はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


09月

『刺絡の道』

先日、大阪の南先生が福岡に来られた際に「友部先生が刺絡の本を出版されて…」と、教えてくれたので、後日ググってみると今年の6月に『刺絡の道』という本が出版されてたのでアマゾンでポチッと買い…。

一昨日、本が届いたので、少しずつ読んでるんですが、このクオリティーでこの値段…、鍼灸師なら買って、読んで、損はない感じです。さすが現代の三輪東朔…友部先生ならではって感じの本ですね!

この本の著者の友部先生には10年前に月イチペースで半年ほどかけて『薬真途異語』の講義を受けた事があるんですが、自らを三輪東朔の生まれ変わりと言われるだけあって、刺絡治療に対する想いは誰よりも強いなぁ~と感じたのを思い出します。

幸いにも当時の友部先生の講義録を文字お越ししていて、書面として保管しているので、この『刺絡の道』を読み終えたら、付録として載せてある『薬真途異語』を見ながら、10年前の友部先生の講義録を読みなおしてみようと思います。

薬瓶♪花瓶♪

今朝の福岡は晴れてますが、今日の天気予報では午後から雨が降るそうな…
どうりで、蒸し蒸しするわけだ…。

アロマ的なものを入れる瓶を探していた時に、衝動買いしてしまった小さな薬瓶…。
よく歯医者さんで見かける、何か液体の薬が入っている色の付いた瓶です。
買ったはいいものの、アロマ的なものを入れるには、ちと…使い勝手が悪いことが判明し「ど~したものか…」と放ったらかしておりましたが、花瓶として使うことにしました。

まず手始めに…駐車スペースに咲いてたタンポポとか、勝手に咲いてた名前の分からない青い花などを生けてみました。玄関先の風鈴の横に置いてま~す。

レモンの木

先日の台風の時に強風で折れたレモンの木…
6年前くらいに50cmくらいの苗木を植えて3年前くらいから毎年5~6個、レモンを収穫できていたんですが、根元から折れてしまい、この有様…。

ただ、良かったぁ~と思えることは、2年前から根元に近い所から小さな枝が生えていて、お隣の御主人が「小さな枝は剪定しておいた方がいいですよ!」とアドバイスをいただいていたんですが「今度!剪定しよう!」「今度!剪定しよう!」と剪定を先送りにしていて、結局、剪定せずに放ったらかしにしてたんです。2年の間に剪定しなかった枝は、けっこう太くなり、今年は4個ばかり実を付けていました。

おおもとの枝は折れちゃったんですが、その剪定しなかった枝は無事だったんですよぉ~。しかも実も落ちることなく良い感じです。幹が折れちゃったのは悲しいけど、まだ生きてる部分があるという…喜びというか、「あぁ~よかった!」っていう感じですねぇ~。

僕の歌舞伎初体験は、まだまだ先になりそうですわぁ~

増税前に鍼を大量に大人買い…。
先日はお灸も買ったし、財布からお金が飛んでいくばかりです…(汗)
今、この時期の消費税増税って、必ず景気が低迷するだろうし、老後に2000万円必要だって言われたら、誰だって財布のヒモはきつくなりますわねぇ~。しかも…軽減税率って2千円札を作ったのと同じくらいの愚策だと思うし…。消費税って平等という名の不平等的搾取だと思うんですよねぇ~。

話は変わって…

落語は時々、独演会やら一門会など、会場に聴きに行ったりするんですが、未だかつて、歌舞伎を見た事はないんです。福岡に博多座があるにも関わらず、過去、博多座で見た演劇はミス・サイゴン…1回のみ…(苦笑)

以前から、歌舞伎を見るなら中村勘三郎さんのを見ようかなぁ~…と思っていたんですが7年前に亡くなっちゃったので、それなら、初めて見る歌舞伎は息子達である勘九郎さんと七之助さんの歌舞伎を…、と思っていたのですが、年末に北九州である平成中村座のチケット…、押さえることが出来ませんでした。…mumumumu 残念!

勘九郎さんも七之助さんも人気だもんなぁ~。僕の歌舞伎初体験は、まだまだ先になりそうですわぁ~

治療着の色

22日の夜は風が強かったですねぇ~!強風で家が揺れてましたもん!…マジ!怖い!
近所の病院の看板が飛ばされたみたいで道に残骸が散乱してました。

今朝は治療院の前も枝や葉っぱが散乱していたので、掃き掃除をしておりましたら腕を蚊に刺されるわ!刺されるわ!…10カ所くらい刺されて痒いかゆい!ウチの被害と言えば、レモンの木が折れてました。根元からというわけではないのですが、幹の中心から折れちゃったので、復活は…どうかなぁ?

