【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

03月

淀川さん

急に昔の日曜洋画劇場のエンディングテーマが聴きたくなったんで、Youtube で検索してみたらアップされてました。
♪ So In Love ♪ っていうタイトルの曲だったんですね!
子供の頃、日曜映画劇場を見終わって淀川さんが「サヨナラ!サヨナラ!サヨナラ!」って言った後に、この曲が流れると「あぁ~日曜日が終わってしまったぁ~~」「また明日から学校かぁ~」とドイィ~~ンとした気分になってましたねぇ~。(笑)
当時は小遣いで映画など見れるわけもなく、映画と接する機会といえば両親が盆と正月に映画館に観に行く「男はつらいよ」に付いて行って寅さんを観るか…あとはこの日曜洋画劇場。平日はあまりテレビを見させてくれない家の決まりがあったんですが、日曜日の映画だけは見せてくれてたように記憶しています。

淀川長治さんと言えば、1つ思い出がありまして…。高校生の頃、友達の三浦君と普通列車に乗ってたんですよ。山陰線は単線なので普通列車が急行列車の停車・通過を待つことがよくあるんですよね!で…倉吉駅で乗っていた普通列車の隣に急行列車のが停車した時、三浦君が「おい!あの人!」って指さしてるので見ると、なんと隣の列車の車両に淀川長治さんが乗ってたんですよ!確かその日に米子と鳥取で映画の講演会があってたから、それの移動途中だったんでしょうね。鳥取に住んでると、そんなにTVに出てる人に遭遇することなんてありませんから、アイドルを見つけたファンのようにキャッキャ言いながら僕らが手を振ったら、TVと同じ笑顔で手をふりかえしてくれたんですよぉ~。サヨナラ!サヨナラ!サヨナラ!って言うあの笑顔…いい笑顔だったなぁ~。

たし算タイプ?と、ひき算タイプ?さぁ~あなたはどっち?

wewefefewfegr3wrf

この2~3日何気なぁ~くボォ~と考えてたんですよぉ!
人って大雑把に2分割すると「たし算タイプ」と「ひき算タイプ」に分けられるなぁ~って…。

たし算タイプは、サントリーの鳥井信治郎さんの名言「やってみなはれ!」的な感じでプラス思考なタイプですね!鳥井さんに限らず本田宗一郎さんも「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。」と言ってますし、ソニーの盛田昭夫さんも「自分を開発し、発展していくためには、他人と同じ考え、同じ行動をしてはいけない。」とも言ってましたね!たしかソニーのキャッチコピーで「出る杭、求む!」っていうのもあったなぁ~。何事においても常にプラスな部分を引き出し、マイナスな部分を減弱させる…あるいは相殺させる感じ。そういうタイプが  “たし算タイプ”  なんですよね!

ひき算タイプはと言うと…もうおわかりかと思いますが、たし算タイプの真逆な感じ…。全ての発想が “ひき算” で始まる人ですね!何か提案されても、良い部分には目も触れずデメリットの部分に重きを置いて思考するタイプ。慎重派ではあるんですが発展性は無いでしょうね!変化を恐れるタイプなんでしょう。

例えば…「たし算思考でいこうよ!」って、集団の中で言うと、必ず「でも…物事には良い事もあれば悪いこともあるし、そんなに簡単に物事を決められないよ!」って言う人がいると思うんですが、そう思ってる時点で僕に言わせれば既にそういう人は “ひき算タイプ” なんだよなぁ~。プラス思考の発案に対して疑問に思う部分があったり、反対したいのであれば、ひき算思考で足を引っ張るのでは無く、別なプラス思考の提案で対峙すべきだと思うんですよね!

この2日間、久々にこんな言葉を思い出してました。

「居心地が悪いという事は、そこはもう君がいるべき所ではない!」
「学ぶべきモノが無くなったから居心地が悪いんだよね!だからそういう時は、もがかずに卒業すべきだよ!」

昔、悩んでる時に誰かが僕に言ってくれた言葉だったと思うんですが、何かと岐路に立たされた時に、いつも思い出す言葉なんですよ!

「修(守)・破・離」でいうと「破」の部分に立っているのか…「離」の部分に立っているのか…。もう「修(守)」の立ち位置ではないよなぁ~。

カフェイン中毒?

f-coffee

今朝、珈琲を飲まずに仕事していたら、なんだかいつもと違うなぁ~という感じがするんので「何でかな?」と考えると「そうだ!珈琲飲んでなかった!」という事に気が付き、患者さんが来られる合間を見計らい、珈琲を入れて飲んだら……♪~なんという事でしょう~♪(ビフォーアフターのBGMが流れているような感じで…)頭がスッキリ!いつも通りにシャキッとするではありませんか!

1日にだいたい2~3杯は飲んでますが色んな事が言われているみたいですねぇ~。
http://matome.naver.jp/odai/2137845925823757601

メモが出てきた

R0001485

本を読んでいて「おっ!」「なるほど!」…と思った文章があるとメモに書き留めたりしているんですが、どの本に書いてあったのかを書き忘れている…mumumu。何の本から書き出した文章なのか????出典を書き留める癖をつけておかにゃ~いかんなぁ!

