【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

01月

誰もが避けては通れない道だから…なんとかならないものかな…

知人がFBでこのHPを紹介してました。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=62595

認知症…胃瘻…終末期医療…色々と現場の意見が書かれていました。

自分が…もしくは家族や知人が…いつ関わるかも知れない事だから、ちゃんと知っておきたい事ではあります。
現状を鵜呑みにしてやり過ごすのではなく、少しずつでも何かを変えていかなきゃ、このまま何も変わらない気もしますし…。取りあえず今の自分に出来る事としてリビング・ウィルを書くか、又はこの件について家族で話す機会を増やす事をした方がよさそうですねぇ!

The Sessions

poster2

先日、『The Sessions』という映画を見ました。

映画の内容はこちらで…↓↓↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

性に関してあまり普段、口にしない事ではあるんだけど、なんとなく興味があるというか、真剣には考える事はそうないんだけども、なんとなく共感もできるし、「そうだよな…」と納得も出来る。そんな映画でした。
一昨年劇場上映されていた映画らしいんですが結構、有名所の俳優陣…ヘレン・ハントとかウィリアム・メイシーとかが出てるんだなぁ~って思ったら、色々な所で賞をもらってた映画だったんですね!

背中合わせということか…

70726f647563742f626130656635386463612e6a7067003235300000660066

この数日、ニュースを見れば拉致された日本人ジャーナリストの話題で持ちきりですよね!あのニュースを見てると…ちょっと前にスノーボーダーが山で遭難したニュースとかぶるというか…、なぁ~んとなくですが同じような気がするんですよねぇ~。年末でしたっけ?新潟の湯沢のスキー場で立ち入り禁止の場所に行き遭難して救助隊に「こっちも命がけなんだぞ!」と叱られ救助されて会見の席で泣きながら雪山の恐怖を語っていたドレッドヘアーの人と…この拉致されているジャーナリスト…。この2人になにか違いがあるのかな?って思っちゃうんですよ。ジャーナリストの人は “人を助けたい” という大義名分で行っているらしいので、娯楽と人助けを同じに扱ってはいけないという意見もあるでしょうが、2件とも自己責任?であえて危険な所に行ってるわけだし…、結果として失敗すれば他人に迷惑をかけるという事には変わりは無いわけで…。まぁ~程度の問題もあるけど…、そう考えるとヨットで遭難した辛坊さんも同類?なのかもね。
何かにチャレンジすると言う事は、必ず回りに迷惑をかけるリスクを伴う可能性があるという事なんでしょうねぇ。成功したらヒーローになれるけど失敗すれば「自己責任でしょ!」と冷たくあしらわれる。
そう考えるとアースマラソンを成功させた寛平ちゃんは凄ぇ~なぁ~。

ストリートビュー・デビューです

R0001383 R0001385

google map のストリートビューの映像って時々、更新されてるみたいですね!
治療院前の映像が以前のものとは変わっていて、よく見ると患者さんと入り口で立ち話をしている姿が、微かですが映ってました。(笑)

瞑眩(めんげん)

瞑眩現象……この漢字を見て「普段見慣れない漢字なので何て読んでいいのかわからない!?」と言う人の方が多いのではないかと思います。好転反応とも言われますが東洋医学で使われる用語の1つで、治療過程で一時的に起こる身体反応のことなんですよね。
例えて言えば、機械で動いてなかったものを動かそうとするとギーギーと音を立てて動くので色々な所が錆びていたり、歯車の回りが悪かったりと不具合が見つかり悪い部分がハッキリわかるので、その部分の修理をするという手順をふむと思うのですが、人の体でも同じなんですよね!でも生体というのは機械と違って不具合が起こっていても、なんとかその不具合を別な部分でカバーしながら動いているものなんですよ。でも…カバーするには限界があってカバー出来なくなってしまうと、激しい痛みなどが起こり医療関係の門を叩く事になるわけなんですよね!正常に動いていなかったものを動くようにすると、今まで不具合があるけどそれなりに慣れ親しんだ状態とは違う変化が起こるので体がビックリしちゃうって感じでしょうか…。
でもそれは体が治る方向へ進んでいる証拠でもあるので、ビックリしちゃうけど喜ぶべき事でもあるんですよねぇ~!

はりきゅうふくた のHPの「お灸と鍼で病気を治すはなし」に、この瞑眩現象をわかりやすく解説しています。

こんな感じです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

a)まっすぐな状態が健康な状態です。

機器写真

b)体調が悪い時はどちらかに傾いている状態です。
機器写真

c)鍼灸の治療でまっすぐの状態に戻そうとします。
もともと体力がある方は、この状態で症状が取れて回復しますが、
慢性症状で体力が低下されている方は、まっすぐが維持できず…
機器写真

d)反対側に倒れてしまいます。治療を受けたら体調が悪くなった!と感じられる時はこの状態です。これは身体が病気を治す事に専念している状態ですので、心配なさらないでください。
機器写真

e)治療を繰り返す事で、揺れ戻しの幅が狭くなりもとの、まっすぐな状態(健康な状態)に戻ります。

急激な治療は刺激も強い為、揺れ戻しの幅も広くなりがちですので、出来るだけ最小限の刺激で揺れ戻しの幅を少なくする為、数回に分けての治療が必要となります
機器写真

 

