はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


05月

あれれれ?

あれれれ?
福岡の今週の週間天気予報は晴ばっかりで、雨なんて文字はなかったと思うんですが、思いっきり雨が降ってますね!
しかも、肌寒いとまではいかないまでも、結構…涼しい…。
梅雨入りの予行演習なのかもしれませんね!

そう言えば、昨日の全仏オープン…面白かったですねぇ~!
大坂なおみの試合…ハラハラドキドキで、最初はギターを弾きながら見てたんですが、なんせ全仏のクレーコートはTVで見ていても、ボールが見づらいし、最後の方は見入っちゃってギターなんか弾いてられない感じで、大坂なおみを応援してました。いやぁ~!勝てて良かった!良かった!…今夜は錦織くん!楽しみです!

やり過ごす術…

NHKのTV番組 『チコちゃんに叱られる』 に出てくるキョエちゃんというカラスがいるんです。
実際のカラスって黒くて大きいので、目の当たりにすると結構な威圧感があって 「ちょっと…怖ぇ~なぁ~」 って感じなんですが、 『チコちゃんに叱られる』 を見始めてから、カラスを見る度に 「あっ!リアルなキョエちゃんがいる!」 と思うと、恐怖心も薄らいでくるんですよねぇ~。

そう言えば高校生の頃に同級生のヨシキ君が「夜に寝る時、目を閉じて寝ようとするんだけど、お化けや幽霊に追いかけられる恐怖感に襲われる時ってあるだろ!そんな時にお化けや幽霊に襲われそうになった瞬間、頭の中でお化けや幽霊を オバケのQ太郎 に変換したら、怖くなくなるよ!」って言ってたっけな…· (^-^;) · オバQ …って、若い人にはサッパリ分からないかもしれないけど…今だったら何に変換したら良いのかな?ピカチュウ?…あぁ…妖怪ウオッチかな?…(苦笑)

物事に正面から向き合い対処していくのも大事ですが、どうしようもないものは、妄想でもなんでもいいので、思考を変換することで対処する…。これもやり過ごす術の一つなのかも知れませんね!

心地良い季候

今朝の福岡は、心地イイ感じの気温ですねぇ~。ピーカン照りでも無く、かといってドンヨリな曇り空でも無く、なんとなく薄い雲に覆われている空ですし…、まぁ~よくよく考えてみれば通常、梅雨前はこんな感じが当たり前なんでしょうね!先週が5月にしては異常な暑さだったぶん、今朝の気候はとても気持ちが良い感じです。

そう言えば…今週末の土曜日は、もう6月なんですね!
うへぇ~!もう少しで半分過ごしてる事になるんですね!
年始めに今年の目標というか「今年は〇〇をしよう!」って決めてたような…決めてなかったような…(苦笑)

1月に決めた今年の目標は忘れてしまいましたが、軌道修正しながら日々を過ごしていこうと思っております。

健康への種まき

種を蒔いても、翌日に花が咲いて実がなるわけでは無い事は誰でも知ってますよね!

種は蒔けども、温度が高すぎたり…低すぎたり…、乾燥しすぎたり…湿り過ぎたりすると、芽が出ないこともありますし、芽が出ても日照不足だったりすると発育が悪かったりするものです。肥料の濃度が濃すぎたりしても発育が悪くなったりしますよねぇ~!

最近、患者さんを治療していて思うんですが……、

鍼灸治療って、健康への種まきをしてるような気がするんですよ!植物の種を蒔いて育てるのって、サポート的に人の手を加えたりするものの、基本的に頼りになるのは “自然の力” ですよね!西洋医学や東洋医学をひっくるめて医学全般に言える事なんですが、特に鍼灸治療は身体の自然治癒力を助けるサポーターのような役割であり、病気が治る為には身体に備わっている自然治癒力が頼りなんですよね!

はりきゅうふくた の敷居を跨がれた方に鍼灸という方法を用いて健康への種まきをする。なかには、すぐ治る症状もあるし、少し治るのに時間がかかる症状もあるんだけれど、患者さんの心に健康への種を蒔く事で、患者さん自身、健康への意識が高まり、いつか健康という花が咲き、健康という実がなると思うんですよね…。

それを信じて、地味な作業ですが、鍼灸治療をする。…種蒔く人って感じです。

VAR判定を取り入れるべきでは?

今日も暑いですねぇ~!
午前中は窓を開けて風通しをよくしてましたが、風鈴が風になびいて良い音を聞かせてくれるんですが、温度計と湿度計を見ると室温は29℃、湿度は「LL」という表示。要するに湿度は計測不能という事らしいんですゎ!

こりゃぁ~たまらん!

