【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

01月

なんとなく…

7fcb5147

TVを見なきゃいい話なんですが…
最近、ベッキーの件や甘利大臣の件…
吊し上げに近い感じがして嫌な気分になったんですよねぇ~。
スタップ細胞の小保方さんの本の件に関してもアメとムチって感じで…
あれだけ叩いておいて、本を書かせて持ち上げて、また叩く…
新橋駅前の街頭インタビューも右にならえみたいな同じような意見ばかりで…
TVのコメンテーターも、ちょっと世間とは違う意見を言おうものなら、すぐ降ろされる…。
なんだか住み辛い国になってきてはいませんかねぇ~?
TVを見なければいい話なんですよねぇ~~~

HPのリニューアル

hp

鍼灸仲間の遠藤君のアドバイスで「はりきゅうふくた」のホームページのリニューアル?というか鍼灸の症状の解説ページを増設してみました。こういうのって自分1人で作っていると、作り終わったあとは作った満足感というか達成感みたいな感じが先走って「よし!これでOK!!」みたいな…「もう完璧!」って感じになりがちですが、第三者の意見って大事ですねぇ~!まだまだ変えなきゃいけない所は沢山あるとは思いますが…パソコン作業は疲れるので、ボチボチ…ユルユル…やっていきまする。

ドーハの歓喜!!

20160127-00053840-roupeiro-000-3-view

一昨日のサッカーU-23 オリンピック予選、凄かったですねぇ~!
まさか…あんな劇的な感じで終わるとは…
TVを見ていて後半の40分過ぎくらいから「また延長戦かぁ~」という気持ちになりかけていたんですが、何となく「あっ!…違うなぁ…今回は勝つか負けるかは分からないけど、残りの時間内に決着がつくかも知れないから、時間いっぱい勝つことを期待しよう!」って予感がしたんですよねぇ~。

結果ありきで言ってるわけもないし、僕に予知能力があるわけでもないしね…。ただの直感ですが、勝てて良かったぁ~!
あの1993年…ワールドカップ予選のドーハの悲劇以来「ドーハ」という地名を聞くと「あぁ~…ドーハかぁ~」って思ってたんですが、そんなトラウマ?を全てひっくり返してくれたような一戦でしたねぇ~~!

あだな

「あだ名」って、本人の意図していないというか、まったく本人の知らない所で付けられて影で呼ばれていたりしますよね!
愛称とかニックネームというような好意的なあだ名ならOKなんでしょうが…、なんでそんなあだ名???…とちょっと悪意に感じるようなものもあったりして…良かったり…悪かったり…。

僕も小学校の時に付けられたあだ名がありまして、ちょっとずつ呼び名が変化していったんですが、僕の場合なぜその呼び名で呼ばれたかって覚えてるんですよねぇ~。近所に住んでた1つ年上のオツユさん(あだな)という人がいまして…彼と同期に僕と同じ名字の人がいて、その人がメンチョって呼ばれてたんですよね!ある時、オツユさんと野球をしてたら「お前は福田だからメンチョ二世だ!」と言い出したのが僕のあだ名の始まりで、中学生になるとそのあだ名が独自に進化して?メン太って呼ばれるようになり、今でも鳥取に帰省すると友達からはあだ名で呼ばれてます。

最近、TVを見ていて朝のワイドショー、とくダネ!のコメンテーターにあだ名を付けてみてちょっと気に入ってるんですが…

ショーン・マクアードル・川上さん

i320

僕の勝手なイメージですが、マイケル顔してません?なのであだ名は「マイケル」

深澤真紀さん

232802571-origin-1413640342

この人は初めて見た時に頭に浮かんだんですよねぇ~「小茄子ちゃん」

日本人力士???

img_0

初場所の相撲を見ていて、毎日、琴奨菊が気合いを入れつつも自らを落ち着かせようとしながら土俵に上がってる姿を見て、とても気持ちが良かったんですが、やたらと「日本人力士の優勝を…」と騒ぎ立てていたマスコミに腹が立ちました。

外国から来ていようが日本人だろうが角界に入り力士になれば皆、平等に扱われるべきだと思うんですよねぇ~!「相撲は日本の国技だがら…」とか「日本人力士が頑張って欲しい…」という気持ちもわからなくはないけど、外国から来た力士は言葉もわからない異国で生活様式も変えてその風習に馴染み頑張ってきたわけだしね… 日本人力士より数倍頑張っていると思うんですよねぇ~。確かに今、横綱はモンゴル出身の力士ですが、彼らは強いから横綱になれたわけで、なんとなく世間というか、マスコミが煽っている感じで「日本人力士の優勝を…」って聴く度に日本人の懐の浅さというか度量の狭さを感じてしまうんですよ。

もっと心を広く持とうぜ!日本人!!……って感じです。

白鵬の十四日目と千秋楽は、やる気がなくなってる感じでしたもんね…この「日本人力士の優勝を…」って騒ぎ立ててる事が原因じゃなきゃいいんだけど…、マスコミが変な騒ぎ方をするもんだから、せっかくの琴奨菊の優勝にケチが付いちゃってる感じで嫌だなぁ~って思うんですよねぇ~。

その後のアトピー

atopi_index

顔の浮腫は取れて頬の火照りも風呂上がり程度に落ち着いてきていますが、その反動なのか?手の甲や前腕に発赤や痒みが出るようになりました。やっぱり痒い所って熱を持ってるるんだよなぁ~。という事は血熱かぁ~…するってぇ~と…熱を冷ますラジエター機能の低下…=”腎虚”… 老化って事だよなぁ~。まぁ~もう初老だし…仕方ないんだけれども、体質改善出来るところは改善しないとね!やはり熱を下げる漢方を飲んでますし、井穴刺絡もしてます。これはもうちょっと続けようかな…。前回も書きましたが、僕のタイプのアトピーには石膏エキスのパックはいいですねぇ~!肌は荒れるんですが痒みや腫れは治まります。

