はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


01月

瞑眩(めんげん)

瞑眩現象……この漢字を見て「普段見慣れない漢字なので何て読んでいいのかわからない!?」と言う人の方が多いのではないかと思います。好転反応とも言われますが東洋医学で使われる用語の1つで、治療過程で一時的に起こる身体反応のことなんですよね。
例えて言えば、機械で動いてなかったものを動かそうとするとギーギーと音を立てて動くので色々な所が錆びていたり、歯車の回りが悪かったりと不具合が見つかり悪い部分がハッキリわかるので、その部分の修理をするという手順をふむと思うのですが、人の体でも同じなんですよね!でも生体というのは機械と違って不具合が起こっていても、なんとかその不具合を別な部分でカバーしながら動いているものなんですよ。でも…カバーするには限界があってカバー出来なくなってしまうと、激しい痛みなどが起こり医療関係の門を叩く事になるわけなんですよね!正常に動いていなかったものを動くようにすると、今まで不具合があるけどそれなりに慣れ親しんだ状態とは違う変化が起こるので体がビックリしちゃうって感じでしょうか…。
でもそれは体が治る方向へ進んでいる証拠でもあるので、ビックリしちゃうけど喜ぶべき事でもあるんですよねぇ~!

はりきゅうふくた のHPの「お灸と鍼で病気を治すはなし」に、この瞑眩現象をわかりやすく解説しています。

こんな感じです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

a)まっすぐな状態が健康な状態です。

機器写真

b)体調が悪い時はどちらかに傾いている状態です。
機器写真

c)鍼灸の治療でまっすぐの状態に戻そうとします。
もともと体力がある方は、この状態で症状が取れて回復しますが、
慢性症状で体力が低下されている方は、まっすぐが維持できず…
機器写真

d)反対側に倒れてしまいます。治療を受けたら体調が悪くなった!と感じられる時はこの状態です。これは身体が病気を治す事に専念している状態ですので、心配なさらないでください。
機器写真

e)治療を繰り返す事で、揺れ戻しの幅が狭くなりもとの、まっすぐな状態(健康な状態)に戻ります。

急激な治療は刺激も強い為、揺れ戻しの幅も広くなりがちですので、出来るだけ最小限の刺激で揺れ戻しの幅を少なくする為、数回に分けての治療が必要となります
機器写真

 

『針灸の歴史』

針灸の歴史~悠久の東洋医術~

つい先日「そうだ!以前読んだ本を読みなおしてみよう!」と思い立ち、ペラペラと数ページめくり読んでたんですが…。新刊本と出会ってしまいました。『針灸の歴史~悠久の東洋医術~』という本。
10年くらい前に、この本と同じ出版社から『漢方の歴史~中国・日本の伝統医学~』という本が出てまして…、確か京都で和方の伝統医学史セミナーっていうのがあって、そこで小曽戸先生の講演を聞いて『漢方の歴史』っていう本を買ったように記憶してるんですが、こんな感じで鍼灸の歴史をまとめた本があってもいいのになぁ~って思っていたんです。
今回は針灸の歴史についてコンパクトに網羅されてるみたいですし、まずは針灸の歴史を確認する意味でも目を通そうと思いまする。

談志の遺伝子

立川談志

昨日…ふと思ったんですよ…
「そういえば最近、談志さんの落語を聞いてないなぁ~」…って。
談志さんの落語を聞かなくなった反面、志の輔さん、志らくさん、談春さん、談笑さん、生志さんは、よく聴くんですよねぇ。
なんとなく聴きやすいのか…。今の自分の身の丈に合ってるとでもいうのか…。リラックスして聴けるんですよ!
談志さんを聴くときは、なぜだか身構えてるように思えるんですよねぇ~!弟子でもなんでもないのに…(笑)

実際に談志さんの噺を聞いたのは1回だけ…生志さんの真打ちお披露目の時にアクロスで聴いただけですしねぇ~…あっ!そういえば僕がまだ薬院で治療院をやっていた時、地方選挙?があっていて、ちょうどその日がイムズで談志さんの独演会がある日で…、まだその頃は治療院をオープンしたてで当時は夜遅くまで治療院をやってたから、独演会に行く事が出来ずチケットは買ってなかったんですが、地方選挙の選挙カーが「○○党の○○でございます!」って叫びながら走り去る中、「落語家の立川談志が選挙応援にやってまいりました!」っていうシーンに遭遇したっけな…(笑)

談志さんのお弟子さん達の噺を聞いていると、マクラで談志さんの真似をするのとは別に、噺の本編中に、時々立川談志を見るとでもいいますか…生きてるなっていうか…、「あぁ~受け継がれてるなぁ~」と感じる心地よさ…。そういうものを感じるんですよね。

元気な皮膚のつくり方

シェーグレン症候群

去年の学会…亜東書店さんで真柳先生の『黄帝医籍研究』と言う本を買おうとレジで支払いをしてる時に目に入った本『シェーグレン症候群の第一人者 まえだ先生が教えてくれる「元気な皮膚」のつくり方』という長~~~~いタイトルに目がとまり、「これもお願いします」と買ったんですが、一般向けにわかりやすく書いてあるので、すぐ読めるし、ちょうど去年の秋頃から皮膚が被れたりしていたのもあって腑に落ちることだらけ!
あとがきに「本当の健康は生活そのものを考え直すことから始まる」…と書いてありましたが、もう!おっしゃる通り!その通りでございます!!!良きにせよ悪しきにせよ…全て積み重ねなんですねぇ~~!知ってた事とはいえ…再確認した次第です。肝に銘じまする。

宝物

char

今までは額縁に入れずに大事にしまっていたんですが、4日に天神に行ったときに新天町の額縁屋さんに入る事があって気に入った額縁が安く売っていたので、コレを機に額縁に入れて飾ろうと思ったんですよ!
………charさんのサイン。
1994年の2月…KBCのスタジオで番組のキューシートの裏にサインしてもらったんですが、サインするとき、僕の顔を見て、僕に足りないモノを感じ取られたんでしょうね~!「君には勇気が必要だね!」…と右上に “勇気” と一言、書き加えて「これ収入印紙な!あとで請求するから!(笑)」って右下に四角い枠を書かれたんですよねぇ~!もう21年前の話になるんですねぇ~。と言うことは僕が福岡で暮らし始めて22年経つのかぁ~~。色々あったなぁ~(苦笑)