はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


痛み

高齢者の骨折

高齢者,骨折,圧迫骨折

先日、外出先から戻ってみると、留守番電話に「先日から治療してもらってる ○○です。治療後は痛みが和らぐんですが、すぐに痛くなるので、おかしいと思い病院に行ったら骨折しているとの事でしたので、当分、病院通いになると思いますから鍼灸治療には通えないと思います。先日から色々と丁寧に治療していただきありがとうございました。報告とご挨拶をと思いお電話いたしました。」というメッセージが入ってました。

この方は先月の中旬に「膝が痛いので…」という事で初めて来院され、膝の治療を一度だけして、あとは家でお灸をしてもらうようにしていたら、2週間後に「お陰で膝の痛みがなくなりましたが、実は2日前に庭からベランダに上がる2段ほどの階段で、つまずいてしまって、それ以来、腰が痛くなったんです。今回は腰の治療をお願いします。」と言われ、腰の治療を月末に2回したんですが、骨折には気がつきませんでした。

今にして思えば、確かにこの患者さんは年齢が91歳ですし、歩くのは問題ないと仰ってたのと、普通に家から治療院までの緩やかな坂道を歩いて来られてましたが、腰部の症状としては前屈をすると痛みが出るという事で、つまずいた時に腰を打ち付けてはいないが、腰部に圧痛はありました。

問診と体表観察では、ギックリ腰や通常の腰痛と何ら変わらず、尻餅をついたり、腰を壁や地面に打ち付けた経緯も無かったんですが、今回、僕の頭の中で「高齢者ならではの骨折…」という選択肢のパーセンテージをもっと多く取っておくべきだったと反省してます。

通常の腰痛治療でも3~4回治療しても痛み具合に全く変化が無く、過去に脊柱管狭窄症などの診断を受けていない場合は、患者さんの年齢に関係なく骨折を疑ったりして、整形外科の受診を勧めたりするんですが、酷いギックリ腰や腰痛や坐骨神経痛でも3~4回治療しても、すぐには痛みが取れない場合も多く、酷い症状の場合、良い具合に治療効果を得られたとしても「ここは痛くなくなったけど、まだココが…」とか「少しは楽になったけど、まだ痛い!」というような事も多いので、骨折と普通の腰痛の判断ってレントゲンでも使わない限りは、すぐに出来るものではないんですよね…。

そういえば…過去に高齢の患者さんで縁側から庭に降りようとして足を滑らして、転けはしなかったけど腰が痛くなって病院に行ったら圧迫骨折していたという方もいらっしゃいましたし、洗面所で痰を吐こうと「カッ~ペッ!」と痰を吐いたら腰が痛くなり、病院に行ったら圧迫骨折をしていたという方もいらっしゃいました。

たられば…ではありますが、今回の反省点は高齢の患者さんに対して通常の腰痛患者さんと同じように対処していた事ですね。たぶん、…歩く事もままならず、身体をどう動かしても腰が痛いというような感じなら、最初から骨折を疑っていたのかもしれませんが、今回みたいな感じでも高齢者の場合は圧迫骨折はあり得るという事を忘れず、できるだけ初診の段階で判断し、同じ轍を踏まないよう心がけたいと思います。

捻挫に刺絡

足首,捻挫,刺絡

まずは捻挫と打撲の違いについてですが…
捻挫は可動域以上の負荷が関節にかかり傷めてしまうものを言い、捻ったりした方向に動かすと痛みが酷くなったりします。打撲は転んだり、何かにぶつかったりして組織を損傷してしまったものを言うんですが、ともに症状が酷い場合には靱帯や骨にまで損傷する事があるんです。

まぁ~どの症状や病気にも程度というモノがあるので、軽い捻挫や打撲もあれば、重傷化する捻挫や打撲もあるわけです。現代医学の基本的な考え方としては、軽度のものだとRICEと言って1.Rest(安静) 2.Ice(冷却)3.Compression(圧迫)4.Elevation(挙上) を基本処置としています。

基本的には皮膚表面に腫れや炎症などの変化が見られなくても、内部で内出血や炎症が起こっている場合もあるので、損傷部位を拡大させない為にも、とりあえず初期の処置として” 安静・冷却・圧迫・挙上” を行うんですよね!

