【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

05月

ハンプ

hn

よくショッピングモールの駐車場にある道のコブみたいなヤツ…
スピードを出させないためにあるものなんですが、“ハンプ” って呼ぶらしいんです。

ウチの治療院前の道は狭いんですが上の方に住宅地があるもので、それなりに交通量があるんですよね!そんでもって、住宅地からウチの治療院前の細い道が下り坂になっていて五差路の交差点につながっているんです。

上から車とかバイクとか自転車で下ってくる時に信号がみえるんでしょうねぇ…。信号が青だった場合は結構なスピードを出して青信号に間に合うように走り抜けていくので危ないんですよねぇ~。子供達の通学路でもあるし、ウチの前の道につながる五差路の交差点の横断歩道って結構狭いんで、歩行者信号を無視して渡る人も多いんですよねぇ~。

このハンプって道のコブみたいなヤツ…前の道のどこかに設置できないものかねぇ????

たぶん…

12243472_904399016322029_8760930767593719327_n

たぶん…彼も核兵器なんて無い方がイイに決まってるじゃん!って思ってるはず…
でも、どうしていいかわからないんだと思う。
せめて出来る事と言えば現職の時に広島に訪れて演説をする事だったのかもしれませんなぁ~
小さな一歩だけど、一歩前進と言ったところでしょう。

しかし…オバマさん…演説上手いなぁ~。

即興

20131124_03

インプロヴァイゼーション…
アドリブ…
即興演奏の事をこんな風によんだりしますよね!

ちょっと前に読んでた鍼灸師の竹村さんと音楽家の大友さんの本に鍼灸治療は即興演奏って事が書いてありました。

僕もジャンル問わずどんな音楽も好きなんですが楽譜が読めるわけではありません。まぁ~子供の頃にピアノを習っていた事はあるので、ドレミファソラシドとかトーン記号・ヘ音記号くらいは分かりますが、譜面見て初見でギター弾いたりピアノを弾いたりは出来ないので、やはりどことなく劣等感というか、クラシックなど楽譜を見て演奏する人は優れているように感じるんですが、実はそうではなくて…という事が『打てば響く 音の力 鍼の力』という本に書いてありました。

譜面も読めないより読めた方がイイに決まってはいるけれど、即興演奏の凄さっていうのもあるわけなんですよね!譜面に残す音楽も即興音楽もどちらも素晴らしいはずなんです。

僕も竹村先生の意見と同じなんですが、鍼灸治療って即興演奏のような気がするんですよねぇ~。
まぁ~僕らがバンドで演奏して遊ぶセッションや3コード回しといったもののように、ある程度の約束事はあるとは思うんですが、やはり閃きというか…、鍼灸治療を受けている患者さん側も音楽を聴いてるような感じで「そこでそのフレーズ入れますかぁ~!」というような感動が身体の変化を呼び起こすとでも言いますか…、そういった部分って重要だと思うんですよねぇ~。

鍼灸治療の一番の魅力は即興演奏が出来るか?出来ないか?がポイントになるんじゃないかな…?鍼灸治療をやめちゃう鍼灸師の人は即興演奏が出来ないから面白くなくなっちゃう。だから辞めちゃうのかな?なんて思っちゃいました。(まぁ~僕の勝手な思いこみなのかも知れませんが…)

ぐじゅぐじゅ・ペッ!

d7ac2712

まぁ~アトピーが出るくらいだから、身体が疲れ気味なんだろうなぁ~というのは明かではあるのですが、ここ数ヶ月の間、口内炎が出来たり…、出来かけたり…、治ったりを繰り返しておりまして、口腔内…ホッペタの内側の所に歯形のような炎症が出来たり、ヘルペス様のものが舌の裏や、舌の横に出来たりして、ただでさえボソボソと話す僕の会話が、出来るだけ舌を動かさずに喋ろうとするモノだから、一段と聞き取り辛くなっちゃったりして、周りの皆さんに迷惑をかけていたのですが、2週間前から「マウスウオッシュで1日3回くらい口をゆすいでみたらどう?」と言われて、実行したらコレ…何となくイイ感じです!

