【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

12日

“気”は自分で作るもの…

赤い闘魂タオル?マフラー?を首にかけ「元気ですかぁ~!元気があればなんでも出来る!」…って、アントニオ猪木がTVの中で言ってたよなぁ~。

チョット前に「気を病むと書いて “病気” と読む…」って話をブログに書きましたが、先日、ラジオを聞いていたら「元気とか勇気とか覇気とか…全て”気”が関係しているでしょ!?……”気”っていうモノは自分で作り出すものなんですよ!」っていう話を聞いて、今更ながら…「なるほどなぁ~」…と頷いてしまいました。

なんか”気”とか、目に見えないものに対しては賛否両論あり、唯物論的なモノの見方をする人は訝しがったりするんですが、「”気”っていうモノは自分で作り出すものなんです…」という言葉を聞くと、気を消耗させるも…増やすも…鍛えるも自分次第で如何様にも出来るもののように思えるんです。結局のところ何でもそうですが「気が付くか…気が付かないか…」だと思うんですよね。

” 気” は自分で作り出す…。

ならば、どう作ればいいのか?

…って考えると、思いつくのはマインドの転換。…思考を変える。…という事が、”気” を作り出す事なんじゃないかなって思うんです。な~んも…滝に打たれたり、厳しい修行をしたり…、値段の高い数珠を買わなくてもね…(苦笑)”気” は作り出せると思うんです。ただ大勢、人がいる中で、滝に打たれたり、厳しい修行をしないとマインドの転換が出来ない人もいらっしゃる…っていう事だと思うんですよ。

姿勢を直すというのも”気”を養う事の一環でしょうし、体にいい食事を摂るのも”気”を作る事につながると思います。…よく寝る事もそうですよねぇ~。そう考えると、鍼灸で日々の疲れを取り、東洋医学的な思考で生活する事は、自分で気を作る事に一番適していると思うんですよねぇ。