【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

09月

おっ!YouTubeに…

先週のうどん屋さんでの練習の模様がアップされてました。
綺麗に録れてるなぁ~~!ホント最近の携帯のカメラの機能の良さには驚かされる事ばかりです。

道具は大事!

R0000530

鍼灸で使う道具と言えば、鍼と灸ですが、お灸で使う艾にも色々と種類がありますし、鍼にも色々な種類があるんですよぉ。
良質な艾は直接、皮膚に乗せるお灸(ピンポイントでツボに刺激を与えるお灸)に適してますし、良質ではない艾は棒灸や間接灸(エリアを温めて症状の改善をはかるお灸)をするのに適してます。
鍼も太い鍼や細い鍼…、長いのから短いもの…、素材が金だったり、銀だったり、ステンレスだったり…。
槌を使ったり、刺さない鍼などもあったりします。
色んなやり方があるんですが、やはりそれには道具が必要なんですよね!
「あっ!ここで長い鍼を使いたいなぁ~!」…と思っても長い鍼を持っていないとどうしようも無い…。もう一言、付け加えれば、長い鍼があっても長い鍼を刺す技術が無ければ使いこなす事が出来ないわけで…。
技術は勉強会などで練習して追々、会得する事は出来るんですが、取りあえず手元に道具が無いと、どうすることも出来ないわけですよ!
学会とかに行くと、必ず専門店の方が販売ブースを出してますし、特定の勉強会に行けば、特殊な鍼も入手出来ます。
そういう所に出くわしたなら、今、使わなくても持っておくべきだと思うんですよね!

実は僕自身の話なんですが、2週間前位から右前腕にアトピーが出始めまして…。もともとアトピー体質ではあり、時々耳がただれたりはしているのですが、前腕にドバァ~とアトピーが出るのは初めて!いつもなら肘や膝の内側の関節辺り…汗をかく所にアトピーが出てたんですが、今回は外側なんですよねぇ~。(経絡で言う陽経の位置)1つ…要因として考えられるのは、皮膚の露出部分に噴射していいとされている虫よけスプレーを使っていた部分が今回のアトピーが出ている場所なので、これが引き金になった可能性はあるかも知れないなぁ~と思うんですが、同時に耳の方のアトピーも酷くなっているので、季節の変わり目で僕の免疫力が低下したために起こった…いわゆる複合技的な感じで起こった症状なんだと思います。

まだ腫れも酷くなく、痒みだけあり「あれ?虫刺され?それとも草に被れた?ダニかぁ?」という段階では井穴刺絡は絶大な効果を発揮して痒みを抑える事が出来ていたのですが、真っ赤に腫れ上がった状態になった頃には、井穴刺絡では痒みは取れなくなったので、直に赤く腫れ上がっている場所に皮膚刺絡をしたら、痒みが強くなりこれは逆効果でした。その時に普段、使っていない平べったい鍼…「鑱鍼を使ってみたらどうだろか?」という発想が頭に浮かんだんですよねぇ~!鍉鍼だと通常の治療でも時々使ったりするんですが、普段、鑱鍼はあまり使わずに治療しているので、久しぶりに引っ張り出して、この2日間使って見たところ赤みは引くわ!痒みは取れるわ!メチャクチャ!イイ感じです!

「病気を一気に治したりする事は出来ないんだよぉ~~!」
「物事は段階をふんで移行するので、雑草取りのように一気に根っこから取り去ることは出来ないよぉ~!」
…と、いつも患者さんに僕が言っている事なんですが…、

体が治ろうとしている…その背中を押してあげるとでも言いますか、辛い症状を緩和させて、治るスピードを速めてあげる。これが本来の治療のあるべき姿だと思うんですよねぇ~!自己治癒力を鼓舞させる感じ…。

今回、自分の体調が悪くなったおかげで、症状にも段階があり、その段階に合わせた鍼を使う事で症状を緩和させられる事を再確認できた…。そんなお話しでございました。

ポジション・チェンジ

R0000469

昨夜のバンド練習…
クラリネットのユージ君がバンドに参加してくれたおかげで、音の幅が随分と広がりバージョンアップした感じになってきまして…嬉しい限りです。でもね…(笑)
イイ感じなんですけど、正負の法則とでも言いますか…(笑)良いことがあれば必ず試練が訪れる!!!