基本的に口の中は誰でも雑菌ダラケではあるんですが、免疫力がしっかり働いていれば、ちゃんと歯磨きもしてますし口内が炎症を起こす事もないわけなんですよね!でも、それでも口内炎が出来ちゃうって事は免疫力が低下しているという事だし、しかもアトピーの症状が出たりしてるって事は、身体が「免疫低下してますよぉ~!」とサインを送ってくれている裏付けなんでしょう。

やっぱり50歳を過ぎると、こんな感じで少しずつ身体の変化が出てくるんだろうなぁ~。
まずは免疫異常を改善するのは腸を調える必要があるから、食生活…飲酒の改善が必要なんだろうなぁ~
あぁ~~耳が痛い…(苦笑)

よく鍼灸師のあいだで、標治・本治の話題がのぼって、本治が正しく標治を軽視する発言をされる人がいますが、僕は標治も本治も重要だと思うんですよねぇ~!標治・本治で言うとマウスウオッシュは標治法ではあると思うんですが、付け焼き刃なのかも知れないけれども…口内炎になりそうだなぁ~と思った時のマウスウオッシュでの「ぐじゅぐじゅ・ペッ!」は効果だと思います。

今年はモリモリ!

R0003458

紫陽花…今年はモリモリ咲いてくれてますが…いつもより早く咲いてる気がする…。
色が変化するからか、花言葉は「移り気」だそうな…。

ウチの紫陽花は赤っぽいから土壌がアルカリ性なんでしょうねぇ~
紫陽花って毒性物質はわかってないらしいんですけど食べると中毒症状を起こしてしまうらしいんですよね!

…でも毒性がある一方で漢方薬にも使われているらしいんですよ!
普段、道端に咲いている紫陽花とは違うらしんですが紫陽花属に属してる紫陽花…まぁ~僕らが道端で見ている紫陽花の親戚?といった感じの紫陽花は昔からマラリアの薬として使われていたらしいんですよねぇ~。でも…多分、今は使われてないんじゃないかな?
眺めているくらいがちょうどイイ感じなのかもしれません。

アトピーとお灸

kyu

私事ではありますが、一昨年の秋頃からアトピー性皮膚炎っぽい症状が出たり治まったりを繰り返してまして、今年の1月には手と顔が真っ赤っかになっちゃう事態を経験したんですが、現在は右手の人差し指のMP関節と左拇指のDIP関節にヘルペス状の湿疹が出来て痒い…という症状で落ち着いている感じです。…痒い…痒い…。

アトピーとは御存知の通り「曖昧」「奇妙」といった意味があるらしくラテン語の「A・TOP・Y」が語源となっていて、何だか原因がわからないけどアレルギー症状が起こっている…という状態を「アトピー」と呼んでるらしいんですが、平たく言えば免疫異常の病態が引き起こす症状でヒスタミンの過剰生産によって皮膚が痒くなったりするわけなんですが、基本的に免疫は大腸が関係しているので食生活の改善とか…、良く噛んだりとか…、地味ぃ~~な事が根本治療につながるんですよね!

地味ぃ~な感じで食生活の改善は心がけてはいるんですが、今、現在、右手の人差し指のMP関節と左足の拇指のDIP関節の痒みは、ゆっくり噛んで食事をしてもすぐには治まらないんですよねぇ~。
じゃぁ~どうするか…!?

ちょっと考えてみたんですが、ヒスタミンはヒスタミンのみだけではなくて受容体を介して作用を発揮するらしいんですね!炎症やアレルギー反応に関わるヒスタミンの受容体はH1型というタンパク質らしいんですが、タンパク質が受容体であるならば、タンパク質ってたしか…熱変性を起こすはず…。全てのタンパク質がそうなのかは定かではありませんが、たしか60度以上で熱変性を起こすはずなんですよね!

という事は、お灸をする事で受容体であるタンパク質が熱変性を起こせば、ヒスタミンと作用して炎症やアレルギーを起こせなくなるのではないか?…と思ったもので、お灸してみたんですよねぇ~。
そしたら…ビンゴ!!!!今の所、痒みも治まるし、皮膚の状態もイイ感じです!
この対処が出来るのは、多分、アトピーの初期段階「なんかポツポツが出来て痒い…」程度の時のみだと思うんですが(炎症が広がった場合はお灸をするのは面積的に無理かもしれない…)アトピーの初期段階の対処法としてはアリだと思います!

