はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


11月

思い出

tenpo

先日、治療院の前でgoogleのストリートビューの車を目撃したので、治療院の前の道がストリートビューで見れるかな?と思い、見て見るも、まだ更新されてないみたいでした。そう言えば、以前、治療院をやっていた薬院の辺りはどうなってるのかな?と思い、見てみると昔の治療院が映像で残ってました。懐かしい~~!お金をかけずに、壁に付ける看板も友人に手伝ってもらって作ったり…(ほとんど上野さんが作ってくれたんですけどね!…(笑))ホームセンターで板を買って来て本棚やカウンターを作ったり、カッティングシートを切って立て看板を作ったり…と、手作り感満載な治療院でした。コレと言って写真を残してなかったので、このストリートビューの映像は貴重な思い出の1つです。

吉雄耕牛さん

kameyama 吉雄耕牛

この連休に長崎に行ってまして、久しぶりに長崎の街をウロチョロしました。どこに行こうかという事になり観光案内を見てたら、海援隊の寄宿舎になっていた亀山社中があった家が見れるとのこと!ちょうど僕が 『龍馬がいく』 を読んで、メッチャ坂本龍馬にハマってたのが20歳の頃でしたが、当時は、この亀山社中があった所は個人の所有物なので見学不可になっていたと記憶してるんですが、今は坂本龍馬ロードとか銅像とかが出来ていて…大河ドラマの影響なのか?亀山社中跡も観光地化されてました。

その亀山社中跡に行く龍馬ロード?…お寺さんとお墓の間の細い道を上っていると、所々に看板が立っていて、その中の1つに長崎の著名人のお墓の案内もあり、よ~く見ると吉雄耕牛さんのお墓があるじゃあ~りませんか!3年前に大阪での刺絡学会の学術大会で 「刺絡中興の祖 阿蘭陀通詞 吉雄耕牛」 の解説を片桐先生と長野仁先生から聞いていたのを思い出し、これも何かの縁かと思いお墓に手を合わせてきました。

27年ぶり…

子供バンド

マニアックな話でスミマセン。相変わらず鍼灸とはまったく関係ない話です。

私の記憶が確かならば…21歳の時に熊本で見たのが最後だったから、単純計算で27年ぶりに見た子供バンドのライヴ…。昨夜、Be-1であったので観に行ってきました。青春…fufufu…青春という言葉がピッタリはまる時代に子供バンドのライヴを何回も観に行って、バンドのパワーに圧倒されていたあの頃…。子供バンドが活動停止して、氏木さんをTVやドラマでタレントさんとして見てた頃…。一番ショックだったのは、いつだったか…TVのBSの番組で氏木さんが司会、Charさんと野村義男さんがゲストで洋楽を語る番組の中、3人がギター・セッションするシーンがあったんだけど、素人目に見てもJickはギターが弾けていなかった…。あの時は「あっ!Jickはギタリストとかロッカーとかじゃなくてタレントさんになっちゃんたんだ…」って…まぁ~僕の中での勝手な思い込みなんだけど、あの時は悲しかったなぁ~。

そんななか23年ぶりに子供バンドが復活!しかも、福岡でライヴがあるという情報が入ったので、なんとなく確認する感じで…観に行ったんですよね。

いやぁ~正直楽しめました!よく考えてみたらトーベンさんがいるオリジナルメンバーの子供バンドを見るのは今回が初めてだゎ!小暮武彦さんや斉藤和義さんのライヴを観に行った時にトーベンさんは見た事があるんだけど、あのハイポジションで弾くベースのフレーズは最高ですね!ベーシストになりたいなぁ~って思っちゃいました。Jickの表情で弾くギター?(笑)は健在だったし、谷平さんのギターの音、良かったなぁ~(身体が一回り大きくなってらっしゃいましたが…(笑))、ゆうさんのドラムを叩きながらのコーラスも昔と変わらずイイ感じ!昨夜はティーンエイジャーの頃にタイムスリップしてきました。

小三治さん

柳家小三治

 

2年ぶりに柳家小三治さんの独演会に行ってきました。前座噺は柳亭燕路さんでした。この方、ウィキによると出身が小倉らしいですねぇ~。

つい2日前に天神落語祭りがあっていたので一公演見に行ったのですが、今週は落語三昧な週となりました。

話し方が上手な人…勢いで持って行く人…声がイイ人…色々な噺家さんがいらっしゃいますが、上手な人の噺を聞いてると風景が見えてくるんですよね~。

昨日の小三治さんの演目は 「馬の田楽」 と 「粗忽の釘」 でしたが、生意気な子供が遊んでいる風景や、担いでるタンスが見えてくるというか…これは年輪が成せる技なんでしょうか…。声のトーンとか、話し方のリズムで聞いてる人に幻覚を見せるかの如く噺の中に引き込んでいく…。

柳家小三治さん…見る度に凄いなぁ~って思うんですよね。