【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

05月

キーホルダー

机の引き出しの整理をしていたらchaboさんのキーホルダーが出てきました。
いつ買ったのかな?
チャボさんのライブの時だろうか?麗蘭のライヴを見に行った時だろうか?
何だか…傷つくのが嫌で、使わずにずっとしまったままだったんですが、やっぱりまだ使う気になれないので、また引き出しの中に…(苦笑)また数年後に引き出しの掃除をした時に発見して懐かしがるんだろうなぁ…。

 

こりゃ~肝に銘じておかにゃぁ~ならん言葉ですなぁ~。

色々なサイトをみておりましたら、ある言葉が紹介されておりました。

『才能がなくなると、形式が始まる』

ドイツの印象派の画家さんの言葉らしいんですが、これは…誰でも陥りやすいと言えば…陥りやすい落とし穴のようなもので…。よく職人さんや、物作りに関わる人、はたまた学者さんなど…一流と呼ばれている人達が「これで良い…と思ったら終わりだ!」という事を言われますが、新しいモノを発見、発明する時や…今よりももっとイイものを目指そうとする人達は、必ず一つの目標に向かって、どうしたら思い描いてるモノに近づけるかを試行錯誤しながら、一つの型を作り上げていくんですよね!で…、その時点では完成型だと思われていても、才能がある人であれば必ずと言っていいほど、自分の作り上げた型をぶち壊してでも更なる進化を遂げるために新しい型を作り上げるものなんですよねぇ~。

このことを考えると「形式を重んじる=才能が無くなっている事を認めている」という図式が成立するとおもうんですよ。一歩でも先に進みたいのであれば物事に囚われた考え方をしてしまうと駄目だという事なんでしょうねぇ~。そんでもって、もう「もう先に進むのは諦めた…」という人達は形式を守っていればいいんじゃないでしょうかねぇ~。

僕自身、鍼灸に関しては、まだ形式に縛られてるつもりはありませんが、いつか形式を重んじるようになる時がくるのだろうか??先の事はよくわかりませんけど、肝に銘じておかなきゃな…と思う言葉でありました。

またまた補瀉について…のたまいける。

【口訣】というワードで検索していたら、日本東洋医学雑誌に掲載されていた講演の文章に出くわしたんですが、『傷寒約治』の文章が紹介されていて “高価な薬を用いる害について” …について書かれてました。『傷寒約治』という本…、傷寒論に関係している本だとは思うんですが、『傷寒約治』で検索をかけると香月牛山という名前が出てくる。…たしか、香月牛山って九州の人でしたよね?

『近頃の治療がヘタな医者の多くは補に偏するなり…~…傷寒の危証を見ては虚実の辨もなく大量の独参湯を用い…~…ただ病人をして、しきりに人参を服せしむ故に邪気を補住して、熱洩れること能わず。多くは死に至る。~…そのなか100人にして1人も脾胃強く天気盛んなる者、自然と熱尽きて癒ゆる類あれば、それを証拠にしておのが術をてらい能をつのる。またかくの如し…~…人参びたしにしても死する者はかほどに大なる補ひ薬を用いても、その補及ばざれば術無しとして、己の術のつたなきを人参にて飾る。』

なるほどな…。この文章を読んでると瀉法を嫌ってた人達の事を思い出すなぁ~。

補と瀉…。補わなければいけない時には補わなければいけないし、害があるものは排除(瀉)しなければいけないというのが道理だと思うんだけど、鍼灸の世界では一部の学会?学派?の人達が一時期、瀉法を親の仇のように忌み嫌っている光景を目にした覚えがありますが、今でもそうなのかな?あれは何でなんでしょうかねぇ~?多分…「補う事は良いことだぁ~♪」という旗の下…思考停止しちゃってるから、あんなふうになるんだろうなぁ~。

雑草取りをしながら…我想う…

イワダレソウの小さな花が咲き始めました。

グランドカバーとしてイワダレソウを育ててるんですが、以前に比べて雑草取りも楽になり、去年みたいに目くじら立てて雑草取りをしなくてよくなりました。…が…、やっぱり雑草は生えてくる。

