【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

07月

胸鎖乳突筋

kyousanyutotukin

この筋肉が凝ってる人ってけっこういらっしゃるんですよねぇ~!

筋肉は縮むことがお仕事ですから、筋肉の位置を把握して、この筋肉が縮んだらどういう動きになるんだろうか?って考えると、だいたい筋肉の大まかな動きがわかるんですよぉ~。胸鎖乳突筋ば頭蓋骨の横の部分から胸骨(胸の真ん中にある骨)と鎖骨にくっいている筋肉なんで首を左右斜めに回す動作や頭を下に下げる動作などに使われるんですよ!

そうそう!首のリンパが腫れると胸鎖乳突筋が過緊張したりするんですよね!

リンパが腫れるって事は体の中に細菌やウイルスの侵入に対して、免疫機能が働ている状態なんですよねぇ~。だから虫歯や口腔内の炎症がある場合も胸鎖乳突筋が凝っちゃう事があるんですよ!

日頃の疲れやストレスで免疫力が低下すると、リンパが腫れて胸鎖乳突筋が凝る…ということは、胸鎖乳突筋の凝りは健康のバロメーターと言えるんじゃないでしょうかね…。

僕ら鍼灸師は直接、胸鎖乳突筋にアプローチをかけて筋肉の緊張を緩めたり、体全体のモチベーションを上げる為に胸鎖乳突筋以外の部位の凝り(首・肩・背中など)を取る事で免疫力を上げてリンパの腫れを治めたり…。胸鎖乳突筋に関係している経絡にアプローチして緊張を緩めたりと…いくつかの手法を駆使して治療します。

そういえば…昔~昔…、友人が面白い画像があると持って来たビデオで、ある先生(鍼灸師?医者?)が脈診のような感じで患者さんに触れて自分の胸鎖乳突筋をウッドベースを弾くように弾き、自分の胸鎖乳突筋の緊張具合で治療ポイントを決めるっていう不思議なビデオを見た事がありますが、あれを実践している人…いるのだろうか?(苦笑)

unagi

暦を見ると29日…あすは30日…土用丑の日と書いてあり、ご丁寧にウナギの絵まで書いてある。
しかしながら食べ物には旬というものがあり、ウナギの旬は冬だそうな!
寒い冬を越すために体に脂を溜め込み身も柔らかいらしい…。
いつも、うなぎ屋さんの前を通るときに「あぁ~気軽に、うなぎ屋さんの暖簾をくぐれる身分になりたいものだ!」と願望を抱きながら財布の中身を見て素通り…。
欲しがりません勝つまでは!(苦笑)

笑ろた!

img_28

この怪獣…たしかエレキングでしたよね…。
どういう意図でこういう行動に出ているのかわかりませんが…(笑)
笑える画像ではあるんだけども、意味深な感じにも思えるなぁ~
この後、ウルトラマンセブンはどういう行動にでるのか興味津々です。

いい日より?

sen

もう7月も27日なわけで…あと5日で8月になるわけですよ!
そうなるとすぐお盆になって…、通常ならお盆明けから朝夕涼しくなって、あっ!と言う間に9月に突入!となるはずですが、今年は猛暑と言われてますし、まだまだ暑さとの戦いは続きます。

因みに、はりきゅうふくたの今年のお盆休みは13日(土)~16日(火)までの4日間とさせて頂きます。

夏まっただ中の利点と言えば…洗濯物がよく乾く!
治療院のベッドカバーに使っている大判のバスタオルを洗濯しても2~3時間で乾いてくれるので大助かりです。

他…夏の利点と言えば… 暑いしなぁ~… 暑いから冷たいモノ飲み過ぎ? ビールの飲み過ぎなのか?…内蔵が弱っているからなのか…ちょっと…口内炎が出来かかってるし…、汗かくから洗濯物が増えるし…、洗濯物が乾く以外に利点が思い浮かばない…!(笑)

あっ!植物が成長してくれてるのが手に取るように分かるのが利点と言えば利点かな…。今年の寒波で枯れたと思っていた月下美人が復活してくれてるし…このぶんだと花も咲かせてくれるかも!
まだ暑い日は続きますので体調管理には気をつけてこの夏を乗り越えましょう!

