はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


08日

「未病を治す」…コンビニ編

巷ではコンビニの24時間営業が問題になってるみたいですが、何事においても基本的に無理を強いてる場合、必ず歪みは生まれますし、歪みが大きくなれば破綻してしまうのは世の流れです。

24時間営業って、利用者からすれば便利はいいんですが、経営側からすると、もういっぱいいっぱい…。

これって、人の身体が病気になる図式と同じだと思うんですよねぇ~

利用者の声「24時間営業してると便利だし…24時間営業を続けて欲しい…」や、コンビニ団体本部の「短営業を続けると契約解除します…」というのが、人間の身体でいう「気持ち」というか…「心」というか…「やらなければいけない!」とか「頑張らなければ!」という想い…。所謂、メンタルな部分なんですが、このメンタルな部分が強すぎると、身体の疲れや怠さを無視しがちになっちゃって病気になっちゃうんですよね!

現場のコンビニオーナーの訴えは、人に例えると身体が発する痛みや、体調不良の症状なので、大事に至る前に改善すべきなんです。これを放っておくと大病につながる危険性が高くなるのは誰でも理解出来る事だと思います。

東洋医学の一番のセールスポイントとでも言いますか…「未病を治す」という言葉があるんですが、医療の基本は病気を治す事が基本だと思われがちですけど、病気になる前に未然に病を防ぐことが、一番の医療だと思うんですよねぇ~。

間違ってると感じたら、意地を張らずに軌道修正できるような社会や思考が未来へつなぐ架け橋のように思えるんですけどねぇ~。 (( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄)) 無理はいかんよ!無理は…。