楽器の性質上、管楽器が入ると自然とKey が B♭になるので…というか、そっちの方が管楽器的に吹きやすいので、自然と今までやっていた曲の Key が変わる…。僕の担当はギターなのでソロを弾く場合は Keyが変わってもなんら問題は無いんですが、伴奏の場合、…今まで開放弦を使っていた所が使えなくなるわけで…、頭の中が真っ白になるんですねぇ~~。プロの方とか、バリバリ軽音学部でたたき上げでやってきた人だと、お茶の子サイサイなんでしょうが、僕みたいなアマチュアにとっては大問題!!でも…「頑張れ!俺!!(笑)」まぁ~これも何かのチャレンジと思い出来る所まで頑張りますが ♪Stomp Stomp とかギターがメインの曲はKey変更しないでねぇ~~~!(泣笑)

反証

「反証」という言葉の意味は「自分の好き嫌いは別にして、ある事柄について、どんどん反論して問題点や解決策を探る。もしくは間違いを証明する。」ですよね!

右側の意見を知ったら、左側の意見も聞くべきであり、また中庸な考え方も聞き、その上で判断すべきだと僕は思うんですよ!
本来、大人ならそうするべきだとは思うんですが…大人になれば、大人の事情と言うヤツにがんじがらめにされて、一方だけの意見をゴリ押しするというのも大人ならではの事なのかもしれません。まぁ~出来れば「大人の事情」ってヤツにはノータッチでいたいものですね。

現代医療や食品関係の知識で、今まで擦り込まれている常識とされている事に疑問を抱く事ってあまり無いように思うんですねぇ!
でも、今も昔も隠されていた事…。 表に出ない “大人の事情” というものは存在すると思います。
いわゆる闇に葬る…っ形で消えていった情報ってヤツですよね。

科学や現代医学はまだ発展途中…模索中であるという意見もよく聞きます。どの世界でも事を成す時に失敗はつきものです。模索中という事は失敗も多いという事なんでしょう。それならば、隠さずに正直に情報提示して欲しいものですよね!

やはり、判断材料として知っておかなければいけない事は、知っておくべきだと思うんですよねぇ~!

また咲きそう…

R0000525

月下美人がまた咲きそうです!今年3回目!
2回目の時は気が付いてあげられず、外で咲いておりましたが、今回はまた玄関に入れて香りを楽しみたいと思います。
でもなんで、毎回2輪づつしか咲かないんだろう?
やっぱ一晩に集中して花を咲かせて、次の朝には萎んでしまうくらい体力を使うから、この株では2輪が限界なのかもしれないなぁ~。
今年は月下美人…楽しませてもらってまぁ~す。

略歴

110805mic_01

ちょいと、略歴を書かなくてはいけない事があり…「え~っと…何年に卒業したんだっけ?」と年齢と記憶を照らし合わせて逆算したり、スケジュール帳の最後にある年齢早見表などを見ながら、この歳に卒業したんだっけ???と曖昧な記憶をたどっておりましたところ、そういえば、アルバイトや就職活動をしていた頃、履歴書を書くときの基準がジョン・レノンだったよなぁ~という事を思い出しました。

高校1年生の時、寮生活をしていたんですが、風呂から上がりバスタオルをベランダの物干しに掛けながらラジオを聴いてたらジョン・レノンが射殺されましたというニュースが流れて、急いで英作(音楽つうの同級生)の部屋に行き「ジョン・レノンが殺されたらしいでぇ~!」「マジでぇ~!」という会話をしたのが1980年12月の記憶として残っているので、高校1年生の時が1980年。

鍼灸関係の記憶をたどる時は、仕事を辞めて鍼灸の学校に入る時、2ヶ月ばかりポカンとスケジュールが空いたので、このチャンスを逃す手はないと、初めてアメリカに行ったのが、ちょうど2000年問題の時だったので、ここから逆算すれば、なんとか履歴は書くことが出来るんですよねぇ~。

昭和や平成で書かなきゃいけない時は、やはり年齢早見表に頼っちゃうかな…(笑)

白黒つける…

650513

♪白黒つけないカフェ・オーレ~♪っていうCMがありましたが、あのCMってよく出来てますねぇ~!

