はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


08日

なるほどなぁ~

先日、とんねるずの貴さんとミッツさんが出ているTV番組に、江夏豊さんがゲスト出演されていて「おぉ~!江夏だぁ~~!」って感じで見てたんですが、江夏さんがボソッと「技術は上からの者(格上の人)が見ると、この人は何をしたいのかが手に取るようにわかるけど、下の者(格下の人)が見ても何をやってるかわからない?何をやろうとしているのかが分からない。」…っていうような話をされてまして、なるほどなぁ~…と思った次第です。

確かになぁ~…、鍼灸治療の解釈の仕方も、学生の頃と今では全く違うもんなぁ~。

技術の伝承はとても大事な事ではあるんだけど、”教えてもらう” という受け身の姿勢以上に、”知りたい” という攻めの姿勢が重要な気がします。