はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


01月

要はバランスなんですよねぇ~

近頃、鍼灸の専門書より腸内環境…云々やら、…糖質がどうとか…そういう本を手に取る事が多いのですが、こういう本を読んでいて「要はバランスなんだよなぁ~」…と思うんですよ。

悪者扱いされている悪玉コレステロールやら活性酸素…はたまた塩分に至るまで人間の身体にはある程度必要な物ですし、この悪者扱いしているものを全て排除してしまうと生命維持が成り立たない…。

現代社会でも悪いコトする人がいるから、取り締まる人達が機能する…。このバランスが悪くなれば社会生活が崩壊するわけで…要はバランスなんですよね…。全て排除するなんて無理なような気がします。

健康になろう!病気を治そう!とする時、悪いことを全て排除しようと考えると思うんですが、この「全て」というのが曲者で…全てを排除しようとすると、相当ストレスが溜まると思うんですよね…。まずは、バランスを変えてみよう!こういう思考で対峙した方がいいように思います。

緊急性がある時や、何をやっても駄目な場合は、全てを変える事で身体がリセットされるような事があるような気もしますが、まずはバランスを整える事が重要なんでしょうね…。

なるほど!なるほど!

藤田紘一郎

近頃、糖質に関する事が、僕の中でブームになりつつある今日この頃…。まぁ~色んな人が色んな本を書かれているので、何が真実で何がガセネタなのか…ハッキリはわかりませんが、なんとなく僕の頭の中で「こういう事なんだろうなぁ~」と、おぼろげではありますが、ある程度、理解できてきました。

そんな中…寄生虫やら水に関しての本を書かれている藤田先生も糖質に関しての本を書かれていたので速攻!読んでみました。

なるほど!なるほど!人体はハイブリッドな感じで2つのエンジンで動いていて…50歳までは“解糖エンジン(糖質をエネルギーにして動く)”が主に働き、50歳以降は “ミトコンドリアエンジン(酸素を燃料に動く)”がメインになるらしいんですよ!なので若いときは炭水化物が重要なエネルギー源になるが50歳以降になれば主要エンジンが変わるため炭水化物が重荷になる。fumufumu…。

50歳以降の炭水化物を制限するのは理にかなっているけれど、若い人が炭水化物ダイエットを長期間すると全体のエネルギーが減り活力を保てなくなるらしんですわ!

何となく今まで「何で?」って思ってた疑問に対しての答えが出たような気がします。