時と場合にもよりますが、日本の風習とでもいいますか…ハッキリさせないという習慣…「まぁ~まぁ~」という感じで受け答えする感じ…、志の輔さんの落語のマクラに「日本は Yes or No の or を大切にする文化だ!」(笑)というのがありましたねぇ~。

これも誰かが本に書いてらっしゃいましたが、確かに陸続きの西洋の風習ではイエスかノーかハッキリ自己主張するという文化なんでしょう。もしも意見が違ったり対立したりして居場所が無くなったら、別の場所に移動すればいいわけなんですよね!でも日本は島国…海に囲まれているので逃げ場所が無い…なので、どっちつかずとでもいいますか、意思表示をハッキリさせない事で争いを避けるという生きる術を身につけているんでしょう。なので “察する” という風習も発達しているのかもしれませんね。

よく外国の人が日本に来て困惑するのが「イエスがノー」で「ノーがイエス」…日本人は訳わからん!!ってな感じになるらしいんですが、僕はこの…「まぁ~まぁ~」という風習は好きなんですよねぇ~。日本ぽくって良いなぁ~って思うんですよねぇ。全てにおいて「郷には入れば郷に従え」…これでいけば問題は起こらないと思うんですよね!なんでも自分のやり方をゴリ押ししようとするから争いが起こっちゃう…。

でもね!白黒つけなきゃいけないモノがあるんですよね!
それは「蜂楽饅頭」…全国的には大判焼き?回転焼き?って呼ぶのかな?まぁ~所謂、餡子が入った饅頭なんですが、これに関しては白餡派と黒餡派がハッキリ分かれます。…っていうか白餡と黒餡が一緒に入ってる商品は無いし、あっても買わないでしょうねぇ~(笑)家族の分を買って帰っても「私は白が好きなのに黒しかないやん!」ってケンカになったり…
やっぱり世の中には白黒つけなきゃならない時もあるんでしょうねぇ~(笑)(かくゆう私は黒餡派です…)

2週間ぶりの…

R0000456 Voの一ノ宮くんのギターです。枯れた風貌がカッコイイ!

今朝はいつもに増して気温が下がってますね…朝イチは治療室の温度が23度だったので、軽く暖房入れて部屋の温度を上げちゃいました。患者さんは薄着になるから…そこは気をつけないと…。

話は変わって…
音の好みっていうのも人それぞれだとは思うんですが、年齢をかさねていくと好みも変わってくるもので…昔は重低音とか太い音が好きだったんですが、今は丸みを帯びた軽い音が好みになってきてます。
でも…まぁ~…音を言語化するのほど難しい事はなく…楽器屋さんに行って「こんな感じで…ちょっと歪んで…でも芯があって…」なんて伝えても楽器屋さんも困っちゃうでしょうねぇ~。
ギターを初めてたての頃は歪んだ音…いわゆるRockな感じでジャァ~~ン鳴らすだけで大満足してたんだけど、最近は…なんていうか芯はクリアーな音で歪みというジャケットを羽織ってるような音…(う~~~ん!田崎真也さんのワインの評論に近いかぁ?…(笑))
そんな感じの音が好きです。
昨夜は2週間ぶりのバンド練習だったので、2週間ぶりに真空管を取り替えたアンプでギターを鳴らしてみたんですが…「あれ?こんな音だったっけ?」真空管を取り替えた時はとってもイイ感じに思えていたのですが、2週間ぶりに聞くと丸くなり過ぎてる感じ…僕が忘れっぽくなってきているのか??まだ真空管が馴染んでいないのか??
「忘れっぽくなってる方に一票!…」かな…(汗)

この本、おもしろい!

