【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

11月

こんな選択肢もあっていいと思うんですが…

crossroads-3_l

ニュースや情報番組を見てると最近、よくサイバー攻撃の問題が取り上げられてますよね!なんでも平成27年の日本のサイバー攻撃の予算は325.8億円で平成28年の予算要求額は742.8億円だそうな…。
情報流出だの…GPSの意図的操作だの…なんだか焦臭い事も起きてるらしいので、それに対して対策を取らなきゃいけないのは分かるんだけど、パソコンやネットを止めちゃうって選択肢があってもいいのじゃないかな?

良識のある人なら…「何言ってんの?今の現状だと無理だよ!」って言うと思うんですが…(笑)コレってサイバー攻撃に対しては一番最適な対策だと思うんですよねぇ~。ネットに繋がって無ければ攻撃しようもないもんね!

50年前くらいは情報も手書きの帳簿で管理してたわけだし、車もGPSやコンピューター制御なども付いてなかったし…今より不便になるとは思いますが、出来ない事ではないと思うんですよねぇ~。

攻撃されてもイイようなものはパソコンやネットを使って、攻撃されたら困るモノはパソコンやネットは使わない…っていうのもありなんじゃないでしょうかねぇ?「便利なモノは不便を生み出す…」って誰かが言ってたっけ…。

先日、紹介したツイートの『不調な時は何をするかよりも、何かをやめる方がうまくいくと知ること』って言葉も、なんとなくこの問題にも当てはまるよなぁ~って思うんですよね。

Yahooニュースで…

o0479033110302024694

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000071-asahi-soci

Yahooのニュースを見ていたら『梅毒患者が2千人超え 99年以降初、若い女性に増加』という記事に目が止まりました。何でも10月28日時点で患者数は2037人らしく1999年以降で初めて2000人を越えたとか…。

僕が梅毒という言葉を知ったのはいつの頃からでしょうか?何となく小学生の頃には、鼻が取れるとか…死んじゃうとか…、時代劇なのか?本からの情報なのか?何かしらかの情報で知ってたような気がしますが、戦前に比べて患者数は減ってきていると思ってました。

この仕事をやり始めて、江戸時代の医学書を見るようになり、その頃の話を色々な人から聞くと、どうも江戸時代は医者にかかる80%?くらいの患者さんが梅毒の患者さんだったらしいという話を聞いたことがあります。現在では梅毒はスピロヘーターという細菌が原因で濃厚接触で感染するという事は分かってますが、江戸時代はそこまで分かってなかったでしょうから、爆発的に患者さんが多かったんでしょうね。

以前、仁~JIN~という現代のお医者さんが江戸時代にタイムスリップしてしまうドラマがありましたが、あのドラマでも遊郭で梅毒を患う事を「鳥屋(とや)につく…」って言って、遊女の人達は、鳥屋につくことが日常だった事が紹介されてましたっけね…。

でも現時点で増えてきていると言うことは、梅毒は既に過去の病で気にする必要がないという感じで、梅毒に関しての事を教えられていない人達が無防備な感じで感染してしまっている……という事なんでしょう。やっぱり教える事というか…伝えていく事は伝えていかなければ…ですね。

 

ちょっと…欲張り?

2a8265c9116d9d4b262f9c856da3f519_400

以前、ブログで紹介した『正しい医療のための10か条』というツイート…
この最後の項目にある「不調な時は何をするかよりも、何かをやめる方がうまくいくと知ること」という言葉。
これって程度の問題はあるでしょうが、的を得ていると思います。

基本的な考えとして、自分の身体は自分が管理するものだという事…、身体の不調は薬や鍼灸が治すのではなく身体自身が治しているという事を理解した上でのお話しですが……

まぁ~基本的に生まれ持っての体質や、生まれつき体力がある?ない?など、人それぞれ環境や持ち合わせたモノの違いはありますが、やっぱり不調になる原因は身体に無理をさせているからだという事が大前提だと思うんですよねぇ~。無理=オーバーワーク……という事は、やってる事を何か1つやめると、身体の負担が1つ減る。……という事は身体の不調が軽減する。簡単な引き算だと思います。

けれども多くの人達は、「私はそんなに色々やっていない…」とか「今やってる事をやめるわけにはいかないので、何もやめること無く治したい…」と、身体の不調を無視した自分の都合のいい言い訳?とでも言いますか…… まぁ~欲張りさんなんでしょうねぇ~。何事にも許容範囲というモノがある訳ですから、溜め込んでたら、そりゃぁ~どこか不具合は起こりますわね!

「不調な時は何をするかよりも、何かをやめる方がうまくいくと知ること」これは心にとどめておいてイイ言葉だと思います。でも、万が一、不調より1ランク上の病気という段階にレベルアップしてしまった場合は、薬や鍼灸のサポートで病気を治す。これが本来のあるべき姿じゃないんでしょうかねぇ~。

冬支度

R0002988

天気予報によると今夜辺りから、北部九州に寒気が来るので、場所によっては雪が降るらしい…って言ってました。
7ヶ月ぶりにファンヒーターを出して、昨日、買って来た灯油を入れて… 準備万端!
あと5日で12月ですもんねぇ!寒くなって当たり前かぁ~。