「雑草という名の草は無いんですよ。どの草にも名前はあるんです。」と昭和天皇が言われていたとか…。

草取りをしていて思うんですが、いくらグランドカバーとしてイワダレソウを育てても俗に言う雑草と呼ばれるペンペン草やスギナは必ず生えてくる。ホント!雑草ってたくましいですよねぇ~。スギナなんか根を50cmくらい深く伸ばすらしいんですよ…。ニョキって生えてるヤツを取っても根が生きてるから必ず生えてくるんですよねぇ~。実は雑草扱いされるスギナやナズナは土づくりの主役で、光合成を促進させるケイ酸カルシウムを作り出しているって話も聞きますし、もしも全部雑草を取りきれたとしても、それは土壌の貧弱化につながるという事なんでしょう。

植物を育てていて土壌って凄く大事だなぁ~って感じます。実際、草取りしていて「雑草を全部取るなんて無理!」って思いますし、やはり多種多様なモノがいてこそ良い土壌が生まれるし、良い環境で育つ事が出来るんだよなぁ~。人もまた然りで…多種多様な人がいてこそ強く成長できるんだよなぁ~…などと雑草取りをしながら色々な事に想いをめぐらすのでありました。

プリンタと通信出来ません…

急にプリンターが言う事を聞いてくれなくなり…動かなくなっちゃったぁ~

「うゎ~また壊れた…。」この5年間で2回壊れて、修理するより買い換えた方が安い状況だったので買い換えるハメになったんだよなぁ~…。プリンターってランニングコストも高いし、すぐ壊れちゃう…もういい加減にしてくれないかなぁ~…と溜め息を一つついた後、慣れっこになっている事もあり、とりあえず故障の原因を探る事にしたんですよ…。ドライバーかぁ?それともプリンター本体か?…メッセージとしては「プリンタと通信出来ません」というものだからドライバーかな?…

セオリ通り、パソコンの再起動してみたり…、プリンターの電源を入れたり切ったりしてみたり…ドライバーのみを再インストールしても相変わらず「プリンタと通信出来ません」のメッセージは消えず…、プリンターの不具合なのか?ケーブルの不具合なのか?PCの不具合なのか?よ~わからん。

あっ!そうだ!古いノートパソコンがあるから、それにつないでみてプリンターが動かなかったらプリンターかケーブルが原因てことだよなぁ~…と古いノートパソコンを引っ張り出して試してみると、「ウィ~ン!」…快調に動くじゃあぁ~りませんか!…という事はパソコンの方が不具合起こしてるのねん!

何で?PCのセッティングとか何もいじってないのに…。あっ!そう言えば昨日、新しいバージョンのAdobe Flash Playerをダウンロードしたけど、それが原因????よくわからんが、とりあえずドライバーのみではなく、なんやらかんやらまとめてセットアップしてくれる《まとめてインストーラー》を使って再インストールしたら、インストールに時間がかかる事!かかる事!(ホント…時間の無駄…)

ドライバーを入れ替えたら、とりあえず動くようにはなりましたが、普段、普通に使えていたものが急に使えなくなるのってメッチャ気になるし、不便を感じちゃいますよねぇ~。「便利は不便…」って、よく言ったもんだよなぁ~。まぁ~今回は余計な出費をせずにすんでよかった!よかった!

名前 …覚えていてくれた…

先日、大山の事をブログに書いて、なんか里心がついちゃったのか?…昔の事を思い出すことが多くなってきたので、チョコッと思い出話を…

以前、里帰りした際にプラプラと街を歩いておりましたら、僕が小・中学生の時にサッカーを教えてくれていたオサカさんの文具店の前を通りかかったので「元気にされているかな?」…と思い、店に入ってみると少し間があって「おぉ~福田かぁ~、ゴメンゴメン!最初は誰か分からんかった…(笑)」と笑顔で迎えてくれれました。お土産とか持って来てなかったから、取りあえずいつも使ってるペンを数本買い、数分立ち話をしたんですが…サッカーを教えてもらっていたのって40年くらい前なんですが、「おぉ~福田かぁ~」っていうあの一言…嬉しかったッス!…覚えていてくれるもんなのね!