懐かしの味

R0001323

お正月は里帰りで地元に帰ってゆっくり過ごし、また福岡に戻るために鳥取駅のお土産もの屋さんを覗いてみると、まぁ~懐かしい煎餅が売っているじゃあ~りませんかぁ!僕が通っていた城北小学校の入り口にある煎餅屋さんの「たまだ屋」さんのピーナッツ煎餅が売ってました。城北小学校なんて卒業してから一度も行ったことないから知りませんでしたが…まだやってたんですね!(笑………失礼しました。)
子供の頃は、少ないお小遣いで、この煎餅屋さんに行き煎餅を買うんですが、通常の形がちゃんとしてる煎餅なんか値段が高くて買えないので、形が崩れて売り物にならない煎餅の切れ端が袋詰めになってるのを何十円?かで買ってたように記憶してます。袋の中では生姜の味がしたり色々な味が混ざってるんですが、その中にこのピーナッツ煎餅の切れ端が入っていた時は嬉しかったなぁ~~!いやぁ~子供の頃の懐かしい味に出会えて嬉しゅうございました。今度、里帰りしたらラッパ屋の鯛焼きを食べに行こうかな…。

開いててよかったぁ~!

R0001382

「開いててよかったぁ~!」
スネークマンショーにこういう台詞があったような気がします…(笑)
昨夜、バンド練習があったので仕事を終えて、片付けをしながらサッカーのアジアカップの後半を少しだけ見て、それから出かけたんです。車を運転しながら「あっ!そうだ…珈琲豆が無くなりかけてたんだ…」という事を思い出し…「う~~~ん!今から天神に出るのも面倒くさいし…しょうがない…数日、珈琲無し生活かぁ~」と半分諦めてたんですが、恵味うどんの近所、高宮通り沿いに焙煎屋さんがあるのを思い出したんですよ!…でも…焙煎屋さんって7時頃には閉店するんだったよなぁ~。まぁ~ダメもとで店の前まで行ってみようかぁ~!…と行ってみたところ、8時過ぎなのに開いてたんですよね!ラッキー!!
お店の人曰く「通常は7時までなんですが、残業してるときもあるので灯りがついてたらノックしてみて下さい!」とのこと…。
久しぶりの “けやき通りブレンド” です!
以前、薬院で治療院をしていた頃は、焙煎屋さんの珈琲をよく飲んでいたんですが、野芥に引っ越してから縁遠くなり、最近はとんと御無沙汰…。昨年亡くなった菅原文太さんが、福岡で暮らしていらした時に警固にある焙煎屋さんの本店で珈琲豆を買われていたというエピソードがTVで放送されてましたが、買われてたのは “けやき通りブレンド” だったのかな?また今度買いに行った時に聞いてみようと思います。

『針灸の歴史』

R0001379

つい先日「そうだ!以前読んだ本を読みなおしてみよう!」と思い立ち、ペラペラと数ページめくり読んでたんですが…。新刊本と出会ってしまいました。『針灸の歴史~悠久の東洋医術~』という本。
10年くらい前に、この本と同じ出版社から『漢方の歴史~中国・日本の伝統医学~』という本が出てまして…、確か京都で和方の伝統医学史セミナーっていうのがあって、そこで小曽戸先生の講演を聞いて『漢方の歴史』っていう本を買ったように記憶してるんですが、こんな感じで鍼灸の歴史をまとめた本があってもいいのになぁ~って思っていたんです。
今回は針灸の歴史についてコンパクトに網羅されてるみたいですし、まずは針灸の歴史を確認する意味でも目を通そうと思いまする。

表示圏外???

R0001377

近頃の電話はナンバーディスプレイサービスというとても便利な機能があるりますよね!以前だと名前が聴き取れなかったりして「すみません!もう一度お名前を…!えぇ~~っと聞きつらいのでもう一度お願いします…!」なんて事がしょっちゅうだったんだけれども、登録しておけば電話を取る前に ○○さんからの電話だな…。と分かるので話がしやすいんですよねぇ~。あとは電話をかけている方が非通知にしている場合は通話できないように設定してるので妙なセールスや嫌がらせ的な電話を受ける回数は格段に減りました。

昨日は午前中のみの診療で、午後はお休みだったんですが夕方に着信メモリーをチェックすると「表示圏外」という文字が…。電話番号非通知の場合は「非通知」と表示されるのですが、表示圏外というのは初めて!!何だ?これは?と思い、電話機の説明書を見てみると「海外など番号を通知できない電話」と書いてありました。

んっ???海外から???知り合いに海外から電話してくる知り合いなんていないんだけどなぁ~~。いったい誰だったんでしょう??

読みなおしてみようかと…

R0001376

10年前に読んだ本なんですが、もう一度…改めて読みなおそうかと思いまして本棚から引っ張り出してみたんですよ。『鍼灸真髄』なんか背表紙は日焼けしちゃって真っ白でタイトルが見えない状態ですし、以前読んだ時に気になるところがあったのか…付箋が貼られていたり、線が引いてあったりしますが1度しか読んで無いもので中身は綺麗なものです。『経別・経筋・奇経療法』にしても同様な感じ…。10年前に気が付かなかった所に気が付くことを期待しつつ…読みなおしてみるとしますかぁ~~!