はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


17日

“たまむすび” から得た知識

今朝、昨日、書いたブログを読みなおしてビックリ!( ゚д゚ )クワッ!!
文章の締めくくりで「…患者さんも苦笑い…」 と書いたつもりが、「…患者も苦笑い…」 となっていたので、慌てて直しましたが、もう一日過ぎているので、すでに大勢の人の目にさらされている事…間違いなし…。いやぁ~やっちまったなぁ~(汗)

僕が〇〇大臣なら「患者様を患者と呼び捨てにするなど品位の乏しさを感じる!」「患者をバカにしてる!」…辞任だぁ~~~!!!などと野党から糾弾されるんでしょうねぇ~(苦笑)。(実は僕自身、患者さんを “患者様” と呼ぶのはどうかな?…「さん」付けで敬称を付けてるんだから、「様」を付けるほど、へりくだる必要はないと思ってるんですけどね… (^-^;))

話は変わって…

僕はラジオ好きなので、ラジコのタイムフリーで色んな地域のラジオ番組を楽しんでるんですが、先日、月曜日のTBSラジオ『たまむすび』での脇毛の毛量の左右差についての話、面白かったですよぉ~。

「脇毛は性ホルモンが大きく関係していて、同一の個体でも左右、まったく同数の毛穴が存在する事はない…」とか、「人間の体毛は思春期以前に生える無性毛(頭髪・眉毛)と、思春期以降に生える性毛の2種類に分類され、性毛は男性ホルモンの影響を受けるんだけど、身体の右半身の成長に強く作用するらしい…」とか、「男性ホルモンの理論は男性では脳を含む身体の右側が発達しやすく、大学の研究実験で身体の左右差の発達を自己申告してもらうと、男性は右側の睾丸が大きく、女性は左の乳房が大きいという報告があった…」…などなど、大学の農学部でも鍼灸の専門学校でも習わなかった事を “たまむすび” で知る事が出来ました (⌒-⌒)。

男性ホルモンは女性でも分泌されているんですけど、「男性では脳を含む身体の右側が発達しやすい」…という事は、男女の考え方の違いや脳の発達具合に男性ホルモンは凄く影響を与えてるっていう事ですよね!
左脳人間は言語や計算力にたけて、論理的思考で行動し、右脳人間は情報を知識として認識し感性で行動する。…と言われてますが、これって男性ホルモンが関係してたんですねぇ~!男女で意見の違いが生まれるはずだゎ!