はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


12日

ほどほどに極める

禅問答のようですが…「ほどほど…」と「極める」って相反する言葉のように思えますが、「ほどほどに極める」事が一番重要なポイントのような気がします。「ほどほど…」って聞くと、適当とか、いい加減な…という感じで受け取られそうですし、「極める…」って、良い事というか、素晴らしい事…というような感じで受け取られると思うんですよねぇ~。

…でも…長い事、生きてると色々な場面に出くわす事がありますよねぇ~

全てに言える事なんですが、色々なシチュエーションにおいて、物事を極める事も大切ですし、ほどほどに物事をすすめる事も必要な場合があるんですよね!「極める」と「ほどほど」って自律神経の交感神経&副交感神経のようなもので、「極める=アクセル」「ほどほど=ブレーキ」なんですよ!

体調を崩してしまう方々は往々にして、知らず知らずのうちに物事を極めようとしているというか…、頑張ってるつもりじゃないけれど、頑張っちゃって心と体のバランスが崩れちゃってる場合が多いんですよねぇ~。
なので「ほどほどに極める!」って重要なんですよ!

なんか…「ほどほどに極める…」って、ワンピースのアオキジのセリフ…「ダラケきった正義…」にちょっと煮てるかな??(苦笑)