強風で家が揺れたのは怖かったけど、千葉の人達の事を思うと、大変だろうな…って…
あんなにビュンビュンと風が吹いて、うるさかったのに、今はとても穏やかな感じで、外も静かですもんね…
ホントに自然の力の凄さを感じます。

話は変わって…

先日、買い換えた患者着が綿100%なので、洗濯した後に軽くアイロンをかけた方がいいから治療院用にアイロンをポチッと買いしたんです。「近頃のアイロンはスターウォーズの飛行艇ぽいなぁ~」と思ったのと同時に、そういえば…子供の頃にやってみたかった事の一つに、8時だよ全員集合のドリフがやったコントで、アイロンを裏返して、カト茶が焼きそばを焼いてたよなぁ~…あれ…やってみたかったんだよなぁ~という衝動を抑えつつ…(苦笑)患者着にアイロンをかけました。

そうそう!今回、患者着はMサイズがピンク色のツーピースで、Lサイズが青のワンピースなんですが、患者さんから「このピンク色って…先生の趣味?」って言われたりするんですが、それは違いますからね!…(笑)患者着は女性の患者さんのみに貸し出すんですが、ウチの嫁さんが、患者着を男性患者さんも着てると勘違いされると、嫌がる女性もいると思うから、絶対に男性が着ない色にした方がいいんじゃない?という意見を採用して、ピンク色のツーピースにしたんですよねぇ~!青のLサイズのワンピースは以前、買い置きしていて使ってなかったのを使うことにしたので、これも女性専用の治療着として使用しています。腰とか足に治療する場合だとMサイズの2ピースの場合、ズボンがキッチキチなので、腰や足を治療する際はLサイズのワンピースを着てもらうことが多いですね!体型とかではなく、どちらかと言えば症状によって治療着を使い分けてます。

健康という側面から意見を言うとするならば…

今朝、治療院の掃除をすませ、カレンダーに目をやると、今日は9月21日。
そういえば、昔、僕が子供の頃に家にいた柴犬の誕生日が9月21日だったことを、ふと思い出しました。
たしか…中学1年くらいにウチにやってきて、僕が21歳くらいの頃に死んだから…、14~5年…犬としてはけっこう長生きな方だと思うんですよねぇ~。今でも、僕の仕事部屋の棚に写真が飾ってありますが、懐かしいなぁ~。

話は変わって…

患者さんが「近頃、夜に寝ていて、よく目が覚めるんです。」とか「なかなか眠れないんですよねぇ~」とか「胃がもたれる…」とか「あまり食欲がない…」などなど、御自身の体調に関して、病院に行くほどではないけど不安に感じている事柄を訴えられたりします。

あきらかに異常だとわかるような症状が出ているなら、話は別なんですが、歳を取ると夜は眠れなくなって何度も起きるものですし、年齢とともに内臓の機能も低下していくものだから、年々食欲も落ちてくるものです。

よく理想の平均睡眠時間は8時間と言われますが、10歳~20歳と60歳~70歳…って体調・体力の差は歴然ですよね!10歳と80歳の人を平均値という枠組みに押し込んで論じること自体が間違っていると思うんですよねぇ~。

歳を取って夜に目が覚めたり、眠れないのは日常、身体を動かしていないから…。若い頃に比べて運動量が減っているから…、もしくは悩み事を抱えていて精神的に安定していないからという理由が大半なんだと思うんですよねぇ!昼寝してたら夜は眠れなくなりますしね!…でも歳を取ると体力も落ちますから運動量が減るのは当然なんですよ!

ここで大事なのは、加齢という人生の流れにあらがって、しっかり夜は寝て、若い人と同じように1日3食、しっかり食事を取る事に拘るのか?…または、その年齢…その年齢に合わせて生活パターンを変えていくのか?

