【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

06月

金八先生じゃないけれど…“人として”ど~なのよ?

朝、TVを見ていたら「格安航空会社が車イスの客にタラップを這い上がらせる…」というニュースをやってたんですが、報道されている内容だけで判断すれば、現場の人が思考停止しているなって感じるんですよねぇ~。

会社の規則…社会の規則…規則は色々あるでしょうが、このニュースの場合、転落の恐れがあるからとはいえ、タラップを這い上がらせるって…人としてどうなの?って誰も思わなかったんだろうか?規則を破ったら、あとで誰かから告げ口されて会社からの評価が下がると思ったのかな?事故があった場合、訴えられたら大変だ…と思ったんでしょうか?でも、その結果が “タラップを這い上がらせる” という屈辱的な行動を強いるって…やっぱり変だよね。まぁ~思考停止するような社員教育をしている…その程度の会社…と思われても仕方ないだろうなぁ~。

常々思ってるんですが、このニュースに限らず、どんな場面でも一番怖い事って権限を持ってる人間が思考停止してる事だと思うんですよ。思考停止しちゃうと規則を遵守する事だけを良しとして、例外は認めないという考えになってしまう。…これって一番怖いですね。

「臨機応変」っていう言葉が頭から消えちゃうんでしょうねぇ~。

人が集まって何かをする時…、政治だったり、会社だったり、…学会だったりネ!(苦笑)時々見かけますもんね!…思考停止している人。

ヤマボウシに花が咲きました。

今朝の福岡は朝からシトシト雨でドヨヨ~ンな感じです。

鉢植えにして3年目で初めて花が咲きました!大きくなれば夏は葉っぱで木陰が出来て、冬は葉が落ちるので太陽の日差しを楽しめるというヤマボウシ。大きく育って欲しいものです。

野球は九回ツーアウトから…

もっぱらプロ野球はTV観戦なんですが、先日の日曜日に久しぶりに福岡ドームに行ったんですゎ!
球場で野球を見るのって2年に1度か3年に1度くらいで、だいたいクジ引きでチケットが当たったり、「チケットあるんだけど…」と譲っていただいたりした時しか行ってないんですよね…。今回も御多分に漏れず、頂き物のチケットで行ったんですが、やっぱり球場で見るとTVでは感じれない迫力がいいですねぇ~。しかも逆転サヨナラホームランときたもんだ!

昔から「野球は九回ツーアウトから」と言いますが、そのものズバリ!の試合でしたもんねぇ~。しかも打ったのは福田選手!同じ福田として誇らしい気持ちになったりして…(苦笑)隣の席の人達は8回頃に「今日はもうダメやな…」と言って帰られていたけど惜しい事しましたねぇ~。

勝負事は「九回ツーアウトから…」だという事…肝に銘じておきたいと思いまする。

Blue Giant Supreme

遅ればせながら『Blue Giant Supreme』を購入。
大ちゃん~~~~!海外かぁ~~~!
これからの展開…どうなるんだろうなぁ~。楽しみぃ~♪

枯れ木に花を~♪

冬に葉が全部落ちてしまったカレーリーフの木。う~ん…枯れちゃったかな…と思いつつ、水やったり、肥料やったりしていたら、根元のチョット横から枝と葉っぱの赤ちゃんがニョキニョキっと生えてきました。ラッキー♪

ユーザー無視?会社の都合?

デジカメから画像をWiFiでデータを送ることが出来るSDカードを使っていたんですが、先日まで普通に使えていたのに、昨日、データをPCに送ろうとしたらいつも使ってるアプリ?ソフト?がPC上から消えてるではあ~りませんか!
eyefiと言うメーカーのSDカードを使っていたんですが、ネットで調べてみると一方的にサービスを終了したらしい…。使用上の不具合など無く、普通に使えていたモノなのに、まったくユーザー無視な対応に呆れちゃいますなぁ~。

WiFiは使えなくてもSDカードとしてなら使えるか…。とも思ったんですが、WiFiの機能が邪魔しているからなのか?SDカードをPCに突っ込んでもPCがフリーズしちゃって使い物にならん!会社の都合か何か知らんがユーザーをなんだと思ってるのかな?もうこのメーカーの商品を使う事はないだろうな…

今日の福岡はジメジメ…ドヨ~ンな天気なので気分転換に先日、音楽好きなKさんが貸してくれたRico Rodriguez のCDでも聴いてレゲエのリズムで、この嫌~な気分を吹っ飛ばして過ごそうと思いまする。しかし…なんですなぁ~…トロンボーンの音っていいよなぁ~♪

弁証論治=考える事

先週の日曜日、鍼灸学校の校友会(卒業生を対象とした講習会)で李世珍さんのお孫さんの李揚さんの講演を聞いたんですが、中医学(中国医学じゃなくて中医学ね!…)って広める事を前提に作り上げられているから、理屈とスジは通っていることが多いなぁ~と感じる反面、臨床上「それだけでは解決出来ない事の方が多いんだけどな…」…と正論を説く中医学に対して牙城を崩したくなる性分の僕…(苦笑)

でも、互いに相手の悪い所を言い合っていてもラチがあかないので、ここは互いに改善策を出し合うことで前に進んだ方が良いと思うんですよね!僕からの提案なんですが学生さん達に弁証論治を教える時、教え方を変えた方がいいんじゃないでしょうかね?