R0000501

たまには、怒り・音楽・お酒のネタではなく鍼灸関係の話も書かないと…ね。(笑)

この『漢方薬の考え方、使い方』っていう本…色々と網羅されていて面白いです。
この本を書かれているお医者さんは中医学をベースにされてる方なのか?…どちらかと言うと中医学的な視点での文章にはなってるとは思うんですが、漢方薬…まぁ~所謂、東洋医学…の歴史・時代背景を織り込みながらわかりやすく解説してくれてるので、僕ら鍼灸師でも面白く読めると思います。

まぁ~西洋医学?現代医学の基礎?が日本に入ってくるまでは、お医者さんも鍼、灸、瀉血、漢方薬を使い治療していたわけですし、歴史的背景や先人達が試行錯誤してきた過程は知っておくべきかな…と思います。

なぁ~んて偉そうな事を言ってますが、僕もまだまだ知らない事が多いですし、色々と雑学的な事を知ると、治療に幅が出るとでも言いますか…発想の転換…ひらめきが生まれやすくなるように思えるんですよね!

兎にも角にも、この本は読んでおいて損は無いと思いますので、鍼灸関係の友人に勧めたい本ですね!
(あっ!この本の著者の先生とは全く面識もなく、販売促進に手を貸すという類いではありませんので…あしからず…(笑))

続 イ・ラ・チ

6988f2f57f9f1b94ad5b164ab56a002c

最近、このブログが怒りのはけ口になっているのではないか??…(笑)
イライラしないようにしようという自分への戒めとして…(ホントか???)
まぁ~ただ思った事をつらつら書いてる感じなので、「なんか言ってるなぁ~」程度で聞き流して下さい。

先週末に気に入ってる喫茶店に行った時の事です。そこはハンバーグ・カレーが有名なお店で、店内も昔からやってる純喫茶な雰囲気がよく、あの商店街に行く用事があれば、どさんこのラーメンを食べるか、この店のハンバーグ・カレーを食べるか…いつも悩んでしまうくらい好きなお店でした。
先週末は中州Jazzという街ぐるみのイベントがあったせいか、夜の7時に店に入ったら、結構、お客さんがいっぱいで、ちょうど2人がけの席が空いていたので嫁さんと2人で座って、お目当てのハンバーグ・カレーを注文し…待つこと15分…。店員さんがテンパった感じで「あの~御飯があと1人分しかないんですけどぉ~…どうされますか?」と…尋ねてくるではあ~りませんか!「どうされますかって…どういう事?」と聞き返すと、オウム返しの返答…「ですから…御飯があと1人分しかないんですけどぉ~…どうされますか?」

おいおい!「どうされますか?」って聞かれても2人で食事をしに来てるのに1人は食べて1人は眺めてろってかぁ!?1人分を2人でシェアしろってかぁ!?… どうされますか?と言う前に「申し訳ありません」って言うのが普通でしょうよ!ウチは1人分しか出せませんからあとはあなた方が決めて下さい的な感じ…。

中州Jazzがあってるから、いつもより御飯の減りが早く対応しきれなかったんでしょうが、オーダーが通った時点で、御飯の残量はわかるでしょうよ!それと、店員さんの “私は悪くないんです、厨房が1人分しか出来ないというもので…どうしますか?”的な返答には呆れてしまいました。その日はとても忙しかったんでしょうが…やっぱり、お客さんに迷惑をかけてるんだから謝るところは謝らないとね…。本とかにも紹介されてるお店だし、人気にあぐらかいてるって思われてもしかたないなぁ~。

なんとなく商売の基本からズレてしまってる感じがして…気に入っていたお店だけに残念な対応でした。
その時は、「しょうがないね…」って感じで何も文句を言わずに店を出たんですが…店を出る時にお店側から「スミマセン」の一言も無かったなぁ~~。あとから怒りがこみ上げてきたので…(笑)ブログに書いてみました。おしまい。