【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

06月

Honky Tonk

140628_2256~01140629_0036~01140629_0036~02

週末、熊本に行き古い友人達と酒を酌み交わしたあと熊本に住んでいた頃に、よく通っていたHonkyTonk に行くとトオルさんが「なんごと?」と昔と変わらない感じで迎えてくれるので、僕も20代の頃の自分に戻れるんですよね…。そんな空間がとても居心地が良く、お酒を飲みながらW杯をTVで見て「うわぁ!」「凄かなぁ~!」と、ついつい朝の4時過ぎまで過ごしてしまう。いやぁ~~!とてもリフレッシュできた週末でございました。

できたぁ~~!

140628_0927~01

灸頭鍼と言って、鍼を刺したあと鍼の柄の部分に艾をビー玉サイズよりチョット大きいくらいに丸めたやつをはめ込み火を付けるという方法なんですが、これが丁度イイ感じの心地いい暖かさが患部に伝わり、患部の血行を良くして凝りをほぐしていくという…この灸頭鍼でないと得られない熱感…。難点は多くの場所に一気にすると煙が凄いので換気をしっかりしないと治療室が霧の摩周湖状態になってしまう事くらいでしょうか…。「火を付けた艾が落ちないの?」と心配する人(なかには鍼灸師でも心配する人もいたりして…(笑))もいますが、ウチで使ってる艾は大丈夫!通常の灸頭鍼用艾ではなく、灸頭鍼に最適な質の良い艾を使ってますし、艾が燃える際に灰がギュゥ~と凝縮しますので、火の付いた艾が落ちる事はないんですよね!治療中に艾をコロコロと丸めてもいいんですが、そうなると時間がかかってしまうのでウチでは艾のお団子?をあらかじめ作っておきます。とりあえず来月分くらいはストックできたかな…。また艾を仕入れねば!

Let’s Get Lost

今朝、久しぶりにCD棚から Chet Baker さんのCDを引っ張りだして聴いてるんですが…なんで壮絶な人生を歩んだ人の音って、こんなにも洗練されているんでしょうねぇ~~。人生を引き替えに得た音…なんでしょうか…。聴くことで楽しむのは良いんでしょうが…一般人の僕なんかが立ち入ってはいけない領域…のようにも思えてきます…(汗)Deepで Darkな世界は美しい??? クワバラ!クワバラ!…でもチョット覗きたい気もするが…fufufufu

年がら年中…

140622_1604~01

ビールが美味し季節になりました!…と言うと「年がら年中、飲んでるじゃん!」…と突っ込まれそうですが…、そこは季節の挨拶という事で…。まぁ~飲むと言っても晩酌程度に350ml~500mlのビールを飲むくらいなもんです。毎年の事なんですが、僕自身この季節…口内炎が出来やすいんですよねぇ~。まぁ~疲れてくると免疫力が低下するというのもあるんでしょうが、暑くなるし他の季節にくらべると、やはり身体の冷える物を口にする事が増えてくる。そうすると知らず知らずの間に内蔵の疲れとでも言いますか、なんとな~く警告!イエローカードをもらうかの如く、口内炎が出来上がるという寸法です。ひと頃は口腔用の外用薬で痛みをしのいでいたんですが、鍼灸師になってからは、合谷=陥谷へのお灸で対応しています。これ!結構良いんですよねぇ~。口内炎は自然と治っていくものではありますが治る過程において、いかに痛みを押さえるかがキーポイントなんですよね!1回のお灸で治るという感じでは無いので自己治癒力で口内炎が治るまでの間に数回お灸はしないといけませんが外用薬よりイイ感じです。口内炎を治しに鍼灸院に来られる方はいらっしゃいませんが、肩こりや腰痛などで来院されてる方で治療中に「口内炎が痛いんだよねぇ~」って話がでてお灸してあげると皆さん驚かれます。

さぁ!一昨日あたりから、口内炎ができかけてる感じなので、今からお灸しようかな…(W杯をTV観戦して睡眠不足も祟ってか…少し疲れ気味です…(笑))

戦術…

brazil-world-cup-poster-main-espn1

今朝の日本vsコロンビア戦を見てドヨォ~ンって感じですねぇ~

アジアでは強いかも知れないけど、世界の中ではこんなものなのか…という感じは否めませんが、昔に比べて選手の個々の技術は数段上がってるはずですし、この3試合の中でも今日の試合は勝とうという気持ちが前面に出ていた試合だった!と思います。…でも勝てなかった…という事は戦術に問題ありなのではないのかな?