弁証論治って僕らの世代は学生時代から教わってますが、イメージ的には…例えとして(肝風内動)とか(肺気上逆)とか…四文字熟語探しのイメージが強いので多分、習っていても運用しずらいと言うのが本音じゃないかと思うんですよね!

でも僕らは結局の所、患者さんと向き合う時、症状を聞いたり、身体の状態を探ったりして、なぜこの症状が出ているのかを考えてるはずなんですよね。で…色々と知識や経験を踏まえた上で治療ポイントを決めて鍼やお灸をする。これって結局は自分なりの弁証論治をしているという事なんですよね。本や教科書に、あたかもコレが正解です!と言わんばかりに四文字熟語が書かれてますが、なにも本に書いてあるだけが正解ではないと思うんです。ただ「知識や経験が浅い人は情報量が少ないので、症状を治す事が出来ないかもしれないから色々と勉強しましょう!」…でいいと思うんですよ。

「弁証論治=中医学」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、日本の後世方派の元祖である曲直道三も「察証弁治」という治療システムをとりいれてますし、この際だから中医学だの和方だのの壁を取っ払って「弁証論治っていうのは治療の行程を考える事なんだ…」という事で、学生さん達に教えた方が分かりやすいと思うんですよねぇ~。

なんか「弁証論治」って言葉…肩苦しくって…敬遠しちゃうんですよねぇ~。

まじめな事を書いたら、疲れたから…風呂に入りたくなってきたぁ~。
温泉に入りたいなぁ~~ばばんばばんばんばん~♪

ヌリカベとバジルと…

先週の日曜日、熊本から大学時代の先輩ご夫婦が福岡に来られたので、懐かしい話にも花が咲いてチョット深酒…♪ 地震の被害の事や、被害に遭った家が今、建て直されている事などなど…熊本はまだまだ大変そうなんですが、お元気そうでなによりでした。

その日は、午後から講習会+飲み会+飲み会のケジュールだったんですが…、楽しかったんだけど、やっぱ!ちょっとハードだったかな…。
翌日は身体をリセットするために太陽の日差しの下…バジルの収穫!

ホイル焼きに入れてもよし!ジェノベソースを作るもよし!

バジル万歳!!!

花に嵐のたとえもあるさ…

18年前、鍼灸の専門学校に入る時に面接があり、その時の面接官が高山先生でした。
「あなたは何歳なの?…34歳ですかぁ~…彼女はいるの?…結婚はしないの?」と鹿児島弁で笑みを浮かべながら話されるトーンに緊張していた心も和み、面接というより雑談した感じだったのを思い出します。

授業では主に実技を教えていただいたんですが、一年生の時の一番最初の授業だったかな?60人全員に「お灸ってこんな感じだよ~!」と直接灸を曲池穴にしてくれて「これくらいのスピードで出来なきゃ駄目だよ!」って言われてたっけな…。

卒業してからも友人数人で鹿児島の高山先生に会いに行こうと車で行った事があるんですが、手ぐすね引いて待っていた高山先生は分刻みのスケジュールで鹿児島を案内してくれたっけ…。

5~6年前に一度、同級生で集まれる人達だけで飲み会があった時に、ちょうど福岡に来られていた高山先生も参加されて、お酒が飲めないにも関わらずニコニコしながら、専門学校1年生の時、高山先生の授業で書かされた「どんな鍼灸師になりたいか」というタイトルの作文をみんなに配って「当時の想いに近づけてますか?」って…。ちょっとしたタイムカプセルでしたねぇ~。

そのあと1度、同じような飲み会でお会いして話をしたのが最後だったなぁ…。

先週、高山先生が亡くなったという訃報が届き、なんとも言えない感じですが、僕は思い出す事が供養だと思ってますので、また同級生で集まった時に高山先生の話で「あんな事もあった!こんな事もあった!」と盛り上がりたいと思います。

黄蓮

写真の整理をしていたら、前回、里帰りをした際に行った大山で、自生していた生薬の黄蓮の写真が出てきました。