はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


12月

病の原因は癖にあり

病,原因,癖

時々「治療した直後は楽なんだけど、翌日からまた痛くなる…」もしくは「2~3日は楽だけど、それ以降は辛くなる…」という患者さんがいます。

「お前(鍼灸師)の腕が悪いんだ!」と言われてしまえば、それまでなんですが…(苦笑)

いかなる物事にも、結果には必ず、そうなる課程というものがあるはずです。痛くなるには痛くなる原因…。体調が悪くなるには悪くなる原因というものがあり、痛くなったり悪くなったりする行程を経て結果として痛みや体調不良が起こるわけです。

なので、鍼灸治療を受けると身体がフラットな状態に近づくから身体が楽になるんだけれども、原因が改善されてない為に「翌日からまた痛くなる…」もしくは「2~3日は楽だけど、それ以降は辛くなる…」という事になるわけです。

こうなる原因は何か?という事なんですが、僕は『癖』が原因だと思うんですよね!

『なくて七癖』と言いますが、人は多かれ少なかれ癖を持っています。その癖があまりにも過剰になりすぎると病を生む…。ある人にとっての癖は姿勢だったり、またある人にとっての癖は偏った食生活だったりします。

まぁ~病気の根源は癖だと言っても過言では無いと思うんですよねぇ~。

ただ、この癖というヤツは厄介で、なかなか直せないものなんですよぉ~。クレイジーキャッツの「分かっちゃいるけどやめられない♪」っていう感じで、「言われなくても分かってるんだけどさぁ~…」って感じの代物です。

でも、原因を取り除かなければ、必ず結果としての痛みや体調不良になるのは必然ですしね!やはり過剰な癖は直していかなければいけないんですよねぇ~。

…かといって、政治でも何でもそうですが、急激な変化は歪みを生むものなので、意気込んで癖を直そうとしても続かなかったり挫折したりするものです。

やはり病の根源である過剰な癖を直すには、日々の生活でぶれがちな身体の歪みを鍼灸の治療でフラットな状態にしながら、患者さん自身が少しずつ姿勢を直したり…、偏食を治したり…、生活パターンを変えたりして癖をなおす事で病が癒えていくものだと思うんです。

はりきゅうふくた は今日で仕事納めです。来年は1/4(土)から通常営業いたします。(通常、日曜日・月曜日が休診なので1/5(日)・1/6(月)は休診します。)

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

大掃除…終了~~~~!

仕事納め

はりきゅうふくた のホームページのブログの大掃除…終了~~~~!
2012年11月から休日以外、ほぼほぼ毎日、ブログを書いていたんですが、振り返ってみると鍼灸や治療関係の事以外に「サンマを食べた…」だの「ミカンが美味しい…」だのと、ど~でもいい感じのブログも多い事が気になり、重い腰をあげ…暇な時間を見つけてはPCと睨めっこしながらブログの整理をしていたんですが、やっと終わりました。

いやぁ~…PCとの睨めっこはキツいですねぇ~!仕事でパソコンを使っている人の辛さが少しだけわかりました。

世間では今日が仕事納めらしいですが、ウチは明日が仕事納め…明日は通常通り夜の7時まで治療してま~す。

開いた口がふさがらんわぁ~

マスク

なんでも…イオンで従業員さんにマスク着用禁止令が出ているそうな…。

(゜Д゜) ????

理由はお客さんから「表情が分からない…」「モゴモゴして何を言ってるか分からない…」かららしいんですが…。

衛生的な観点で言うと、「もらわない…あげない」…が基本で、風邪を伝染さないようにするため、もしくは風邪を伝染されないようにするために、小まめに手洗いをするし、咳き込みがちならマスクをするのが常識なんですが、マスク着用禁止って…、この会社は衛生的な事を、そもそも知らないのか?…それとも無視しているのか?呆れて物も言えませんねぇ~。