賛美歌は洋楽

hosokawa

三谷幸喜さんが書くドラマは好きなので御多分に漏れず、真田丸は欠かさず見てるんですが、今回、細川ガラシャが出てきて賛美歌が流れるシーンがあったんですよねぇ~。そのシーンを見ていてふと思ったんですが、当時の人達にとって賛美歌のメロディーは何とも言えない不思議な感じで一度聞いた人を虜にしてしまうような…そんな感じだったんじゃないかなぁ~って…。

今の音楽は洋楽、邦楽とメロディーも似通ってきていて違和感なく聴けると思うんですが、当時の人達にとってみれば、お経や長唄、小唄、能楽…そんな感じの音楽しか聴いた事がなかったはずですし、そんななか賛美歌の上がったり下がったり裏返ったりするメロディーはとても魅力的だったでしょうねぇ~。

僕らが歌詞の意味も分からないのに必死で聴いていた洋楽感覚で昔の人も賛美歌を聴いていたんじゃないかな?

しかし…細川ガラシャ役は橋本マナミさんだったんですね!三谷さん!ナイスな配役です!(笑)

どちらかと言えば懐疑的ではあるのですが…

ikariya

昨夜、友人と食事で入ったお店でのお話し…
満席に近い状態でカウンターしか空いておらず、カウンターに3人座って女性スタッフに飲み物を注文したんですよ!ビール2杯とパイナップルジュース1杯…。するとほどなくして店長っぽい人が出てきて「パイナップルジュース…無いんですよね!」と一言…。
無いならしょうが無いのでグァバジュースを1杯注文したんですが、おいおい!チョット待て!「パイナップルジュース…無いんですよね!」じゃないだろ!「申し訳ありません!パイナップルジュースは売り切れてしまいました。別な飲み物を注文して頂けませんでしょうか?」くらいは言えないものかねぇ?

僕自身、特定の師匠をもたない鍼灸師であり、どちらかと言えば徒弟制度には懐疑的な考え方ではあるんですが、この若い店長らしい兄ちゃんの接客態度を見ていると「こういう兄ちゃんには師匠が必要なんだろうなぁ~」と思ったりするのは、僕が歳を取って「近頃の若いもんは…」的な感じでそう思ったのか?柳家小三治さんの独演会を聴きに行った直後だったから…「噺家さん=徒弟制度」という発想で徒弟制度は必要かも…と思ったのか??定かではありませんが、誰かが教えてやらないと、こういう事って分からないものなんですよねぇ~。
天神のド真ん中…立地がいいからお客さんも多いんだろうけど、もう二度とあのスペイン料理を出す店には行かねぇ~な!

瞑眩(めんげん)とのせめぎ合い…

mengen

いきなり普段動かしていない体をフルに動かそうとすると筋肉痛になりますよね!
この瞑眩って筋肉痛のようなもの…って考えてもいいと思うんです。

体調が悪い時って体を動かしていない状態と同じなんですよね!体調が悪なりに歪なバランスを保って日常生活を送っているわけです。だから体調が悪くても日常生活はこなせれる。けれど、体調がさらに一段階悪くなると痛みが出て一層辛くなります。だいたい鍼灸治療を受けられる方はこの段階…体調が悪くて痛みが出て辛い人達なんですよねぇ~。

そのような状態を治そうとすると動いていない体(運動という意味ではなく免疫力や自己治癒力が落ちてる体の事です。)を治療によって無理矢理、動かさなきゃいけないので瞑眩現象(好転反応)が起こりやすくなります。

はりきゅうふくた で治療を受けられる方には、瞑眩現象(好転反応)の事は治療中または治療後に説明してるんですよ!「治療した後、体調が悪くなったと感じる事があるかもしれませんが、症状が軽い人なら2~3時間体を休めたら楽になりますし、体調が悪い人でも2~3日後には体がスッキリしますから、心配されなくても大丈夫ですよ!」という話はするんですが、どうしても初めて鍼灸治療を受けられた人は、この説明を忘れてしまうようで「お灸をしたら、ど~も体調がすぐれない…」「鍼をしたら、逆に体調が悪くなった…」と予約をキャンセルされる方もいらっしゃるんですよねぇ~。僕の説明不足なのかな?とも思ったりしますが、治療中に説明をして帰られる時に、瞑眩に関する注意書きを渡しているので、もうこれ以上何をすればいいの?…とも思ったりもします。

まぁ~鍼灸に対する信頼感の薄さ?や恐怖心がそうさせるのかも知れませんが、瞑眩が起こっているという事は体が動いている証拠なので、確実に回復する兆しでもあるんですよねぇ~。薬でも副作用が出ないような薬は効き目も少ないと言いますしね…。