なのでケガをして24~48時間以内は風呂などに入って患部を温めない方がいいですし、RICEの処置をしても痛みが増すようなら病院でレントゲンなどの検査を受けて骨折が有るか?無いか?を調べる方がいいと思いますが、レントゲンで骨折がなくても腱の損傷などの場合は時間の経過とともに痛みが増す場合もあります。

僕が去年の7月に右手首を打撲した時もレントゲンでは異常はなかったけど、ある動きで痛みが出る事が続き、完治するまでには4ヶ月ほどかかりました。

軽い捻挫や打撲の場合は鍼灸治療で対応できるので、「転けてココが痛いんだけど…」とか「打ち身が出来てしまって鬱血して痛いんだけど…」という場合は症状の程度を見極めて、鍼灸治療で対応できるモノは治療しています。でも、正直なところ…骨折が隠れている場合があるので、出来れば病院で骨折の有無を判断してもらってからの鍼灸治療が望ましいんですが、「病院より鍼灸の方が効果があるから…」と捻挫や打撲で鍼灸治療を受けに来られる人もいらっしゃるんですよねぇ~(苦笑)

先日、来院されたKさん。…去年の春頃に腰痛の治療で3回ほど治療に来られていたんですが、久しぶりに連絡があり「昨日、娘の電動自転車に乗っていて転んでしまい自転車の下敷きになり右の足首を捻って、昨夜は痛くなかったんだけど、今朝から急に痛くなってきて…鍼灸で何とかなりませんか?」と仰る。

患部を見ないとわからないので、とりあえず来院してもらって患部を見たら、明らかに左の足首に比べて右の外踝が腫れていて、痛いと言われる場所に内出血がありました。

話を聞くと、乗り慣れていない電動自転車で転けてしまい、足首を底屈した状態で自転車の下敷きになってしまったらしく、1日過ぎた状態でも足首を底屈すると痛いので、歩くときにつま先を着かないように、踵だけで歩いているとの事…。御本人曰く、「体重を足首にかけても痛くないから骨折はしてないと思う…」との事でした。

まぁ~僕としては万全をきす為に、骨折が有るか?無いか?レントゲンを使って病院で診断してきて欲しかったんですが、患者さん曰く「以前、こんな感じで病院に行ってもレントゲンで骨折がなくても、牽引されたり、湿布を出されたり、リハビリさせられたりで、治るのに時間がかかったから…鍼灸ならなんとかなるかな…って…」…と仰る。

腫れてはいるんだけど、問診した限りでは軽傷の捻挫と判断したので、「もしも明日までに痛みの軽減が無かったり、痛みが酷くなっていたら整形外科に行って下さいね!」…という条件で、腫れている患部に皮膚刺絡を施しました。足首だったので2号の吸角が役にたったんですが、施術後に歩いてもらうと「足首の底屈をしても、まだ少しは痛みはあるけど、とても楽に歩ける!」と言われるので、3日後にもう一度、治療に来てもらったんですが、日に日に良くなっていて、今は患部を押せば少し痛いけど、歩くのには何も問題ないとの事でした。

刺絡療法…。ここぞ!という時に役に立つ治療法ですゎ!

打撲や手術痕

打撲,風呂で尻餅

先日、半年前にお風呂で尻餅をついてしまい、それ以来、座ると尾骨の辺りが痛くて座れないという患者さんが来られました。病院でレントゲンを撮っても骨にも異常が無く、日常生活でも難儀されているとのことでした。

打撲の場合、よくあることなんですが、皮膚表面から見える青タンの出来る内出血もあれば、皮膚表面からは見えない深部で起こる内出血もあるんですよね!

おおよそ、内出血でも外傷でも治る過程として、

1.まず出血を止めるために血液が固まりキズを塞いで止血効果をもたらします。…いわゆるカサブタですね!

2.その後、炎症期と言われる状態になり炎症性の細胞と呼ばれる好中球とか単球とかマクロファージという細胞がキズの周りに集まり壊死した組織を攻める?…排除?したりします。…修復しやすいように工事現場を整理するイメージでしょうか…。

3.そして、その後、修理屋さんの繊維芽細胞が出てきて新しく血管を作ったり肉芽組織を形成したりして、コラーゲンが十分に生産されると、修理屋さんの繊維芽細胞が、段々、少なくなり傷跡も修復される。

…という流れなんですが、打撲した部分が関節部分だった場合、骨と骨がくっついている部分は、もともと血管が無い場所なので、修理屋さんの繊維芽細胞は血管を作る事をせずに繊維状の物質だけでキズを修復しようとします。いわゆる繊維性の軟骨のようなものを形成するんですが、その時に周りの神経を巻き込んでキズを修復してしまうので、座った時…お尻に体重がかかった時や、仰向けに寝てお尻に体重の圧がかかった時に痛みを感じてしまうんですよ!これは、腰の手術をして手術痕が痛むという人にも、同じような理由で痛んで日常生活に支障をきたす場合があります。