型破りと形無しについて考える

d0019713_0322029

武道とかスポーツ…、絵画とか…、書道とか…、○○道って「道」が付くものには「型」というものが存在して…。いやいや、それ以外にも型は多く存在しますよね。まぁ~鍼灸も流派みたいなものがあるような…無いような感じですが、多分、その流派というモノに属している人達からすると「型」というモノはある。…という事になるんでしょう。なので徒弟制度的な感じで、弟子となり師匠の型を身につける為、日夜修行?されてる方も多いと思います。

以前、何かの本に書いてあった話で、中村勘三郎さんが、無着成恭さんの子供電話相談室を聞いてたら「型のある人が型を破ると “型破り” となり、型のない人が破ると “形無し” になる」という話を聞いて「なるほど!」と思ったエピソードを紹介されてたんですが、僕が思うに、確かに伝統を受け継ぐ芸事など、その伝統を守る使命を背負って生まれてきた方にとっては、「なるほど」と思えると思うんですが、僕の考え方はちょっと違っていて…、

型を守るべき家に生まれた方や、型を守る使命を背負っていらっしゃる方は、型を守ればいいでしょうし、その型を極めた時点で型を破り、新たな型を生み出せばいいと思うんですよね!でも、そうじゃない人も世の中には大勢いる訳で…、そうじゃない人達は型に囚われない考え方で物事を捉えていいのではないか?…と思うんですよねぇ~!

僕の中に「人のマネをしても、その人にはなれない…」という基本的な考えがあるから、素直に型を守るという分野に足を踏み入れられないんでしょうねぇ~~。…やっぱり僕って天邪鬼かな?(笑)

久々の石橋美術館

11988689_904146819680582_4037663431140943814_n

先日、10数年ぶりに石橋美術館に行き『伝説の洋画家たち 二科100年展』を見て来ました。
石橋美術館はこじんまりしている美術館ですが、常設展示で青木繁や藤島武二や坂本繁二郎や佐伯祐三の絵が見れるイイ美術館ですが来年の秋でしたっけ?石橋さんが撤退して所蔵品を東京のブリヂストン美術館に移すらしいんですよねぇ~。その後、この美術館は久留米市が運営するらしいんですが、この常設展示のラインナップは見れなくなるんだろうなぁ~。
今回は『伝説の洋画家たち 二科100年展』という事で、二科展の歴史を辿るような面白い展示でした。
しかし、有名所の絵は、なんであんなに人を引きつける力を持ってるんでしょうねぇ~。「なんか…この絵…いいなぁ~」って思って書いた人の名前を見ると、「あ~~!この人かぁ~」って、知ってる名前だったりするんですよねぇ~。
年末まではこの『伝説の洋画家たち 二科100年展』らしいんですが、1月の中旬からは常設展示が見れるようになるそうです。
来年の秋までらしいから、一度と言わず、チョクチョク足を運んでみようかなぁ~。

続続・緑地化計画

R0002968 R0002969

先日頂いたレタスの苗も随分元気に育ってくれてますが、まだサムギョプサルに使うには小さいなぁ~!大きくなぁ~れ!大きくなぁれ!
自生していたバジルも、いっちょ前な感じで大きくなってます。

通常、福岡は相撲の九州場所が終わる頃には寒くなってたんですよねぇ~。いつも国際センターから相撲を見て帰る人達がコートの襟を立てマフラーをまいて、家路につく…そんな光景だったはずなんですが、今年は温かいから、なんだかまだ冬が来るって感じにならないんですよね。でも来週から寒くなるらしいので、温かく過ごせる準備だけは忘れずに!

勝つと思うな思えば負けよ♪

LGblBagcBwN7pmb2ZGbvY3ImpP9go3IhqP9coJSaMF90nUIgLz5unJjiL2SwnTHiZwNjZP8kBGNlK0WsZQRioI83ZGqsAQNmYzcjMlV7nGbkB3Z6ZmD6Vv9coJSaMJAuL2uyYmHiZwLjZv8kYmRiAmR

勝つと思うな思えば負けよ~♪ って美空ひばりさんが唄ってましたが、昨日のWBSC 日本vs韓国は、この言葉がピシャリ当てはまる試合でしたねぇ~。正直、僕もTVを見ていて8回が終わったあと勝ったと思いこみ、TVのチャンネルを変えて、他の番組を見たあとスポーツニュースを見て「あら!ビックリ!!」
勝つだろうという空気になってたと思うんですがホント…勝負の世界は終わるまで分からないですねぇ~。
気迫なのか…空気感なのか…則本もイイ投手だと思うんですが、大谷の気迫から解き放された韓国打線が覚醒したって感じなのかなぁ~。
ホント…「勝つと思うな思えば負けよ」ですね!肝に銘じたいと思います。

いやぁ~!ガッテン!ガッテン!

CTwTLgpWUAA_OWB

FBで「こんなツイートがありました!」って紹介されてたのがコレ…。

『とある病院が掲げていた「正しい医療のための10か条」に賛否両論の声』

僕なんかは、ガッテン!ガッテン!と腑に落ちる事柄ばかりなんですが、意外にも批判的なコメントが多いのにビックリ!…批判の声が多いと言う事は医療への過信が大きすぎて危険が育っているという事なのか?

どれを取っても、何一つ間違った事を言ってないと思うんだけどなぁ~~~

あつ!書いてある!

R0002966

僕が最近、よく言ってる事が書いてある本に遭遇!
言ってた事が間違いじゃない事への確信と、もっと深い事を知る事が出来た事へ感謝!
勉強になります。