僕の経験上、瞑眩現象(好転反応)が現れる人の特徴として症状が重い方、体調が悪い方に起きやすい傾向にあると思います。

戯言

tochzi

治療をしながら患者さんと色々な話をしたりするんですよね。
患者さんによって話の内容も色々と変わるんですが、先日、患者さんから「先生…都知事選の選挙権があったら誰にいれますか?」と聞かれたのでちょっと考えてみたんです。

知事になりたがってる小池さん…、憲法改正を阻止したい鳥越さん…、増田さんは地味だけど人のよさそうな雰囲気をかもし出してる反面、岩手県知事の時のゴタゴタ話も聞き及びますし…、TVを見ていてもこの3人の三つどもえ戦!というような偏った放送しかしてないですしねぇ~… なんか面白くないですよねぇ~。

僕は選挙権持ってないけど、誰に入れるか?と聞かれたら… 黒い池上彰と言われてた上杉隆さんかな…(笑)
官房機密費の時や東北震災の原発問題の時にまともな事を言ってたしね!
でも僕には都知事選の選挙権は無いんだよなぁ~(苦笑)

ビバ!唐津

karatu

先月、唐津に行ったような気がするけど先週の日曜も再び唐津へ!
最近、唐津づいてるなぁ~。

目的は唐津の九州花火大会を見に行く事…。駐車場は特に設けられていないとの事だったので、電車で唐津まで行ったんですが福岡から唐津まで花火を見に行く人ってそんなに多くないのねん!意外と電車はガラガラ…。
駅に着き人の流れにのって海辺まで行くと、海岸が人でごった返してるではあ~りませんか!
堤防の上に遊歩道のような狭い道はあるんだけれど、屋台がビッシリ埋め尽くしてるし…、もしここで緊急に逃げなければいけない事態が起きたら確実に押しつぶされる人がでるだろうなぁ~って思っちゃうほどの人の多さ…というか狭い浜に20万人が集まるから、しゃぁ~ないか…。

規模は大濠花火大会の半分らしいけど、海辺という立地だからか海風が心地いいなか眺める花火は大濠の花火大会とは違った良さがありました。最後に上がった2尺玉の花火…デカかったなぁ~!狭い中の人混みを考慮して少し早めに浜辺を離れたんですが、浜から100mほど離れた場所から見ても2尺玉の花火の大きさが実感できたし残像がメッチャ綺麗!花火の爆音で駐車場の車の防犯装置が作動してましたもん!
日本で上がる大きい花火は3尺玉とか4尺玉とかあるらしいんですが、2尺玉であんなに大きいんだから3尺玉・4尺玉の大きさと爆音って半端ないんでしょうねぇ~。

花火大会の会場から駅に向かう途中、マジ喧嘩を2件目撃…警察官が仲裁に入ってはいましたが、久々にあんなマジな取っ組み合いの喧嘩を目撃しました。唐津…ワイルドだなぁ~~(苦笑)

来年はお城を眺めながら花火が見れる場所から花火を見てみたいな…

久しぶりの映画館

kae

知らない間に梅雨が明けてるみたいですね…
ど~りでセミはワシワシ鳴いてるし…暑いわけだわ!

先日の日曜日に久しぶりに映画館で映画を見ました。
派手は映画ではないんですが、CGをめいっぱい使って「わぁ~宇宙人が攻めてきたぁ~!」というような映画より、こういうお金が無いなりに工夫して作ってる映画がすきだなぁ~。

『帰ってきたヒトラー』という映画

ドイツ語の映画っていつぶりだろうか?

タイトル通り、ヒトラーが現代に蘇ってきたというストーリーなんですが、コメディー映画の要素も含んでいて笑える部分もあるんだけれど、怖いなぁ~と思う部分もあったんですよねぇ~。彼のセリフで「私が国民を先導したのではなく、国民が私を選んだのだ!」っていうような事を言ってたんだけれども、トランプみたいに極端な物言いをする人が大統領選挙に出たり、ヨーロッパの難民問題だったりEUの現状をみると、今の世界の現状と当時のヒトラーがいた頃と何となくリンクしてるようにも思えるんですよね…。

「NHKの映像の世紀」だったかな?以前、“世界はなぜ独裁者を選んだのか?” っていうタイトルの放送があってたんだけど、その中でヒトラーの言葉で「私が死んでも100年後に私と同じような事をする人間が必ず現れる…」というような言葉が紹介されていたのを、この映画を見ていて思い出しました。もうすぐ戦後71年…、予言が的中するならそろそろ、気をつけておかなければいけない時代に入ってきているのかもしれませんねぇ~。怖や!怖や!