こういった場合、局所に血液を送り込み繊維化している所を時間をかけてほぐしていく必要があります。いわゆるコリを取ると言うことです。ただ、一度、繊維化したコリをほぐすには、ある程度の時間がかかります。打撲の程度にもよりますが、最低でも3ヶ月、もしくは半年は必要でしょうねぇ~。御自宅で出来る対処法ですが、要は血液を患部に送り込む事が重要なので、お風呂に入る時は湯船に浸かって、毎日、身体を温めると治りは早まると思います。

ちょっと気長な治療になりますが、焦らずに治していきましょう!

小まめに身体のコリを取る事の重要性について

鬱状態,鍼灸

時々、患者さんが 「なんで肩や首や背中が凝るのかなぁ~…普段、たいした事をしているわけでもないのに…」 と言われたりします。 「筋肉にとっては動かないことが一番の罰ゲームで、動かない事で筋肉への血液循環が悪くなり、筋肉が硬直してしまうんですよ!」 と説明すると、 「あぁ~ね!」 と頷きながら苦笑いされる事が多いですねぇ~。

確かに姿勢の悪さや運動不足が原因で、肩や首や背中や腰が凝って痛くなることは多いんですが、もう一つの原因として挙げられるのが精神的なストレスでも筋肉への血液循環が悪くなり、コリを誘発するんですよね!

時々、鬱症状の人に鍼灸治療をする事があるんですが、鬱症状の人は、もれなく肩や首や背中がガチガチに凝ってます。身体は元気なんだけども気持ちが塞ぎ込んでしまっている場合、心はいつも臨戦態勢で、普段だったらやり過ごせる事でも、心がざわついてしまうものなんですよねぇ~。心が臨戦態勢の場合、無意識に身体も臨戦態勢に入ります。なので本人は意識して無くても、身体に力が入った状態が続きますから肩や首や背中がガチガチになっちゃうんですね!程度の重さ…軽さはあるんですが、鬱じゃ無い人でも、こんな状態になると、身体のコリと同時に不眠を訴える事が多いです。

姿勢や運動不足だけが原因で肩や首や背中がガチガチになっちゃうのであれば、姿勢を直すことを意識して、運動する事を心がければ、肩や首や背中のコリからは解放されますが、精神的なモノが絡んでいると、その人の思考を変えていく必要がありますから時間がかかります。

鬱症状が出はじめると、なかなか自分1人では、その状態から這い出せないものなので、友人だったり家族のサポートが必要だと思うんです。鬱病と診断されていない人でも、心だけが臨戦態勢の人って結構、多いと思うんですが、心と身体の2つが臨戦態勢に入った状態で鬱症状が出ると思うんですよ!心の臨戦態勢は容易くは取れないけれど、身体の臨戦態勢を100%から80%まで下げる事が出来たならば、やり過ごす事ができて、鬱症状を回避出来ると思うんですよね!

心が臨戦態勢の場合、身体は無意識に臨戦態勢に入ろうとするので、小まめに身体のコリを取る事って、とても重要だと、僕は思っています。

雑巾美尻エクササイズ

大臀筋,腸腰筋,坐骨神経痛

今朝の福岡は、メッチャ涼しい…というか、雨が降っているから気温が下がっているって感じです。
梅雨に入ったのかな?って感じですねぇ~。

昨夜、TVを見てましたら、ぴったんこカンカンで 『雑巾美尻エクササイズ』 っていうのをやってました。
最近、TVを見ていても 「美尻」 というワードをよく聞くんですが、健康的にもお尻の筋肉を鍛えるのって、とても大事な事なんですよねぇ~。

ぴったんこカンカンで紹介されてた“雑巾美尻エクササイズ”は、基本的には、僕が患者さんに腸腰筋のストレッチを兼ねた腰痛予防の運動としてアドバイスしているランジと同じ動作なんですが、この場合はランジのように前に一歩踏み出すのではなく、軸足じゃない方の足で雑巾を踏み、後方へスライドさせ元に戻すという運動みたいです。コツはスライドさせた足を戻す時に、お尻の筋肉を使う意識を持つことがポイントみたいですね!

腰痛を訴える方で、坐骨神経痛の症状の人って多いんですが、原因の一つとして大臀筋が弱くなると、大臀筋の下の部分の梨状筋や、他の筋張った筋肉が大臀筋の役割を担う事になり、オーバーワークを起こし坐骨神経痛を発症するんですよね!お尻に美しさを求めるのも大事ですが、健康維持の観点からも“雑巾美尻エクササイズ”ってイイ運動だなと思いました。

別に特別な事じゃないんだけどね!

