【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

鍼治療って痛くないんですか?

FAQ

鍼治療って痛くないんですか?

ごもっともな質問だと思います。針治療を受けた事が無い人なら誰でも「鍼治療って痛くないの?」という疑問を持たれると思います。「そりゃ~尖ったハリが皮膚に刺されば痛いに決まっとろ~もん!(決まってるでしょ!)」と治療未経験者の方、もしくは鍼治療を嫌ってる方は言われると思います。ついでに尾ひれはひれが付いて「こんな太い鍼をズバッと!…」なんて話になり、聞いてる人は「わぁ~怖い!やっぱり…やめておこう…」という事になるかもしれません。僕もよく「鍼って痛くないの?」と、よく聞かれますし色々な鍼灸院のHPの質問コーナーを見ると「細い鍼を使ってるから痛くないですよ!」的な事が書かれています。

“尖ったハリが刺さる=痛い” この発想は間違ってないと思います。尖ったハリを痛くなく刺す技術を持つ人…それが鍼灸師の技術の一つなんです。献血に行ったり、病院で予防注射をする時でも注射が上手な看護師さんやお医者さんは、太い注射針でもまったく無痛で注射してくれる人がいるかと思えば、医者や看護師になりたての人、もしくは注射をするのが苦手な医師や看護師さんに注射をされた経験がある方は御存知とは思いますが、何度も注射を打ち直されるという事もあったりします。鍼灸師も同じで、臨床経験が浅い人、またはハリを刺すのが苦手な人(鍼灸師でハリを刺すのが苦手…というは致命的になってしまうとは思いますが…(笑))では痛くなくハリを刺す技術に差が出るのは当然の事だと思います。

「ハリ治療って痛くないの?」という質問をされた時に、僕がお答えする時は「御自身で自分の皮膚を軽くツネッてみて下さい」とお願いして軽くツネッてもらいます。痛いと感じたとしても痛みの程度はそのくらいです。もしくはハリを刺しているのに気づかれな患者さんもいらっしゃいます。あとは患者さんの「ハリって痛いもの…怖いもの…」という恐怖心が軽くツネッた痛みを100倍にも1000倍にもしてしまう。…そういうものだと思います。

鍼灸師は痛くなくハリを刺す技術を持っている技術者なので安心して鍼灸治療に来られて下さい。

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*