これが分岐点のような気がするんですよねぇ~。

「しっかり夜は寝て、若い人と同じように1日3食…」の方向に舵を取ると、寝るためには睡眠導入剤や睡眠薬を欠かすことが出来ないでしょうし、胃薬や腸整剤も手放せないでしょう。

年齢に合わせて生活パターンを変える方向に舵を取る場合、夜に寝れないなら夜型生活に切り替える。一日1食…もしくは2食にして、途中でお腹が減ったら、茶菓子でも食べながらお茶を飲む…。

…どちらが良いのか?決めるのは個人の自由なんですが、”健康”という側面から意見を言うとするならば、確実に後者の方が健康体でいられると思うんですよねぇ~。

膝の痛みと腰の関係

台風が近づいてますなぁ~。
この台風のルートは北部九州にダメージを与える可能性が高いルートだから、ちょっと心配です…。
福岡は今日の昼過ぎから雨が降り出すみたいですねぇ~。
週末はジッとしてるのが賢明なのかもしれません。予定では週末は家の玄関先の雑草取りや、刈り込みをしようと思っていたんですが、また延期を余儀なくされる感じですね…。でも、雨なら今度の休日は録りだめてる映画でも見倒しましょうかねぇ~。

そういえば、近頃、膝の痛みを訴えて来られる患者さんが多いんです。
膝や足首を痛めている人の多くは、腰…骨盤の動きが悪いとでもいいますか、姿勢や歩き方の悪さにより膝や足首に負担がかかる事で痛みを訴える事が多いんです。「私は腰はなんともない!」って仰る患者さんもいらっしゃいますが、腰は一番大きな関節ですし、強い筋肉がいくつも付いているので、そんなに簡単に悲鳴はあげませんが、膝や足首を痛めてる人は、ジワジワと腰にダメージを蓄積しているんだと自覚して、骨盤の位置や歩き方や姿勢を改善する必要があるんですよねぇ~。腰が「痛い!」という悲鳴をあげた時は、魔女の一撃といわれているギックリ腰など日常生活に支障をきたす事になるので、そうなる前に対処しておいた方がいいですよね!

既に、膝や足首に痛みを感じている人は、膝や足首に負担がかかる姿勢や歩き方が癖になっていらっしゃるので、まずは膝や足首に負担をかけている筋肉を鍼と灸でフラットな状態に戻して、本来の筋肉バランスを体感してもらい、患者さん御自身が日常生活での姿勢や歩き方の癖を直す。これを数回、繰り返すことで通常の膝の痛みならば改善できます。

ついつい、膝が…とか、腰が…とか、肩が…とか、背中が…って部位の痛みに気を取られてしまうものですが、人間の身体はつながっているという事を忘れてはいけないんですよねぇ~。

健康への近道

先日、患者さんが「何で鍼を刺しただけで痛みが取れて身体がシャキッ!ってするのかわからんけど、鍼灸治療って気持ちいいし、凄いですねぇ~…」…と言われたんですが、ホントの事を言うと、鍼とか灸が凄い訳ではなく、身体に備わっている自己治癒力が凄いのであって、鍼とか灸は自己治癒力を手助けしているだけなんですよねぇ~。

まぁ~100歩譲って鍼とお灸が凄いという事を素直に受け入れるとするならば…(苦笑)、鍼とお灸が、もともと身体に備わっている自己治癒力を引き出しているとも言えます。

以前、「鍼と灸で病気を治すって…どうやって治すの?」って、ちょっと見下した感じで質問された事があるんです。現代医学的な思考で投薬や手術のみが ”病気を治す” 唯一の方法と考えている人にとっては「鍼を刺したくらいで…お灸をすえたくらいで病気が治るわけないじゃん!」って思うのも理解はできますが、これって身体に備わっている自己治癒力を重視していないところが盲点だと思うんですよねぇ~

身体に備わっている自己治癒力が低下しきってしまえば、どんな高価な新薬を使おうとも、どんな名医が最新技術を駆使して手術をしようとも、病気は治らないものなんですよねぇ~。

「鍼と灸で病気を治すって…どうやって治すの?」っていう質問には、身体のコリというものは、重い荷物を背負ってるのと同じなので、「コリを取る=重い荷物を下ろす」事で、身体に備わっている自己治癒力が100%機能できるようにしてあげる。身体の仕組みってそういうものなんだよ!って答えておきましたが、どこまで理解してもらえたかな?