後頭下筋群,鍼灸

先日の『ためしてガッテン』で「新原因”発見! 衝撃の肩・首のこり改善SP」っていうのをやっていて「首コリの原因は首の奥の筋肉と目の使いすぎ…」という事で、後頭下筋群が紹介されていて、鍼灸師の人が鍼治療で後頭下筋群を治療するシーンや、鍼を刺入する深さを解説していたんですが、コーナーの終わり際にテロップで「どの鍼灸院でも後頭下筋群に鍼を打てるわけではありません。事前に確認」というのが出てきて、ズッコけそうになりました。

…はて?…後頭下筋群に鍼を刺入できない鍼灸師なんているのだろうか?

浅鍼でパタパタと鍼が倒れるような治療がメインだったり、鍼を深く刺すことを毛嫌いしている流派の先生がやってる鍼灸院だったら、やらないかも知れないけど、さも…後頭下筋群に鍼を打つことが特別な事のように受け取られかねない表現のしかたは、いただけませんなぁ~。影響力がある番組なんだから、もうチョッとその辺を考慮して欲しいものです。

次回(2月20日(水)午後7時30分)は「慢性痛しびれが改善!逆子も治る!?東洋の神秘「はり治療」SP」だそうな…。どんな番組の作りになっているか楽しみぃ~(苦笑)

腑に落ちる事

手当て

今朝の『チコちゃんに叱られる』で “痛いと手を当てるのはなぜ?” っていうのをやってましたね!脳が感覚の優先順位をつけるという説明や、痛いところに手をおくと痛みが軽減する現象を数値化した実験で証明してました。

所謂、「病院で手当てを受ける…」の ”手当(てあて)”
薬を飲まなくても、注射しなくても、実際に手を当てるだけで、脳が痛みを軽減する作業をしてくれるわけですから、これも自己治癒力の一つといえますよね。少なからず、鍼灸治療もこの作用を利用している治療法の一つだと思います。

以前、何かの本で読んだ事があるんですが…大阪の先生が書いてらっしゃった文章だったかな?…鍼の手技(鍼の振動)で痛みが取れる理由として「音を音で消す。…いわゆる、音に音を重ねると音が消えるという現象に似てるのではないか?」っていう文章を読んだ事があるんですが、この意見を読んだ時に、すごく腑に落ちたんですよねぇ~。

昔、一度だけ読んだ文章なので、あいまいな記憶なんですが、筋肉の痙攣や拘縮には、ある波長があり、その波長と同じような刺激を鍼で与える事で痛みを消す。…そういうような事が書いてあったように記憶してます。

音に音を重ねると音が消えるという現象は、よく高速道路の騒音対策で使われている技術に使われているみたいですよね!ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンも同じ原理だったと思います。

想像の域ではあるのですが、痛みの波長を鍼刺激の波長で消す!…この理屈ってなんか腑に落ちるんですよねぇ~。

頭痛

頭痛

はりきゅうふくた のホームページに “頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛(片頭痛)・群発頭痛)” の項目を追加しました。出来るだけ簡単に…患者さんにわかりやすく…短めに…池上さんが解説するように…?
…と心がけて書いてはみたものの…やっぱり文章が長くなってしまいました。

分かりやすく書いたつもりなんですけどねぇ~…まぁ~しょうがない…。

一言に「頭痛」って言っても、色々なパターンがありますから…。

結論だけ言えば、営業トークではなく頭痛が日常に起こるようになると面倒くさいから「頭痛が起こる前段階から鍼灸治療を受けて、頭痛が起こらないような体作りをしましょう!」っていう事でしょうか…。

猫背(円背)と刺絡治療

刺絡,猫背

”猫背” と“円背” …厳密にはカテゴリー分けがあるみたいですが、一般の人からしてみれば「背中が丸くなる事」という括りで知られている症状ですよね…。

猫背になる原因としては年齢別で色々とあると思いますが、年配の方で背中が丸くなっている人って結構、多いんですよ。年を取ってなくても30代~50代で肩凝りや首凝りや腰の痛みの原因を探れば、だいたいの方が徐々に骨盤が後ろに倒れる “骨盤後傾” という状態になり、前傾姿勢で動く方が楽になるので自然と腰や肩甲骨内側や肩や首が凝っちゃうんですよねぇ~。

