【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

何回、通えばよくなりますか?

FAQ

何回、通えばよくなりますか?

“はりきゅうふくた”のHP内の「お灸と鍼で病気を治す話」で詳しく説明してますが、簡単に、この質問に答えるとするならば「患者さんの体力次第です」とお答えするのが一番正確な答えかもしれません。

鍼灸の治療に限らず、お医者さんが処方する薬や注射、手術にいたるまで全ての医療行為は患者さんの体力…詳しく言えば自己免疫力を手助けするものと考えてイイと思います。いくら高価な薬や新薬を用いても患者さんの生きる力と言いますか…回復する力が低下していると効果は半減してしまいます。

よく年配の方が言われるのですが「歳をとったら身体にメスを入れない方がいい、手術をすると体力が落ちるのが早くなるから…」などと言われる事がありますが、これも一理あると思います。病気を治すという事は体力勝負だという事です。お金を出せば健康が買える…とまではいきませんが、これに似たような考え方で「薬を飲めば病気がすぐ治る。」「手術で悪いところを切ってしまえば病気がすぐ治る。」「薬や手術の治療をしても治らないから東洋医学の神秘的な感じがする鍼灸??…に行けば病気がすぐ治る。」…このような考え方で、日頃から安易に体力や自己免疫を低下させていき身体の不調を訴えられても、治療する側としては「何回で治りますよ!」などと簡単に答えることはできないんです。

治療する術者も最善を尽くす。患者さんも日々の生活を改善して病気の治療に専念する。この二人三脚の体制が上手く組み合えば治療効果も上がっていきますので、日頃から疲れを溜め込んで体力低下をさせない為に定期的に鍼灸治療をされて身体のケアーをされる事をオススメします。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*