はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


不眠

鍼灸と睡眠

不眠,鍼灸

昨日のブログで “睡眠” の事について書きましたが、寝れないと訴えられる人って、たいがい背中とか肩とか首が凄く凝ってる!凝ってるというか… 凝り固まってる!そんでもって当の本人は、凝ってるという自覚が無いんですねぇ~。

そんな状態になるまでには、随分歳月を要しているはずなんですが、本人にとっては日常の出来事をこなしているだけなので、背中とか肩とか首が凄く凝っても気が付かない。

力を入れるって簡単ですよね!
拳を力いっぱいギュッ!と握る事は簡単ですがギュッ!と力を入れた状態で寝ることって無理な話ですよぉ~!
本来は眠くなるとギュッ!と入れてた力も入らなくなり、脱力して眠りに入る訳ですが、眠れないという人は、そこのコントロールが出来なくなっちゃってるんですよね!いくら「リラックスしてね!」って言葉をかけても、体の力が入りっぱなしの状態で脱力出来なければ眠れななかったり、睡眠が浅くなったりする事も納得できると思いますがいかがでしょうか?

所謂、背中とか肩とか首が凄く凝っる状態は、無意識に体の力が入りっぱなしの状態になっているというわけです。

こんな感じで眠れなくなると、だいたいの人は病院に行き、「眠れない!」と症状を訴えて睡眠導入剤を処方されるんですねぇ~。睡眠導入剤は神経系に働く薬ですから、強制的に頭(脳)を眠らせます。最初の内はそれで眠れるようになるわけですが、人の体って抗ウイルス薬に対して耐性ウイルスが作られるかの如く、体が薬に慣れてくるというか… 薬が効かなくなる。すると効果が強い薬を欲するようになるんですねぇ~

薬によって強制的に頭(脳)を眠らせても、その薬によって体の凝り(無意識で体の力が入りっぱなしの状態…)は解消されてないわけですから、薬だけで不眠を治そうとすると、今まで効いてた薬が効かなくなった…もっと強い薬を!…と負のループに陥るわけなんですよ!

これを解消するには、やはり鍼灸で背中とか肩とか首の凝りを取ってやる事が重要なんですよねぇ~!

ここでポイントとなってくるのが「体が素直か?そうでないか?」という事になるんですが、そのことはまた後日、書きますね!

睡眠

不眠,鍼灸

時々、患者さんから「最近、眠れない…」とか「睡眠導入剤を飲んでるけど、今まで半錠で眠れてたのに、今は1錠飲んでも眠れない…」と訴えられる方がいらっしゃるんですが、若い頃は場所を選ばずいついかなる時でも寝れていたのに、歳を取ると眠れなくなるって確かにありますよねぇ~。…途中で目が覚める…とか、眠りが浅い…とか、疲れが取れない…とか睡眠に関して色々な悩みが出てきます!

最近ではTV番組とか雑誌でも健康を取り上げるモノが多く『6時間未満睡眠と8時間以上睡眠は寿命を縮める…』とか『理想の睡眠時間は6時間半から7時間半…』『睡眠のゴールデンタイムは午後10時から午前2時の4時間…』などなど、この枠組みから外れると健康ではなくなりますよぉ~!と言わんばかりの訴えかけで、健康という呪縛から外れる事の恐怖を植え付けられている感じがするのは僕だけでしょうか?

そう言えば、以前、談志さんと山藤章二さんの対談で「近頃は恐怖ばかり植え付けられてる世の中だから、How to本が売れてるんだろうねぇ~、…… 五木○之の『○○のヒント』とか『○○のすすめ』とか、近頃の人達は、そんなに導かれないと生きていけないのかねぇ~?」って話されてましたが、恐怖で縛るって所謂、軽い洗脳のような気がしますが、どうなんでしょうかねぇ~?

健康であるためには睡眠を取らなければいけない…。
じゃぁ~「眠れないから…」と睡眠薬を常飲するのは健康なのか?
「睡眠薬もピンキリで、健康を害するほどのモノでは無い…」という意見もあると思うけど、眠れないからと、いつもより少し多めに飲むと、朝、頭がボォ~とする…とか、眠剤を飲んでる人の話を聞くと飲む量の調整が結構、難しい感じがするし、やはり薬に依存する傾向にある。これってそもそも健康って枠から外れてるんじゃない?

人は眠らなかったら死んじゃうというのはホントらしく、断眠というらしいんですが、世界断眠記録は11日眠らずにいたという記録があるそうです。やはり脳機能がおかしくなっちゃうみたいですねぇ~。

通常、健康な人でしたら、疲れたら眠くなるものですし、よほどの事が無い限りは、限界がくれば寝てしまうはずなんですよねぇ~。
じゃぁ~眠れないというのは健康じゃなという事か?…という事になるわけですが、理想の睡眠時間は6時間半から7時間半…って言っても
10歳の子供と、80才の大人じゃぁ~違いが出て当然でしょうし、80才の人が無理して理想と言われる睡眠時間に合わせる必要はないと思うんですよ!
6時間半から7時間半寝れないから…睡眠薬?…コレってなんか違うような気がするんですよねぇ~。

『眠りが深ければ睡眠時間の長さは関係ない』という説もありますし、睡眠時間が気になるのであれば、足し算でチョットずつ寝て、合計睡眠時間が6時間半から7時間半になれば、それでいいと思うんですよぉ~