最近のお気に入り

R0003456

治療院のトイレの窓は縦長の小さな窓なんですが、その窓の前に植えていたオリーブの木が随分と大きくなり、晴れた日にトイレの窓から外を眺めると、トイレの閉塞空間がそすさせるのか太陽の日差しとオリーブの緑がイイ感じです。この眺め…最近のお気に入りの1つ…。

バイオリズム

rizumu

株と同じで上がるモノは下がるし、下がるモノはいつか上がる…(株の取引はしたことないんですが、世間ではそう言っているようです)
上がったり下がったりする時間?期間?は人それぞれではあるのですが、生きてると必ず、良いことにも悪い事にも出くわしますよねぇ~。
昔は結構おもしろがって占いの本を読みあさった時期もあったんですが、最近は全くと言っていいほど意に介さない生活を送っているので、「3月生まれの今日の運勢は12位!ラッキーアイテムはピーマンの肉詰め!」と言われても「へぇ~!」くらいにしか思わないんですが…(苦笑)昨日、風呂に浸かりボォ~と考え事をしてたら、そういえば去年辺りからアトピーが出たり、5~6年やってたバンドが休止状態になったり…、この学会辞めようかなって思ってみたりと、人が離れたり、自分から離れて行ったりと何となく全てが停滞している感じに思えたので、ネットで厄年かぁ?…大殺界ってあったよな?…天中殺っていうのも一時期流行ったっけ…と検索してみたら、今年はドップリ天中殺みたいですわぁ!
天中殺って誰が言い出したのか?…確か僕が中学生?高校生?の頃に流行りだしたと思うんですが、なんでも天が味方しない時期らしいんですよね!
そうかぁ~天中殺かぁ~。ならしょうがないなぁ…(笑)こういう時は抗ってもドツボにはまるので充塡?自分磨き?…そういう時期なんでしょうねぇ~。

終戦のエンペラー

T0016889q2

3年前くらいに上映された映画みたいですね!
この映画見たら、「日本のいちばん長い日」という映画がみたくなりました。
以前、日曜映画劇場だったかな?中学生の頃に三船敏郎さんや笠智衆さんが出演されている、「日本のいちばん長い日」を見た事があるんですが、半藤一利さん原作で役所さんやモックンが出演されているリメイク版の「日本のいちばん長い日」という映画があるみたいですね!
今度、これを見ようかな…。

キラキラ感

R0003398

最近、朝…寒くないですか?
福岡はイイ天気なんですが、明け方は少し冷えるので、まだ羽毛布団が欠かせません。

先日、最近、行列が凄くてなかなか行く事が出来ない近所の “てんぷらのひらお” に行ったんですが、BGMで海援隊の ♪贈る言葉 が流れていたんですよ!懐かしいなぁ~って思いながら聴いてると、凄く武田鉄矢さんの歌声がキラキラして聞こえるんですよね!35~36年くらい前の歌だから、たぶん武田さんが30才くらいの頃の歌声なんでしょうねぇ~。キラキラ感が凄く伝わってくる。
贈る言葉♪ の次は永チャンの 時間よ止まれ♪ … おい!おい!なんて懐かしい曲のオンパレードなんだぁ!(笑)永チャンの歌声もメッチャキラキラしてる。… 調べてみると時間よ止まれ♪ の発売は1978年だから永チャン29才の頃の歌声かぁ~。やっぱり若い頃の歌声ってキラキラ感が半端ないですねぇ~。

歳を取って円熟味が増したり、イイ具合に力の抜けるようになって素晴らしいパフォーマンスが出来るようになるという側面もありますが、荒削りではあるんだけど、その年齢にしか出来ない事って確実にあるわけで…
誰しもキラキラしている時期はあるんだけど、そのキラキラ感にしがみついて歳を取ると痛々しくなっちゃったりして…(苦笑) やはり歳を取る上での課題は、キラキラ感をいかに円熟味にすり替える事が出来るか…。そこだと思うんですよねぇ~。