はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


12月

さぁ~て!あなたはどちらを信じますか?

所謂、インフルエンザの予防接種が有効なのか?無効なのか?
ハッキリとした答えが出せる人はいないんじゃないかなぁ~?

宗教と一緒で、自分が信じてるモノなら信じればいいでしょうし、信じていなければそれはそれでいいでしょうし…これまた宗教と同じで、自分の信じてるモノを他人に押しつけてしまうと、何かとトラブルの元になってしまいがちになるので、本来はこういう事って強制はしない方がいいんですよねぇ~!“考え方が違うんだ” という事を認識し認め合う事が出来れば色々と意見交換などできるんでしょうが、考えの違う人を認め合うというのは、なかなか難しい。
体感して良ければ続ければいいし、嫌ならやめたらいいし…
ただ体験もしてないのに雰囲気だけで決めちゃう人もいるし、やっぱり判断するのは本人の自由なんでしょうね!

僕が今、言えることと言えば…「何事も過信しすぎない事」…でしょうかねぇ…。

ワクチンを打った2都市とワクチンを打たなかった2都市のインフルエンザ罹患率が変わらない(前橋リポート)

鍼灸OSAKA

鍼灸OSAKA

『鍼灸OSAKA』という専門誌があるんですよ!
1年に4回~5回?発行されるんですが、その雑誌の“座談会”に出席者として10月11日に大阪の森ノ宮医療学園に行き休憩挟んで3時間くらいだったでしょうか著名な先生方に交じって好き勝手な事を話してきたんですよ!
ある先生の推薦で編集担当の方から連絡があったんですが、最初は「なんで僕なんですか?」って思ったけど、実際こういう機会もそうはないだろうと思い、まぁ~楽しんでこようかな…と怖い物見たさのような感覚でペラペラと喋った内容が文字になって雑誌に載る…。いやぁ~…まさに初体験!自分が喋ってる事ではあるのですが、改めて読み直すと “こっ恥ずかしい” の一言ですね!

『補腎』について話して下さいという事だったんですが、教科書に載ってるような事を話しても面白くないだろうし…と思い五臓の腎というより、経絡の腎経と姿勢の関係の話しをさせてもらいました。…あとは別に用意した話ではなかったんですが、参加されてた先生方が補腎と夫婦の有り様について話が盛り上がってるのを聞いていたら、「あっそうか!腎が虚すから熱が頭に上がりやすくなるのでカァ~!としやすくなり、言わなくてもいい事を言っちゃうから夫婦喧嘩になっちゃうんだよなぁ~!」…なんて我が家の夫婦喧嘩の事を思いだし、へんに腑に落ちたりとか…。近頃の人は腎が虚してるために肚に収める事ができないから、我慢できない人が増えているというのも参加されている先生方と意見が一致したところではありました。「今こそ補腎!」という大きなテーマではありましたが色々な先生方の意見が聞けてとても刺激になりました。

シンプルに考えると…

 

1つ発言すると、必ず「でも…」「だって…」と反対意見が出る。まぁ~色々と考え方が違うので違う意見が出るのは当然ではあるし、違う意見があると言う事を受け入れる事が出来なければ、決裂…はたまた争いに発展する事は歴史を振り返ってみると明らかでぇ~~。
でぇ~そんな時にこそシンプルなモノの考え方が出来る人の方が色々と物事に対処できると思うんですよねぇ!
だいたい…難しく考え始めるとドツボにハマってしまいますしね!

取りあえず、肩が凝ったり首が凝ったり…腕が痛いとか首から上の不具合を感じてたら、温めてみるというシンプルな考え方で対処してみるのがいいかもしれません。確かに全てが冷えが原因というわけではなく、炎症や内熱が原因で起こってる不具合もありますが、歳を取れば筋肉量が減りますから体は冷えていくモノですし、今は冬ですから、放っておいても体は冷えていきます。なので今の時期は確率的には冷えから起こっている不具合の方が多いと思います。そういう時はシンプルな考え方として血行を良くしてあげる。

患者さんから話を聞いていると、自己判断で意外と真逆な対処法をしている人が多いんですよねぇ~ヒヤッとして気持ちがいいから…とかね!

炎症(火事)が起きていると水をかけて火を消さなければいけない!(冷やす行為)炎症が治まった後は、太陽の日差しが届かず日当たりが悪い場所では作物も育たないわけですから、温めて血行を良くすることで組織の回復が早まる(温める行為)この考え方を基本とすれば、対処できると思いますが、あとは見極めが難しい…、まぁ~そこを見極めれるのがプロの治療家という事なんでしょう。

ただ、腰痛とかだと急性的な痛みの場合、色々な原因が混在している可能性が高いので、シンプルに…とはいかない場合が多いのも事実です。

早く対処した方が良いに越したことはないので、自分で出来る対処法としては不具合を感じたら、カイロやドライヤーなどを使ってまず温める。(注意!:今の時期は!…ですよ!)それでも駄目なら、やはり局所へのアプローチ&体の調整が必要なので治療に来られて下さい。

思い込みも重要!

sou_t2

人ってチョットしたストレスで胃潰瘍になったりするんだから、その現象を逆手にとって考えれば、思い込む事で傷口が塞がるのが早くなったり、病気が治ったりもするのではないか!…というような事をTV番組で武井壮さんが話してるのを聞いて、なんとなく腑に落ちたんですよね。「いやいや医学的に…」とか「タレントが言ってる事を鵜呑みにしちゃ~駄目でしょ…」と言われるかも知れないけど、意外とこの“思い込む”という行為は重要なファクターのような気がするんですよねぇ~!「一念岩をも通す」とも言いますしね!この思い込みという行為…良い方向に進めば、まんざらバカに出来ない力を発揮すると思います。