何で今頃…

マダニ…蜘蛛…蚊…の次は、アニサキスですかぁ~
「注意喚起」というお題目でTVの情報番組などで取り上げるのもいいんだけれど…昔からアニサキスによる中毒はありましたし…「何で今頃?…ネタが尽きたか?」って感じが否めませんなぁ~。

風評被害で漁師さんや魚屋さん達も大変だろうなぁ~。刺身という生食の文化を自ら封印する風潮…なんか、有りもしない事を勘ぐってしまいそうになるので、満開に咲いているアマリリスでも眺めて心落ち着かせることにいたしやす。来年あたりは鉢を大きいのに変えてやらないと可愛そうかも…。

青春???

先日、持ち帰り専用の焼き鳥屋さんに行った時にレジ横の壁に「一生勉強!一生青春!」という書が額縁に入れて飾ってあったんですよねぇ~。「焼き鳥が焼き上がるまで10分少々お待ち下さ~い!」と店員さんに言われたので、側のベンチに座って…「一生勉強!一生青春!かぁ~」…とボケェ~と夜空を眺めながら、頭の中で…「一生勉強…確かに、何事に於いても勉強することは必要だよなぁ~」と呟いておりました。

ん?…「一生勉強!」は何となく理解出来るが、「一生青春…」とは何ぞや???

青春って何?…【青春=若い】…という事であるならば、一生、若くいられる訳は無いし、本当に若い人達……青春時代まっただ中の人は「青春」なんて言葉を口にしないし「今が青春時代だぁ~!」なんて実感すら持ってないのではないか?…という事は「一生青春…」なんて言っちゃってる時点で、自分を年寄りだと認めている事になるわけだよなぁ~。まぁ~「気持ちを若く持つ…」という事だとは思うんですが…。

そう言えば昔の歌で「青春時代が夢なんて後からほのぼの想うものぉ~♪」って森田公一さんが歌ってたっけ…(苦笑)なんか、この「一生青春…」って言葉はアンチエイジングを声高に謳っている人達同様、自分の事を客観視出来ていない感じがするな…。などと…へそ曲がりの僕は思ってしまうんだなぁ~…と考えていたら「番号札6番でお待ちのお客様ぁ~」と焼き鳥が焼き上がったので焼き鳥を片手に吉田拓郎さんの、♪あゝ青春♪を口ずさみながら家路につくのでありました。 1つ一人じゃ寂しすぎる~♪ 二人じゃ息さえも詰まる部屋ぁ~♪

西新のタイ料理屋さん

先日、行った坦々麺のお店の2つ隣?3つ隣?にあるタイ料理屋さん。
西新にこんな本格的なタイ料理を食べさせてくれる店があったなんて…
店内は結構、常連さん(酒場放浪記で言う“御常連さん”…(笑))っぽいお客さんで満席状態でしたが、運良く入れて3品食べたんですが、ここは良いわぁ~~!アロイ!アロイ!

tomo fujita さん

昼休憩にネットで福岡のライヴ情報を検索していたら、なんと!中州のS.O.Raというライヴハウスで、トモ藤田さんのライヴがある事を知り、仕事終わりで急いで中洲川端へ!

別に知り合いじゃないんですが、トモ藤田さんの『演奏能力開発エクササイズ』っていう教則DVDでギターを練習していた時期があり、僕が勝手に「師匠!」と思っているだけなんですけど、福岡でトモさんのギターが聴けるなら行かねばなるまい!…とライヴハウスへいて参じました。

原田喧太さんのバンド、KATAMALIとのコラボな感じでのライヴだったんですが初めて聴くトモさんのギターは何だか懐かしくもあり、凄く親近感が湧くフレーズの連続でした。確かトモさんって僕と同い年じゃなかったかな?…多分、若い頃、同じような曲を聴いて育ったからなのかも知れませんが、ギターのフレーズや音色を聴いていて凄く心地よかったです。あそこまでとはいかないまでも…あんな感じでギターが弾けたら気持ちいいだろうなぁ~。

※あっ!ライヴ終わりに原田喧太さんのエフェクターボードを覗いたんですが、光勢さんが作ったBoosterがしっかりマウントされてましたよ!