【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

10月

以前、読んだ本なんですが…

r0003674

武田邦彦さんの『大麻ヒステリー 思考停止になる日本人』という本。
5~6年前に本屋さんで見つけて読んだ本です。

今、週刊誌やワイドショーで石垣島に住んでる元女優さんの話題が挙がっていて、色々な意見が飛び交ってるみたいですが、雑誌に書いてある事や、TVのコメンテーターの話を聞く前に、聞き手・読み手の僕達は、まずこの本を読んでから、色々と考えた上で話を聞いたり判断したりした方がいいのではないかと思うんですよねぇ~。

まぁ~いくらアメリカの一部の州で合法化されても…、オランダのコーヒーショップで普通に買うことが出来ても…、日本では禁止されているものですから駄目なものは駄目!違法は違法です!例えて言えば、いくら車の往来がない交差点でも赤信号を無視すれば信号無視。…厳密に言えば違法なので、見つかればお巡りさんは「おいおい!そこの君!ちょっと来なさい!」となるわけですよね!

でも、古来日本に自生している植物で色々なモノ(服やシメ縄や紐だとか…)を作る原料でもあり、文化を支えているモノではあるので、違法だからと鵜呑みにするのではなく「何故?禁止されているものなか?」「いつから禁止され始めたのか?」という経緯は知っておいた方がいいと思うんですよねぇ~!
これから先、もしも…アメリカやオランダのように日本でも合法化されるようになるとすれば、それは20~30年後の話になるんじゃないかかなぁ~。
この本をまだ読んでない方がいらっしゃったらオススメの一冊です。面白いですよ!

道具

dougu

いやぁ~日本シリーズ…面白いですねぇ~!個人的には広島に優勝して欲しいんですが、この三日間、日ハム3連勝…。両チームともホームゲームでは観客の後押しが決め手になっているって感じですよねぇ~。…という事は順当に???いけば、この後は広島で行われるので広島優勝か?…。でもこの日本シリーズを見ていて感じるのは「ミスした側が負ける」…という感じですね。緊張の糸が切れてしまうのか…試合の流れが変わって行くのが手に取るようにわかるんですよねぇ~。29日はどんな試合になるんでしょうか?楽しみだわぁ~!

昨日、ラジオを聞いてましたら、パーソナリティーの方が「道具」について話をされてました。
竹細工の職人さんが、ワークショップで子供達に竹を編み込む手順を教えて実践させると、日本の子供達は竹細工をやった事なくても、ある程度教えてあげれば竹を編み込むようになるらしいんですが、外国へ行き外人さん相手に竹の編み込む手順を教えてやらせてると、とんでもなく出来ないらしいんですよぉ~。まぁ~外国って言っても色々な国があるから一括りには出来ないとは思うんですが、習っていないけど、なんとなく体が動くというか…DNAに入っているって感じる事ってあるような気がします。

でぇ~…、そこから道具の話になっていくんですが、日本の道具って技術を極めた職人さんだからこそ使えるというか…、職人さんの極めた技術を引き出せる道具…。裏を返せば、その技術を持った人じゃないと使えない道具として発展しているらしいんですよねぇ~!
欧米などは、その逆で「素人が使っても楽に出来るように…」という発展の仕方をしているらしんですよ!今は国際化の時代だから、色々な国の人が行き来する感じですが、日本はどちらかというと海に周りを囲まれているぶん単一とは言わないまでも、ある一定の民族でまとまる事が出来た訳ですよね!でも色々な民族が混ざり合う国だと、そういうDNA的なものの統一が出来ないから、道具も「素人が使っても楽に出来るように…」となっていったというお話しでした。

なるほどなぁ~。

鍼灸も道具あっての技術ですし「日本の道具=技術を極めた人だからこそ使えるように発展していった…」という話…、とても頷けます。以前ある先生から、若い鍼灸師が神戸源蔵さんという鍼作りの名人の鍼を購入しようと出向いたところ「あなたにはまだ私の鍼を使うには早すぎる」と門前払いされたという逸話を聞いたことがあるんですが、今ではこういう気骨のある話も鍼灸業界ではガラパゴス化しているように思えます。
以前、「ディスポーザブル信仰」というお題でブログを書いたことがあるんですが、何でも一辺倒にしてしまうのはいかがなモノか?と思うんですよねぇ~。全てをディスポーザブルにする事で途絶える技術もあるわけですし…。全てをディスポーザブルにしてしまおうという流れって、ここ15年前くらいからの話なんですが、なんとなくですけど…、日本人が大好きな?自主規制という意識の変化がもたらした産物のようにも感じます。なぜ良い具合にバランスを保って技術を伝承するって事が出来ないのかなぁ~?

