はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


01日

『いだてん』を見ていて良かった事…

僕の周りでNHKの大河ドラマ『いだてん』を見ている人は少ないんですが、僕は面白く見てます。
今回、『いだてん』を見ていて、良かった事というか、知らなかった事を知ることが出来たものの一つに、嘉納治五郎さんって、あんなにオリンピックに情熱をそそいでたんだぁ~って事ですね…。

以前、ラジオで『いだてん』に批判的な人が「嘉納治五郎は小柄な人で、役所広司さんのような大柄の人とは似ても似つかない…云々」と投稿してましたが、僕から言わせれば「するって~と、あなたは水戸黄門があの衣装で全国を漫遊したとでも思ってるの?…そこまで似ないと駄目なのか?ドラマなんだから大らかに見ればいいのに…」って思っちゃうんですよねぇ~(苦笑)

『いだてん』を見る前までは、嘉納治五郎って柔道の人で講道館を作った人…って程度の知識だったんですが、これからは毎回、オリンピックを見るたびに嘉納治五郎さんの事を思い出すかもしれません。

それと、『いだてん』を見ていて、良かったぁ~と思った事は萩原健一さんを見れた事…。高橋是清役で生前に収録された部分が使われていたんですが、高橋是清が出てきた瞬間、「おっ!ショーケンだ!」って感じで、ちょっと嬉しくなっちゃいました。

もう、ショーケンを見ることは出来ないと思っていたもので、なんか…嬉しかったんですよねぇ~。