…と言うことで、ここから先は備忘録…

================================

・老人が歳を取ったら「こんなもんだ!」と思う方がいい。

・若さにこだわるとマイナス思考になりがちになる。

・例えば脊柱管狭窄症という症状があるけれど、これは老化の症状なんです。年寄りの人が昔は15分でスタスタ歩けたが、今は30分もかかる…。「昔みたいに歩きたい!」と言われるが、車イスにも乗らず、人の手を借りずに歩けるのは、ありがたい事と思えばいいのだけれども、そこを無理すると「年寄りの冷や水」となる。

・何事も折り合いをつけるという事が重要。

・折り合いがつけれなければ「手術」という話になる。

・老化というのは神の恵みみたいなものもある。例えば「物忘れ」これは嫌な事を忘れてストレスを溜め込まない。自分に関係ない事は覚えない=所謂「悟り」の境地。

================================

老化について書かれていた本だったんでしょうねぇ~

あっという間の水曜日

土日と京都の勉強会に行っていたと思ったら、あっ!という間の水曜日。
なんだか、今日は朝からドタバタしていて、ようやく落ち着きを取り戻せる時間になりましたが、町内会の配りモノをしに行かなければいけないことを忘れておりました。
先日、町内会の組長の引き継ぎをしたものだから、もう解放されたと思ってましたが、まだ3月の配りモノがあったんですね!

スティーリー・ダンのジャケ写にこんなのがあったような気が…

R0001500

東寺の五重塔から枝垂れ桜の方に歩く砂利道で撮った写真を確認しようとカメラのボタンを操作しようとしている時にシャッターを触ってしまったんでしょうね…ステーリー・ダンのアルバムジャケットに、こんな写真があったような気がします。

東寺さん

R0001492 R0001482

週末に、とある公開講座…いわゆる勉強会ってやつです。その公開講座に参加すべく始発の新幹線で京都に行って来ました。確か去年の鍼灸OSAKAの座談会の時も始発の新幹線で大阪に行ったんですが、相変わらず始発の新幹線って混み合うんですね!…まぁ~お彼岸+連休+春休みという状況もあったのかも知れませんが、新幹線は混み合うし…相変わらず京都は観光客が多いなぁ…。
始発に乗ってもギリギリの時間配分で間に合いわなかったから駅から会場までタクシーを使ったんですが、そのタクシーの運転手さんとの会話で京都の人は(タクシーの運転手さんだけかもしれないけど…)お寺の名前に “さん” を付けるんだぁ~という事になんか感動!(笑)東寺さん…とか三十三間堂さんとか……。それだけ寺とか神社が生活に密着しているという事なんでしょうねぇ~。

今回の公開講座…。普段、僕が参加する感じの勉強会とはチョット違うというか、今まで僕が手を出していなかった分野ではあるので、僕にとっては物珍しい感じではありましたが、鍼灸治療というのは体の環境をよりよいモノに保つ方向にもっていく技術であるという、根本的な事は変わらないという事を再確認出来た事と、まだまだ吸収しなければいけない知識が山のようにあるという事を認識できた公開講座でありました。

最終の新幹線で帰ろうと思えば帰れたんですが、行きは始発→帰りは最終電車というスケジュールは、さすがにちょぅとヘビーなので、翌日に一人でプラプラと京都観光(…とは言っても東寺さん(笑)だけですが…)をして家路につきました。東寺の立体曼荼羅の迫力は凄いし、まだ桜は咲いてませんでしたが、桜が咲くと綺麗でしょうねぇ~。ただ…行く場所、行く場所にお守りなどのお土産コーナーがあるのはいかがなものかと思いました。まぁ~観光地ではあるのでしょうがないんでしょうが…ちょっとゲンナリしてしまいました。

子守歌代わりに…

米朝さん

昔から子守歌代わりに米朝さんの落語を聞いて寝てたんですよね!
去年の年末から2月までは志の輔さんの噺が子守歌代わりだったんですが、3月に入って米朝さんの噺が聞きたいなぁ~と思い、近江八景やら算段の平兵衛やら地獄八景やらを聴きながら寝てたんです。
父親が米朝さんの落語のレコードを持ってたからかも知れないんですが、子供の頃からよく聴いてたんですよぉ。
実際に生で米朝さんの落語を聞けたのは4回くらいかな?一門会、独演会、親子会…最後に見たのはエルガーラでの小米朝さんとの親子会だったかな?車いすの生活をされているだとかとか噂は聞いていたんですが、ついに来るべき時が来たのか…という感じですね。御冥福をお祈り致します。

悟りました…

205890-000000-stn_2

昨夜の ホンマでっか!?TV 「女のここが分からない!バトルを招く意外な言葉 好き&嫌いのサイン見分け方」を見ていて悟りました。男は女性に勝てません…(笑)…というか、思考回路が違うのだから争うだけ無駄だと…まるで…一神教と多神教?水と油?右翼と左翼?…なんだけれどもお互いを必要とするという矛盾の上に成り立っている関係性なんでしょうねぇ~。
50歳になろうとする春ではありますが………やっと………悟りました…(笑)

120%

41YRMHQWGRL

通常は100%を越える事がないはずなのに、「乗車率120%」とか…「120%大丈夫だと思います」とか…やる気の表れなのか、更なる上を目指すかの如く、可能性を現すのによく使われる言葉ではありますが…
では…なぜ130%や150%ではないのか???
もっと言えば何で123%や148%じゃないのか?
そんな揚げ足を取りたくなる僕は天の邪鬼なんでしょう!(笑)