窓を開けていると、近所の小学校では運動会らしく、行進曲や“いだてん”のテーマソングが聞こえてきます。
この暑い中…大変だなぁ~。

そう言えば… 昨日の朝乃山と栃ノ心の取り組み…。あのジャッジはヒドイですね!
TVで色々な角度からのVTRが放送されてましたが、どう見ても踵は地に着いてないですよね!ネットのニュースによればカメラでは微妙だという判断で目の前で見ていた審判の目を重視した…との事。

審判長は「目の前で見えた人の意見で判断した」と言ってるらしんですが、脳は嘘をつくって言うことを、この人達は理解してないなと思うんですよね!「俺がルールブックだ!」と言った野球の審判がいたという話を聞いたことがありますが、もうそんな時代じゃ無いですよね!脳は嘘をつくし、人は間違った判断をする事がある事を理解した上で、審判は発言しないと、こういう誤審はまた生まれるでしょうねぇ~。

あの判定は…ないよなぁ~。栃ノ心がかわいそうだよ!

「これくらい大丈夫!」と思うところに生まれる油断

久しぶりに昨日の昼休みに1時間ほどポスティングしたんですが、日頃、鍼灸師は治療室の中で仕事しているので、太陽の日差しからは縁遠い生活を送ってますし、針より重いモノは持った事がない…(^-^;)…(苦笑)

そんな閉ざされた空間で毎日を過ごしているので、晴れた日に、外を歩くのは結構、気持ちが良いんですよねぇ~!でも…やり終えた後、昨日はチョッと今までとは違う感じだったんですよぉ~。

昨日は最高気温が30℃くらいだったらしいんですが、結構、風も吹いていたので気持ち良く1時間で150枚ほどポスティングしたんですが、ポスティングを終えて治療院に戻り、昼御飯を食べ終わった辺りから、なんか、ちょっといつもと違うな…という感覚を感じたんですよね…。

「なんか…メッチャ疲れた…」(o´Д`)=з

まぁ~所謂、疲労なんですけど、普段、太陽の光に当たってない人が、日差し対策で帽子をかぶってはいたものの、1時間、炎天下の中をウロチョロするだけで、こうも疲れるものかぁ~!と思いました。

「年齢もあるのかな…?54歳だから、子供の頃と比べると体力落ちているから…しょうがないか…」…とも思いますが、太陽の日差しって意外と体力を奪うものだと再確認しました。

ニュースでは既に熱中症対策について注意喚起が行われていたりしますが、「これくらい大丈夫!」と思うところに油断が生まれるような気がしますね。

その週の疲れはその週の内に…

今日、福岡は最高気温が30℃になるらしいし、朝の情報番組によると、昨日、熊本の山鹿では最高気温と最低気温の気温差が20℃あったそうな…

夏になっていないのに、既に夏バテしそうな要素を感じる昨今ですが、季節の変わり目なので「体調がど~もパッとしない…。」「疲れが取れない…。」という人…多いんじゃないでしょうか?

僕ら鍼灸師が「そんな時に鍼灸治療を受けたらスッキリしますよぉ~!」と声高に叫んでみても「鍼灸って健康には良さそうだけど、鍼を刺されるのって怖いし…」と言う人も未だに多いし、鍼灸に対して懐疑的な人は「鍼を刺したくらいで健康になるわけないじゃん!」と言う人もチラホラ…

そんな人向けへの例え話として、重い荷物をカバンに詰めてパンパンになったカバンを長時間、持ち歩いてると疲れますよね!?そんな時に重いカバンを置いて少し休んだら体力が回復し、また重いカバンを持って歩けるようになります。鍼灸治療は体のコリを取る事には長けている治療法です。〈身体のコリ=重い荷物〉と考えると分かりやすいと思いますが、鍼灸治療でコリを取る事は、重いカバンを置いて少し休んで体力が回復するのを待つ事と同じなんですよね!

身体の回復力がしっかり機能している世代ならば、重いカバンを置くだけ(鍼灸治療を1回受ける)で体力が回復して、また同じ重いカバンを持ち歩く事が出来ますが、老化…、もしくは若くても様々な理由で体力の回復力が弱い人は重いカバンを置くだけ(鍼灸治療を1回受ける)では、なかなか、同じ重いカバンを持ち歩く事が出来ないので、そんな患者さんには僕ら鍼灸師は体力が回復するまで時間をかけて治療する事を勧めますし、カバンの中身を整理して、出来るだけ必要なものだけを持つようにしてカバンの中身を軽くしませんか?…という提案をするんですが、カバンがパンパンな人って「コレも必要だし…あれも必要なんだよね!」…と、カバンの中身を軽くしようとはしないし、人によっては「プライベートな事には立ち入らないで欲しい」「マインドは変えられたくない…」というような感じで、聞く耳を持たずアドバイスを煙たがる人もいたりします。だいたい、そう言う人は「自分の生活を変えず、早く病気だけを治して欲しい!」という感じなので、鍼灸治療が続かず、強い薬物療法に走ったり…御祓い系に走ったり…(苦笑)…して最終的に医療不信に陥っちゃうんですよねぇ…。