しかし、「表情が分からない…」「モゴモゴして何を言ってるか分からない…」って言うクレームを言う人も言う人だし、接客業だからってそのクレームを真に受ける会社も会社だぁ~ね!接客業だからこそ衛生的なところはしっかりして欲しいんですけどねぇ~。

インフルエンザが流行るこの季節にやることなのか?…言うことなのか?って思います。

最近、色々なところでクレーマーが増えてるって聞きますけど、小さな事にいちいち反応するから、クレームも増える傾向にあるのかもしれませんね…

子猿の大冒険

子猿,手跡

昨日の昼頃…治療院のドアからガタッ!っと音が鳴ったので、誰か来たのかな?と治療室から覗いてみるも誰もおらず…、何だったんだろうね?と治療を続け、昼休みに入ったので、玄関の扉にマグネットで付けている『Open』の板を外そうとしたら、無い!?…あれ?…イタズラか?と思って見回すと駐車スペースにOpenの板が捨ててあり…「あぁ~心ない誰かのイタズラか?ちくしょうめ!」と思いながらopenの板を拾っていたら、お向かいの家の人が「福田さん!猿が山から降りてきてるみたいよ!今、お宅の玄関先を通ってお隣の庭の木に隠れてるみたい…!小さな子猿みたいなんだけどね…」と仰る…。

あぁ~なるほど…人のイタズラじゃなく、猿の悪戯かぁ~。

ここに引っ越してきて2年目くらいにキジが迷い込んで来たことがあったし、野良犬が来たこともありました。そのうえ…猿が来たと言うことは、今度は桃太郎がやってくるのかぁ?(苦笑)

昨日は気がつきませんでしたが、今朝、車を見たら車の後ろのガラスに猿の手跡があり、水道に付けていたホースがグチャグチャにされていました。爪は立ててないみたいだからガラスや車にキズは入ってないから拭けば大丈夫だったんですが、子猿にとっちゃ大冒険だったんだろうなぁ~。

ブログを書くのをサボってました…(苦笑)

大掃除

気がつけば今年も今週で年末突入ですね!
先週末から年末だから何かしないと!…と、何するでも無く、気持ちだけが先走っていたんですが「そうだ!HPのブログを今の感じで書き始めて早7年…、鍼灸のことを書いたり、病気や治療のことも書いたりはしてるんですが、なかにはサンマを食べただの…映画を見に行っただの…ど~でもいい事を書いてることも多いので、ブログの大掃除をしようと思い立ち、残しておきたいブログと削除するブログを吟味しながら削除作業をしていたんですが、パソコンの画面と睨めっこするのは限界がありますねぇ~。

歳のせいか目の焦点が合わなくなって、ブログを書く気が失せてしまったので、ブログを書くのをサボってました…(苦笑)

まぁ~…たぶん、中身が無い、このブログも数年後には消すことになるとは思うんですが、ブログの大掃除も大変で…まだ2014年までしか手をつけれていないんですよねぇ~。もしかしたら年を越す大掃除になるかもです。

て・い・ね・ん

ニュースを見ていたら政府が定年を70歳に引き上げるように…云々…と言ってたんです。
まぁ~…少子化で労働力が低下するのを危惧しているのと、年金の支払いを遅らせるのが狙いなんだろうけど…。

そもそも、人がいつまで働くか?なんて国が口出しするようなことなの?って思っちゃいました。

元気な人は70歳と言わず80歳まで働きゃいいし、蓄えがある人で、もう働きたくないという人は60歳くらいでセカンドライフを楽しめばいいだけの話で、いちいち国が「こうしなさい!」って言うような事じゃないと思うんですよねぇ~。

調べてみると、そもそも定年制って日本では明治の頃…平均寿命が43歳前後だった時に、定年を55歳と決めたのが始まりらしく、定年を決めていても基本的には終身雇用の側面が強かったみたいなんですよね。

今は人生100歳の時代だから定年も70歳に…って言ってるけど…

確かに昔より栄養価が高い食生活になっているから、底上げ的に平均寿命が延びてるかもしれないが、今みたいな食生活をしていたら、僕ら世代を含めて今の若者が100歳まで生きれるとは到底思えないんですよね…。

このままだと平均寿命の底上げは出来てるけど、歳を取るにつれて病気がどんどん増えそうな…、病気がちな老人が増える点そんな社会になるんじゃないかな?