若い頃なら丸まった猫背も自力で伸ばす事が出来ますが、年を取ってくると、だんだん背スジを伸ばすことも出来なくなり背中が丸くなってしまうんですよぉ~。そうなってしまうと背中や肩や首の凝りが普段以上に強くなり、鍼灸院に駆け込まれる方が多くいらっしゃいます。

初期の症状の頃なら鍼やお灸の治療で対応することができますが、だんだん猫背や円背が酷くなり、肩や背中や首への負担が強くなると、今まで鍼や灸の治療で取れていた痛みも、なかなか取れなかったりするんですよねぇ。

今まで丸まっていた背スジがピン!とすぐに伸びる訳ではありませんし、猫背や円背の老人が治療後に急に背スジを伸ばしてシャキシャキ歩くなんて話…聴いた事ありませんよねぇ~。でも背スジを伸ばして歩かなくても筋肉の負担を軽くすることで日常生活が随分楽になる事は確かです。

猫背や円背の方々の治療をしていて感じるんですが、鍼やお灸の治療でも症状を軽くする事が出来なくなってきた場合、猫背や円背の患者さんに対しての刺絡治療って患者さんから結構、歓ばれるんですよ。刺絡治療は強制的に血液循環を良くする治療ですから、背中や肩の筋肉を緩ませるにはもってこいの治療法なんですよね!

猫背が治る訳ではありませんが刺絡治療をする事で筋肉の負担を軽くして日常生活を楽にするって、とても重要な事だと思うんですよ~。老化を止めることが出来ないのは誰もが理解してる事なんですが、日々の暮らしを楽に過ごせるようにするってとても大事な事だと思うんですよねぇ。

ストレートネック

ストレートネック,鍼灸

ストレートネックの人…、かなり多くなっているように思います…。
やはりデスクワークやパソコン作業やゲーム、などなど頭を下に向ける事や、同じ姿勢をキープする事が増えたのが原因でしょうかねぇ~。ストレートネックに関しては、色々と書籍も出てますし、TVでもお医者さんが出てきて「スレートネックが原因です!」ガッテン!ガッテン!……というようなインフォメーションもよく見かけるので、ストレートネックがどんなものなのか?って知ってる人も多いと思います。

基本的に首の骨(頸椎)~背骨は生理的弯曲といってS字カーブを描いているんですが、平たく言うと首の骨(頸椎)の緩やかな前弯をしているカーブが、まっすぐになっちゃうのがストレートネックなんですね!特徴として座った時に猫背だったり、顎が前に出たり、肩が体より前に出たり、頭が体の前に出たりというような姿勢になっちゃってる方で、首に違和感や不快感を感じてらっしゃる人はストレートネックになってる可能性がありますよねぇ~。

首痛,肩こり,

ある本によれば首の位置が2cm前に出ると頸椎への負担は2倍になるそうです。
頭はもともと5Kgほどあると言われてます。なので首が曲がれば曲がるほど、首の曲がる角度によって頸椎への負担は酷くなるのは道理ですよねぇ~。

ではストレートネックなっちゃった人はどうすればいいのか?

まずは……硬くなってる首の筋肉を鍼灸治療で緩めて筋肉をフラットな状態に戻します。その後は日常の姿勢を直して頂く事に留意してもらうのは勿論ですが、寝る時の枕…。これを小さなバスタオルをクルクル巻きにしたものを枕代わりにして、通常の頸椎の緩やかな前弯カーブ(30~35°)を作り、ストレートになっている頸椎を正常な頸椎の前弯カーブに戻していくのが一番イイ方法だと思うんですよね!

ストレートネック,首の痛み

しかしながら、毎度毎度、口酸っぱく言ってますが、人の癖というものはホイ!ソレ!と、すぐには直らないのが世の常なので、日常の生活をしていると、ついつい猫背になったり…顎が前に出たり…肩が体より前に出たり…頭が体の前に出たり…というような姿勢になっちゃうものなんですよねぇ~。…そうなると、また首が痛くなるので鍼灸治療で筋肉を緩め、姿勢に気をつけて、バスタオル枕を使い首の状態を矯正する。…これを何度か繰り返すと首の疲れからは解放されます。

でも、ストレートネックは首だけの問題ではなく、背中や肩や腰…骨盤のバランスなど姿勢全体が影響して起こるものでもあるので、体全体の調整も必要だと考えます。患者さん情報によると2ヶ月位、バスタオルのクルクル巻きの枕を使っていたら症状が改善されたと言われていた方もいらっしゃいました。どうか、直後効果ばかり求めずに体が治る猶予期間を考慮して治療に専念されて下さいね!