まぁ~こういうのって特殊な例かもしれませんが、時々、そういう患者さんに出くわす事があります。

まずシンプルに物事を考えれば、「辛いなぁ~」と感じたら、重いカバンを置いて、ひと休みし、カバンの中の整理をして背負ってる荷物を軽くする。でも…どうしても背負ってる荷物を軽く出来ない事情がある場合は鍼灸治療で…、理想は「その日の疲れはその日の内に…」ですけど、最低でも「その週の疲れはその週の内に…」で、疲れを取り除き、色々な事をやり過ごす事が出来る程度まで体力を回復させる。これが身体には一番優しい治療法だと思います。

やり過ごして乗り切る件について…

5年前くらいに患者さんから頂いたアマリリスがエライ事になってます。
満開!満開!でも…一つの鉢でこんなに茎が出て咲いてるって事は、鉢の中は球根がギッチギッチで根がギュウギュウなんだろうなぁ~。花が散ったら株分けしてやろうかなって思って、調べたら、株分けは10月~11月がいいらしいそうな…。狭くて窮屈かもしれないけど、しっかり水やりはしてやるから10月まで我慢しておくれ!

先週、暑くなったと思いきや、今週は日が陰ると結構、肌寒かったりと、気温の変化が激しいので体調を崩しやすくなっているせいか、咳をしたり、風邪気味な人も多いみたいですね!「朝、布団から出るのが辛い…」「目は醒めるんだけどなかなか起き出せない…」っていうのも、こういった気温の変化などによる日常の疲れの蓄積で、朝の目覚めが悪かったりするものです。

なんだかスッキリしない!…というような感じで、身体が警告とまではいかないまでも、体調の変化を教えてくれているんですよね!体力がある人ならば、やり過ごして乗り切る事は出来ますが、疲れが蓄積する年齢になると、やり過ごす事も出来なくなるので「疲れが溜まってきてるなぁ~」と感じたら、鍼灸治療で、身体が背負ってるコリを取ってやると、やり過ごして乗り切る事ができますよ!

紫陽花の季節が近づきつつありますね!

玄関先の紫陽花に少しづつ色がつき始めてきました。

昼のニュースで元F1ドライバーのニキ・ラウダの訃報が流れ…
「そうか…亡くなったのか…」とPCでYahooニュースを見ると、大リーグの大谷君が右手にデッドボールを受けたとか…
「折れてなければいいけど…」
そう言えば、日曜に見たボクシングの井上尚弥の試合…凄かったし強かったなぁ~
決勝戦は秋ですよねぇ~楽しみです。

今日は窓から入る風も心地よく、患者さんの予約が入ってない時間を見計らって雑用に追われております。
これくらいの気温が一番過ごしやすいですね!

機械音痴になりつつある件について…

窓の外は雨ぇ~♪ 雨が降ってるぅ~♪
今朝の福岡はこんな感じです。

そう言えば、GW中に治療室のカーテンを洗ったんですが、治療院用の洗濯機は、以前に薬院で治療院をやっていた時から使っている容量小さめの洗濯機なので、カーテンが洗えないため、自宅の洗濯機で洗ったんです。1人暮らしをしていた頃は自分で洗濯してましたが、よくよく考えてみると最近、洗濯は全て嫁さんまかせ…。1人暮らしをしていた頃から24~5年間使っていた洗濯機は2年前に壊れて、洗濯機を買い換えてから、僕は自分の家の洗濯機を使った事が無いことにハタと気が付きました。

むむむ…近頃の洗濯機はボタンが多い!(汗)…設定??どうすれば??

スタートボタンを押せば、すぐに水がジャァ~と出てグルグル洗濯槽が動き出すものだと思い込んでいたんですが、さにあらず…。スタートボタンを押せども反応無く、ちょっとの間、洗濯機と僕の間に沈黙が続き…その沈黙に絶えられなくなった僕は、むやみやたらとパネルのボタンを押して、あとから嫁さんから「ちょうどイイ具合に設定してたのにぃ~」…と叱られる始末。

カーテンの洗濯は無事に終わりましたが、歳を取ると機械音痴になるっていいますけど、僕も御多分に漏れず確実に機械音痴になりつつある事を実感いたしました…(苦笑)