますが、鍼灸師もこの考え方を持つべきだと思うんです。

僕の勝手な思い込みかも知れませんが、鍼灸治療の場合は…身体の治癒力を手助けする治療なので、病名は関係なく、病の程度で言うと「軽~中の中」くらいの病が守備範囲のような気がしますし、漢方薬は「~中の下」くらいが守備範囲のような気がします。重い病に関しては、やはり現代医学の方が優れているとは思いますが、優れているとは言っても、治せない病気も山のようにあるのが現実です。

そう考えると、やはり自分の身体に備わっている自己治癒力で治せる内に治しておいた方が得策だと思うんですよねぇ~。その自己治癒力を手助けする鍼灸治療は、やはり重要な役割を担っている治療法だと思うんです。

水道水のカルキ臭

水道水,カルキ臭,塩素

今まで全く気にならなかったんですが、ここ最近、家の水道水の塩素の臭いが気になり始めたんです。

気になったんで水道局に問い合わせてみたところ、福岡市の残留塩素の基準は0.3~0.5 mg/L らしいんですが、調べてもらったところ、ここ1~2週間のウチの近辺の浄水場のモニターによると「最低0.42 mg/Lで最高が0.47 mg/L で問題ない値だと思います…」…との事。

まぁ~福岡だけじゃないと思うんですけど水道水はダムや河川から浄水場に届いた原水の状態によって塩素の量を変えて水質を維持してるらしいんですね!

雨の降り方や気温や水温で水は変化するモノでしょうから、その都度、塩素の量を調整していることは理解できます。でも…基準内と言っても上限0.5 mg/L の基準値で0.47 mg/L って高いようにも思えますが、基準値内なので問題ないと言えば…問題ない。

よく…「そんなこと分かるの?」…と鼻で笑われますが、僕は調味料の”味の素”が苦手なんですよねぇ~。味の素が入っていると、食べた後に独特の感覚が舌に残るんです。…ハァ~ってするんですよ!ハァ~って…〆(´Д`ll)

「あれ?味の素の原料はサトウキビやトウモロコシで出来ていて天然由来なモノなんじゃない?化学調味料っていう言葉に騙されてるんじゃない?」って言われる事もありますが、僕が思うに精製されすぎているから違和感をより感じやすくなるんだと思うんですよね!雑味があり過ぎてもダメなんだけど、精製されすぎてもダメなんじゃないかな?

やはり適度に雑味も必要だと思うし、色々な味が混ざり合うから美味しいって感じると思うんです。
顆粒状のだしの素で作った味噌汁と、煮干しでダシを取って作った味噌汁の味の違いは誰でも分かるんじゃないかな?

確か、以前、読んだ藤田紘一郎さんの本に、水道水のカルキ臭が気になる場合は、夜、寝る前に大きな鍋に水を入れて蓋をせずに一晩、放置しておけば塩素は空気中に飛ぶので、朝、鍋に溜めた水をペットボトルや容器に入れて冷蔵庫で冷やしておけば、売られているミネラルウオーターと何ら変わらない水が飲めるって書いてあったので、蛇口からの水の塩素臭が気にならなくなるまで、一手間入れて水を飲むことにしようと思いまする…。. (^-^;)

エスプレッソ

エスプレッソ

ウチにはエスプレッソマシンがないので家では飲めないエスプレッソ…♪

イタリアではたっぷり砂糖を入れて3口くらいで飲み干すのが定番だそうな…。

なんでもエスプレッソは苦みを楽しむのではなく珈琲の香りを楽しむものらしんですよねぇ~。

そんでもってカップの底に溜まった砂糖も苦みと甘さと香りが詰まったお菓子感覚で楽しむものなんだそうですね!

…そんな事とはつゆ知らず、今までエスプレッソをストレートで飲み、味が分かったような大人を気取っておりました…。

キャぁ~恥ずかしぃ~~ (。-_-。)

良い本に出会えた。

問診,医療面接,話すことあり聞くことあり研修医当直御法度外伝

この本…、救急医療に携わってきた経験豊富な先生が、研修医にむけて伝えたい事を書き留めたエッセイ集なのですが、鍼灸師の僕らが読んでもためになります。特に問診や医療面接の心得がたくさん詰まっていて、これから鍼灸師になる学生さんとか、鍼灸の専門学校をこの春、卒業した新米の鍼灸師さんに読んでもらいたいなぁ~って感じました。