やっぱ基本はお腹なんですよねぇ~

r0003660

鍼灸師になりたての頃、色んな勉強会に顔を出してたんですが、教えてくれる先生方が一応に言われる言葉「お腹を調えなければ駄目だ!」

今にして思えば、鍼灸を学び始めた頃は東洋医学的な専門用語に振り回されて(ただ自分が理解に苦しんでいただけなんですが…)いたので、理屈のみ理解し実践に応用出来ていなかった部分が多かったように思うんですが、近頃は色々な情報を知り自分の体調と照らし合わせると、若い頃には実感できなかった事も如実に感じるようになり、当時、先生方が言われていた「お腹を調えなければ駄目だ!」という事がいかに重要であるかを、やっと?身をもって感じる…そんなお年頃なったんですよねぇ~(苦笑)ホントに「お腹の状態=健康」だと思います。

kaki

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺…
秋の深まりを感じますなぁ~

TVで見たんですが「ハロウィンの南瓜を柿で!」とPRしてるらしいです。
いいじゃないかぁ~!(孤独のグルメっぽく…)

ハロウィンが日本に定着しつつ…というか、もう既に定着してる感がありますが、ど~せやるならアメリカの真似ばかりせず、柿農家に潤って頂くために柿を使うって日本っぽくてイイかもねですねぇ~!僕には仮装して騒いでるだけのようにしか見えない祭り(なんか、何をやってるかよく分からないけど人だけは集まる、博多どんたくみたいな祭りだなぁ~)ですが、ある意味「神事や祭りは神様に楽しんでいただく為のロックフェスのようなもの…」だそうな。

なるほどぉ~!神様と人のコミュニケーションツールの1つなのね!

あっ!まだ今年は柿を食べてないゎ!カリカリの柿も好きだし、ドロ~とした熟し柿を少し凍らせてシャーベット状にして食べるのもいいし、甘さが少ない柿はミキサーで牛乳と練乳を入れて攪拌すれば柿ジュースの出来上がり!干し柿もいいよなぁ~!…やっぱ、食欲の秋だなぁ~。

どっちが傲慢?

bob2

昨日、ネットニュースで『ノーベル賞受賞に無反応のボブ・ディランは“無礼で傲慢”?』というタイトルのニュースを見ました。なんでも、あるアカデミーの会員が「受賞後に何のコメントもせず沈黙を貫いているディランについて「失礼かつ傲慢だ」と話している…」…とか。

「もらって喜ぶのが当然だ!」と思ってるアカデミーの会員の方が傲慢なんじゃないかい?…と思う僕って変ですかね?貰うのも自由、拒否するのも自由なんだから「無礼で傲慢…」って言ってる人の方が、ちょっとねぇ~…なんだか上から目線?

「ノーベル文学賞にボブ・ディランは変だ!」「歌にノーベル賞はねぇ~??」…と受賞後に色々な意見が飛び交ってましたが、「文学」っていったい何だ?と素朴な疑問を感じたもので、手っ取り早くWikipedia で「文学」と調べてみたら、なんでも「文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。」…との事。言語表現による芸術作品という事ならば歌詞でも歌でも当てはまるのではないかい?

…という事は俳句でもいいんじゃない?ダラダラ長い小説より(表現が適切ではありませんが…(笑))限られた文字数で、読む人の想像力をかき立てる俳句も言語表現による芸術作品だよねぇ~。

なんて話はそれちゃってますが、ボブ・ディラン…どうするんだろうな?個人的には授賞式に出席して欲しいけど、蛙跳びはして欲しくないかも…(苦笑)

鳥取の地震…

kura2kura

熊本は18歳から28歳までの10年間お世話になった土地なんですが今年の4月に地震があり、今度は故郷の鳥取で地震って…、言葉になりません。日本は地震大国と言われていて、どこで地震が起きてもおかしくは無い事は認識してはいるものの、何とも言いがたい感じがします。実家は鳥取市内なので両親には連絡が取れて、里帰りしてる際によく会う友人にも連絡を入れたら「よく揺れたけど部屋の片付けをしなければいけない程度だ!」との事、鳥取の東部の方は震度5ではあるけれど、ニュースなどを聞くと、さほど大きな被害は今の所なさそうですね…。今回、震源となった倉吉は僕が通った高校がある街で3年間お世話になった所なんですが、今はもう連絡を取り合っている同級生もいないのでTVのニュースでしか状況はわかりません。倉吉市は鳥取市に比べて昔から震災被害がない土地だったので、昔ながらの町並みが健在で良い雰囲気をかもし出している場所ではあったんだけれども、今回の地震で少し風景が変わってしまうのかな?熊本の事例もあるので、今後の余震?本震?が無い事を祈るばかりです。

チョコっと想うところあって…

balance

最近、チョコっと想うところあって、自分で自分を解析してみたんですよぉ~。多分、僕自身「あれやっちゃいけない!」「これやっちゃいけない!」って言われると異様に反発心が芽生えちゃうんですよぉ~(素直じゃないのかねぇ~…(苦笑))