時として投薬が必要な場合もありますし、手術が必要な場合もありますが、できれば薬とか手術が必要になる前に、身体に備わっている自己治癒力が100%機能する身体作りをする方が健康への近道だと思います。そうなるためには鍼灸治療の手助けは必要不可欠ですねぇ~。

今年のサンマさん

窓から入ってくる風が心地良い季節になってきましたねぇ~!
…でも、日中は30℃を越えてるので、風が吹いて乾燥していれば、エアコンのお世話にならずにすむんですが、風が吹かない30℃は、ちと…厳しい。

もう9月も中日を過ぎて18日だから、しっかり季節も変化し始めてる感じですが、よ~く考えてみれば、今年もあと3ヶ月とちょっとで終わるわけで…、「なにかしておかなきゃいけない事はないかな?」…と考えると、「そうだ!10月には消費税が上がるから、鍼とかお灸とかを買っておかねば!」と、駆け込み消費の波に飲み込まれる令和元年、秋初旬でございます。

初物と思い、生サンマを買ってみたんですが、今年のサンマさんは痩せとりますなぁ~。

フクラハギが痛い…

この2連休…とても濃密?な…というか、よく動き回って刺激をもらいつつも、再確認した部分もあり、落胆した部分もありと色々な思考が入り乱れた時間を過ごしました。

まず…日曜日、朝も早よから太宰府の宝満山(829m)に登って降りての往復4時間半…。さすが修験者の山と言われるのも納得の石段の数に閉口してしまいましたが、やはり普段、治療院の中で引きこもっている生活をしているので山登りは気持ちが良かったですねぇ~。

…でも、フクラハギが痛い…。

山から下りて、夜は鍼灸師の人達の飲み会に参加予定だったので、それまでゆっくり休むつもりだったのだけれど、学生時代の音楽好きな鹿児島在住の森君が「中洲JAZZに最近、お気に入りのTri4th というバンドが出てるから見てきてくれ!」とメールが届いたので、ど~せ夜に天神に行くから、ライヴを見てから飲み会に行こうと、前倒しで天神へ…。人混みは苦手だから、もう今年は行くのはやめようと思っていた中洲JAZZなんですが、ご多分に漏れず、すげぇ~人…人…人。無料でJazzが楽しめるイベントだから、人が集まるのは当然なんでしょうが、それにしても集まりすぎだぜ!

Tri4th…初めて見たんですが、この編成のインストバンドって日本人が好きなサウンドを奏でる感じなんでしょうねぇ~。ライヴを見ていて、PE’Zを思い出したんですよね…。PE’Zは、この編成のインストバンドの先駆けとして突っ走っていたと思うんですが、今はそのPE’Zもなく、そこから次世代のインストバンドがたくさん出てきている中、このTri4thって、今、注目されているバンドの一つなんだろうなぁ~って感じでした。

ライヴを見た後の飲み会では、久々に大阪の南先生やら、畑先生やら…(あっ!今は南先生か…)廣中先生やら、昔、僕が学会に所属していた頃の懐かしい顔ぶれにお会いすることが出来て、ビールが美味しいこと!美味しいこと!…。楽しくてちょっと飲み過ぎました。(苦笑)

翌日は朝の10時から午後4時まで、高知の西田先生と南先生のコラボ講習会。以前から講義を何度も聞いていたり、本も読んでいたりしている二人の先生の講義だったので、新しい発見というより、今の自分を再確認出来た時間ではありました。

ただ、一つ残念だったのは、臨床経験60年のドクターでもあり鍼治療も御本人がされている西田先生に、脊柱管狭窄症についての臨床経験や治療の見極めなど詳しいことを聞きたかったんですが「西洋医学の病名を告げられても、腰痛は経絡の異常と捉えて、このツボを使ったらいい」というような返答しかもらえなかったのは、ちょっと残念だったかな…。鍼灸学校を卒業したての鍼灸師だったら、その答えで納得するのかもしれないけれど、なんだか煙に巻かれた感じでした。突っ込んで質問してもよかったんですが、講習会の空気感も悪くなるだろうしなぁ~なんて、妙な気遣いが僕の中で働いてしまいました…。これが多元的無知って事なのかな…(苦笑)まぁ~それだけ、脊柱管狭窄症は治療は難しいという事なんでしょう。

この2日間、テレビも新聞も見ずに生活してたんですが、ホークス…連敗して2位になってたんですね…。1ゲーム差かぁ~…。しかし…今朝も足首とフクラハギが筋肉痛だわ!