【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

04日

映画『エリック・クラプトンー12小節の人生ー』

ここ数枚の彼のアルバムは、どれを聴いても何か物足りなさを感じてしまって「ちょっとつまらんなぁ~」って思うことが多いんだけど、ファンとしては見とかなきゃね!…と思い、先日、映画『エリック・クラプトンー12小節の人生ー』を観に行ってきました。

彼の生い立ちや恋愛遍歴や音楽履歴は本を読んである程度は知っていたんですが、この映画を見て確信を得た感じです。

クラプトンは”ギターの神様”みたいに祭り上げられてますが、人間的にはダメダメ人間なんですね!(苦笑)ダメダメ人間なんだけれどもキメる時にはバッチリきめるし、トータル的に超ラッキーな人でもあり、超アンラッキーな人でもあるんですよねぇ~。

映画の中ではクラプトンがドラッグらしきモノをやってる映像とか、ステージで酔っ払って客を罵倒している姿の映像もあり、今のクラプトンからは想像もつかない姿ですが、僕はダメダメ人間なんだけれども、そこも含めて…キメるところはバッチリきめるエリッククラプトンが好きなんだなって映画を見終わった後に思った次第です。

今は娘達と幸せに暮らしている映像などが後半にありましたが、クラプトンも色々あったけど今は幸せをつかめて良かったねぇ~って思うと同時に「あぁ~こんなに幸せな時間を過ごしているから、ここ最近の彼のアルバムは刺々しさが感じられないのね!」と納得できました。

しかし映画の最後に出てくるB.B.kingの遺言はカッコ良かったなぁ~。それと…ジンジャー・ベイカーは警察にコネがあったから家宅捜査が無かったっていうコメント…笑えた!(笑)