違和感を受け入れる余裕…

7867b87a473b139455ff241d83565261ikeda

年明けに読んだ『変な人で生きる技術~少数派でも大丈夫』というマツコ・デラックス×池田清彦の対談本なんですけど、面白かったぁ~

12509117_927805097314754_6733226206120753958_n
「自分たちは特別だという意識から生まれる逆差別について…」とか、「マイノリティーの中にもまた別枠でマジョリティとマイノリティーがあって…そこでまた虐げる人と虐げられる人とが別れて…」とか、「違和感を排除する社会になろうとしてるけど違和感を受け入れる余裕がない社会はダメだ…」っていうお話しが満載!

o0400023012543726674

 

そう言えば、先日、間さんがオススメしてた、苫米地英人氏×水野和敏氏 の対談 でも「他人の尺度で自分の殻をどんどん作り始める…組織という枠がそうさせているからこの国にはリーダが生まれ辛くなってる…」って言ってたなぁ~。この対談も面白かった!

とにかく出来るまでやれ!

uehara

上原ひろみさん…若手のジャズ・ピアニストの中で好きなピアニストなんですが、先日…数年前に放送してた「情熱大陸」を久しぶりに見ました。その番組内で彼女が…

「たとえば上手く弾けない日が3ヶ月続いたとしても原因が自分にある時点で、それは苦労でも挫折でもない……戦地の子供とかは自分に原因があるわけではない。……苦労を押しつけられている人達がたくさんいるのに、自分が……曲が出来ないからスランプだとか……そんなのは、とにかく出来るまでやれ!(笑)」

…って言ってました。(途中編集が入ってたから、他にどんな事話してたか興味がありますねぇ~)

なるほど…当たり前の事なんだけど、世界を相手にしてる人の言葉って説得力ありますね。「スランプだとか……そんなのは、とにかく出来るまでやれ!」って音楽だけではなく鍼灸に関してもそうですしスポーツや芸事……色んな事に言えてるよなぁ~

一昨年の年末だったかな?彼女のライヴを福岡市民会館で聴いたのは…。
素晴らしいライブでしたし、アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップスを見れたのもウハウハものだったんですが、彼女のライブを見て50歳のオヤジの心にインプロビゼーションって言うんですかね…即興演奏って楽しそうだな…って無謀な?遊び心が芽生えたんですよねぇ~(笑)下手くそなりにギターを弾いてるので、あれ以来、即興演奏…上手く出来るようになりたいなぁ~と、去年1年間、あ~でもない こ~でもない と一人遊びしてるんですが、今の課題は着地をどうするか…。盛り上げて上手く即興を終わらす…何となくミュージシャンは数学的…って言われているのが納得できます。(mumumu…算数苦手だったもんなぁ~(苦笑))

上原ひろみさん…2月に新譜が発売されるとか…楽しみです。

アトピー経過報告…カッコ良く言えば編

目の周りと頬が火照ったのが先週の月曜日くらいからで、赤くなったのが先週の木曜日…今日でちょうど1週間…
午前中と夜は頬の赤身も随分薄らいできてはいるものの、やはり体温が上がる午後は、少し赤ら顔…温泉に浸かったあとのような顔してます。

先週の週末辺りは、どこか南の島に行って日焼けしたけど赤く腫れちゃった? 高い山に登山して凍傷にでもなった? …そんな感じだったので、その頃から考えると今はだいぶイイ感じに落ち着いてきてるかな…

先週の…まだ顔が真っ赤っかだった時に、目を閉じ薄目をあけて、洗面所の鏡に映る顔を見たら、なんとなくあるアニメのキャラを思い出したんですよねぇ~。あくまでもカッコ良く言えば…ですよ!
カッコ良く言えば、赤く腫れ上がってる頬の模様が北斗の拳に出てくるシュウっぽいんですよねぇ~!僕がシュウみたいなソース顔じゃない事は重々承知しています。あくまで頬の赤身の模様が……です。

o0332044313271401942

先週の木曜日から甘草エキスで暇さえあれば頬をパックしてるんですが、皮膚風熱証にはいいみたいです。甘草の消炎作用と熱を取る効果が功を奏してるんだと思うんですが、今の季節はただでさえ乾燥する季節、頬の赤身が薄らいではいるけれど顔の皮膚の乾燥が酷く、目の周辺がシワシワになってしまってます。
カッコ良く言えば、目の周りだけローリングストーンズのキース・リチャーズっぽいんですよねぇ~!僕がキースみたいに渋い感じの顔じゃ無い事は重々承知しています。あくまで目の周辺のシワの話です。

2011032222242239e

顔の赤身はだいぶ薄らいでいるのですが、1ヶ月前位から寒冷蕁麻疹が出始めているのも気になるし…ちょっと1回36時間のプチ断食でもしてみようかな…。

 

ステレオタイプ

 

時々ですが…ホントに時々ですが…
「鍼を刺すくらいで治るわけないでしょ!」…というような、ちょっと鍼灸に対して良いイメージを持っていない感じの人と出くわす事があります。…ホントに時々ですよ!(苦笑)
まぁ~いちいち、そう思い込んでる人を押さえつけて鍼治療して「どうだ!効くだろう!」などという趣味は持ち合わせていないので放っておきますが、そういう人達は多分、薬&現代医学には絶大な信頼を寄せていると思うんです。いつかそういう人に聞いてみようと思ってるんですが、そういう人達は薬がなぜ効くのかを理解して飲んでるんでしょうかねぇ?
そうじゃないような気がするんですよねぇ~~。ステレオタイプ…っていうことのような気がします。