はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


06日

あれ?間違ってたんだ…

先日、里帰りしたときに、いつもの同級生メンバーでBarに行き、美味しいお酒を飲んでおりましたら、友人が珍しいリキュールを飲んでいたので、Barのマスターに、何のお酒か聞いた所、色々と蘊蓄を教えてくれて…最後に「ちょっと苦味が強いんですけどね…」と仰る。

どれ!…と、一口飲ましてもらったんだけども、全く苦味を感じないんです。「あれ?」と思い、もう一口飲んだんですが、全く苦味を感じず、逆に美味しい…。これは歳を取ったから味覚が麻痺してしまっているのか?…それとも苦味を旨みと認識できる、大らかな?味覚の持ち主なのか?…定かではありませんが、その時、『味覚地図』の話になり「確か…苦味って舌の奥で感じるんだったよね?」「そうそう!甘味が舌先で、横が酸味で、斜め前が塩味だったよね…」と、中学生?高校生?の頃に習った記憶を引っ張り出して、あ~だ!こ~だ!と話しておりました。

で…、先日、ある本を読んでおりましたら、この味覚地図…、現在では否定されている論調らしいんですゎ!

なんでも、この味覚地図は100年前の論文が基準となって、ず~と信じられていた事なんだそうですが、実際は舌の部位で味を感じるのではなくて、舌に存在する味蕾が五つの味を感じて脳で認識しているという事なんだそうですね!(いわれてみれば…そうだよな…)現在、学校では、この味覚地図は教えていなくて、40才以上の人が味覚地図を信じている節があるとのこと…(苦笑)
そうだったのかぁ~。知らんかったぁ~。

おまけ…(以前、五味に関してブログに書いたもの…)
辛味の効能 http://harifuku.com/?p=12391