今回のワールドカップの試合を見ていてもスペインやイタリアやイングランドといったビッグネームも予選落ちしてるし…。ワールドカップにむけての4年間、いかにチーム作りをして適切な戦術を徹底させる!そういった所が噛み合ったチームが予選リーグを突破してるように思えます。

2018年のワールドカップはロシアでの開催らしいですが、どんな日本チームが出来上がるのか期待したいと思います。

おっと!まだブラジルでのワールドカップが終わったわけではないので7/14の決勝まで楽しみたいと思います。

ヤジ…

boo

例の都議会のヤジ…確かにあの発言は大人としてどうなのよ?って感じではありますが、これを機に国会などでヤジ飛ばすの辞めて欲しいもんですねぇ。

いつも思うんですよねぇ~。子供の頃は親や先生…目上の人から「人の話は黙って聞け!」「意見があるんだったら後から言え!」って教わってたはずですよねぇ~!なのに国会という場でも野次が飛び交う…。毎回ああいうシーンを見ると「大人げないなぁ~」って感じるんですよねぇ~。

それと、何かミスをしたらすぐに「辞職の意思は?」とか「今後の進退は?」とか言って世間の風潮を辞めさせる方向にもっていこうとするの…あれもどうかと思うんですよねぇ~。今回のヤジを飛ばした議員さんや「金目…」発言の石原さん…何かミスすると回りやマスコミが解任だの辞職だのと騒ぎ立てる…。殺人事件を起こしてる訳では無いんだし、ヤジを飛ばした議員さんにも家族はいるでしょうし、議員を辞職するって事は職を無くす事でしょ?家族は路頭に迷うと思うんだけど、路頭に迷う家族はどうでもいいのかな?まぁ~親の責任という意味では不適切な発言した議胃さんの責任で家族が路頭に迷う…ってことなんだけれども…マスコミの情報操作っていうのもあると思うんですよね~。毎度毎度、こういう事があると「それでいいのか?」って思っちゃうんですよ。誰だってミスをする事くらいあるでしょうよ!…って言いたいです。

要は”落としどころ”なんでしょうが、最近は極端過ぎるよなぁ~って思えるんですよ~。日本人特有の「まぁ~まぁ~…そこは穏便に…」っていう感じゃなく、「Yes or NO?!」「殺すか!殺されるか!」っていう大陸的な思考に変わってきているのかもしれませんね…。なんか嫌だなぁ~。

語録

140623_0844~02

先週末、博多駅の本屋さんで時間を潰していると、陳列されている本棚に日野原重明さんの本が…。

何気なくペラペラとページをめくってみると、ど~も月刊誌に掲載されていた言葉を集めた本らしいんですがページの中程に「賢人と生きる」という章があり、

そこに…

「カナダの医師ウィリアム・オスラーを知って、初めて私は医師になってよかったと心から思いました。オスラーは、医師が向き合うのは病ではなく ”病む人” だと教えてくれたのです。」

という文章に目が釘付けになったんですよ!

これって医師、鍼灸師、関係なく医療に携わる人の基本理念ですよね!

こういう語録的な言葉って端的で心にス~って入ってくるなぁ~

デカ過ぎです!

140619_2200~01

優に20cmはあろうかというピーマン…肉厚で大きく、熊本県産らしい…。

ピーマンの肉詰めを作るには何グラムの合い挽き肉が必要なのか?

もしかしたらピーマンの肉詰めなのか…細長いハンバーグがピーマンに包まれているのか…分からなくなるくらいデカいピーマン…。

よく、関東の人が福岡に来て長茄子を見てビックリするのらしいけど、同じような衝撃を受けました。

お絵かき…

140620_0913~01

7月の勉強会、午後の部で喋らなきゃいけないので、昨日、原稿を書き終わり、大まかな流れは出来たので、後は“お絵かき!!”

通常、こういう講習会ではPowerPointを使ってPCからプロジェクターに繋げて、レーザーポインターなんか使っちゃって発表するのがステータス?スタンダード???っぽい感じなんですが、なんせ僕らの勉強会…プロジェクターなど無いものでPCだけの画面だとなんとなく見づらいし…。決してPowerPointを扱えないわけではないんですよ!(笑)ただ、なんとなく前回、鉄拳方式というか…紙芝居っぽくスケッチブックに書いてペラペラとめくるのも良いかな…って思ったもので、前回に引き続き、鉄拳になりきろう…かと思った次第です…。

今回は唐宗海の『血証論』をベースに瘀血について解説してみたいと思っておりまする。はたしてどうなりますやら…またマニアック過ぎる!と、スタッフからお叱りを受けるかもね!(笑)

モヒート

140528_0900~01

今年はミントの成長が凄く、モヒートが作り放題状態です。ミントシロップでも作っておけば炭酸と割って、日中や仕事中でもノンアルコールで楽しめるかもぉ~~~♪