【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

02日

賞状とか…免状とか…

もともと、あまり賞状やら免状やらをひけらかすような行為には、首をかしげる天邪鬼のような性格なので、壁一面に賞状を飾っている人や、トロフィーやら表彰楯に囲まれてニコニコしている人の写真を見ると 「あ~この人…過去の栄光にしがみつきたいタイプなのね…」 なんて思ってるんですが、先日、嫁さんが福岡県だよりの11月号を読んでいた時に、こんな記事が載ってるよ!と一言…。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうを受ける皆さまへ

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうを仕事として行うには、国家資格が必要です。しかし、現在国家資格を持たない人による手技療法などのさまざまなサービスが提供されています。施術者が、国家資格保有者であることは「厚生労働大臣免許保有証」、法律に基づいた届け出のある施術所であるかは「施術所開設届出済証明書」で確認できます。有資格者による施術を受けましょう。

「こんな記事が福岡県だよりに載ってるって事は、無免許で治療してる人が多いって事だよね!ウチは鍼灸の免許証なんて飾ってないでしょ!賞状とか免状とかを飾るタイプじゃないのは知ってるけど、鍼灸の免許証くらいは、ちゃんと待合室に飾っておいた方がいいよ!」…と仰る。

そんなもんかなぁ~…と思いつつ、嫁さんに対しては従順な僕は…(苦笑)翌日、待合室に鍼師きゅう師の免許証の額を壁に貼り付けるのでありました。