自由を奪われると、とても窮屈で嫌な気分になる…。でも社会生活を営む上では我慢する事も重要だという事は重々承知してますが、人の意見に流されてばかりでは何も変わりはしないしね…。その辺のバランス感覚が重要なんでしょうねぇ~。

以前にブログで「自由って?」…というお題で書きましたが、やはり自由って心の広さ、もしくは相手の話を受け入れる事が出来る許容範囲の広さに比例して獲得出来るものだと思うんですよねぇ~。自由度が低いというか…、自由じゃ無い人ほど「あれやっちゃいけない!」「これやっちゃいけない!」…っていう感じで相手を枠にはめたがる傾向にあるんじゃないかな?相手の自由を奪う事で自分と同じか、もしくは自分より狭い自由しか与えず、精神的に縛り付けちゃう。

まぁ~よく昔から「足を引っ張る…」とか…、「出る杭は打たれる…」と言いますが、嫉妬とか嫉みなどもその部類だと思うんですよねぇ~。もしかしたら自分の自由度を広げる努力もせずに無意識に相手の自由を奪ったり、縛りつけたりしちゃってる人って多いんじゃないかな?僕も気をつけないといけないなぁ~。

そうそう…なんかちょっと肌に合わなくなってきたのでFacebookを辞める事にしました。(Facebookのアカウントは11/3に削除されるみたいです)Facebookでしか連絡が取れなかった皆さん、連絡取りたい場合はお手数ですが、電話もしくはメールで御連絡下さいね!

Switch インタビュー達人達

taka

最近、再放送ばかりしているイメージだったんですが、再放送とそうじゃない本放送をごちゃ混ぜで放送してるみたいですね…紛らわしいわぁ~!おかげで見損ねる所でした。昨日の深夜、”ねほりんぱほりん”って番組を見ながら、ウツラウツラしてたら番組が変わって「Switch インタビュー達人達 枝元なほみ × 高野秀行」の再放送をやってたので目がパチクリ!面白かったぁ~。
まだ高野さんの本…2冊しか読んでないけど、この人面白いわぁ~!今度はどの本を読もうかな…。

釜爺

kama

最近…2回ほど…家の中で「千と千尋の神隠し」に出てくる釜爺のような足が長い蜘蛛に遭遇しました。小さい家蜘蛛(攻殻機動隊のタチコマみたいな蜘蛛)はよく見かけるので、見つけると綿棒が入っていた透明のプラッスチックの空き容器を使って、外に逃がしてやるんですが、釜爺(足の長い蜘蛛)は身体の大きさに似合わず、すばしっこい事、この上ない…。

ネットで調べてみると「足長蜘蛛」という種類らしく、とても臆病で体が大きい割りにすばしっこく、巣を張らないのが特徴だとか…。ゴキブリなど小さな虫を餌にしているらしいので人間にとっては益虫なのかもしれません。すばしっこいから捕まえるのも難しいし、僕的には巣を張らないんだったらいてもいいかな…とも思うんですが、サササッって動いてるのを感じたら「何?」って思っちゃいますよねぇ~。彼らも臆病らしいので出来るだけ人の目に付かない所で生活するだろうし、共存できればいいなぁ~と考えております。

新米の季節になりました。

kome

この時期、新米が食べれるので嬉しい限りなんですが、最近、僕の中で「んっ?」って疑問を呈したくなる事の1つに「店が繁盛し始めると米の質を下げる問題」があるのですよ!この場合の「店」=「食堂」なんですが、オープン当初はオカズもご飯(白米)も美味しく「良い店見~つけた!」と思い、通い始めると、やはり「あの店は美味しい!」という噂が広まるのか、自然と行列が出来るくらいの繁盛店となっていくわけですが、もっと利潤を上げようという思いからか、ある時期からお米の質を落としちゃう店があるんですよねぇ~。今の所、名前を挙げられるのは3つの食堂かな…。最初は「あれ?忙しいから米の炊き具合を間違えてしまったのかな?」ってスルーするんですが、3回かよって、同じような米を出された日にゃ~「てめぇ~やりやがったなぁ~」って感じになっちゃう…。まだホット○ットの弁当の方が美味しいお米を提供してるよ!(正直言って、ホット○ットのお米は上手に炊いてあって美味しいと思います。)
いつだったかTV番組でマツコ・デラックスさんが「定食を提供している食堂が、主食のお米をおざなりにしてど~するよぉ~!」と言ってましたが、全くもってその通り!

まぁ~そんな事はさておいて…新米の美味しい季節…。食べ過ぎに注意しつつ、季節の恵みを頂けるありがたさを噛みしめたいと思いまする。(しかし…このところ…野菜の値段…バカ高いですねぇ~)