…で、その老人達に70歳まで働け!と鞭打つ社会…。
今に始まった事じゃ無いけど、ホント…後手後手だなぁ~  ̄Д ̄ =3

クワバラ、クワバラ

最近、あちらコチラでよく揺れますね!さっきも青森で地震が…って言ってました。
なんだか「ニュージーランドの方で地震があると、こっちの方でも地震があるみたいだよ!」って患者さんが都市伝説的な事を言ってましたが、1週間前くらいにニュージーランドで火山が爆発してましたしね…、それ以来、日本も北や南で地震が頻発に起こってるようにも思えます。

これ以上、何も起こらなければいいんですけどね…。
こう地震が頻発すると怖くなっちゃいます。

鍼灸師の戯言 其の???

なんでも、軽減税率で食料品は増税されていないにも関わらず売り上げが落ちているそうな…。
やはり「金は天下の回り物」…というだけあって、身体の中を流れる血液同様…滞る事なく、お金は流動していてないと景気も悪くなるモノですよねぇ~。

給料制ならば、お金の流れが悪くなっている事に気づきづらいと思いますが、日銭を肌身に感じる商売をしていると、売り上げなどの日計表を見るだけで、ホントに財布のヒモが固くなってる事を実感するんですよぉ~。

やはり、これは…景気が悪いのに税金を上げた事と、麻生さんの老後2000万円必要発言が財布のヒモを、より強固に固ぁ~く!固ぁ~く!しているんだろうと思うんです。

これから日本はどうなるんでしょうねぇ~?

まぁ~ウチとしては、来られる患者さんに丁寧な治療を施して症状を改善させる…。これしか出来ないんですよね!さっ!頑張ろう!

ハイキングのような登山♪

先日の休日、久しぶりに油山に登りました。
登り1時間、下り1時間のハイキングコースのような登山ですが…
山を登りながら…そう言えば…三浦雄一郎さんの子供が、まだ小学生?中学生の頃?に、三浦さんが子供を登山に誘う際に「学校なんかに行ってたらバカになるぞ!山に行こう!」って言ったって話を思い出し、なんか…三浦さんの気持ちが分かるような気がしました。これくらいの散歩コース的な山登りは気持ちいいもんね!(苦笑)

本気で治そうとすると恨みをかう…事もある。

「治れば感謝され、治せなければ恨まれるのなら分かるけど…何で?」って疑問に思う人も多いと思いますが、時々ですけど臨床をやっていると「これ以上、足を踏み入れると恨まれるかもしれんな…」…というシチュエーションに出くわす事もあるんですよねぇ~。

鍼や灸をすることで治る症状なら、恨みをかうことは無いと思いますが、体調不良の中には「こりゃぁ~根本的な生活パターンとか思考を変えないとダメだな…」と感じる体調不良もあるんですよねぇ~。こういった場合は患者さんのパーソナルな部分まで足を踏み入れる事になりますから、いくら治療とは言え、人によっては他人に立ち入って欲しくないっていう人もいるわけです。

まぁ…ズカズカとパーソナルな部分に土足で入って来られると、誰でも嫌な気分にはなりますが、気を使いながらパーソナルな部分に入られても、あまり良い気分にはならないと思うんですよぉ~。

あぁ~…そう言えば、貴乃花が現役の時に鍼灸師に洗脳されて云々…ってワイドショーで話題になってたけど、現役を引退した後の貴乃花の言動やらトラブルをみると、その貴乃花を治療していた鍼灸師も「こりゃぁ~鍼や灸だけじゃ治らんな…」と思って、貴乃花のパーソナルな部分に立ち入ったのかもしれませんねぇ~。(まぁ~僕の勝手な想像ですけどね…)

規模は違いますが、先日、亡くなったペシャワールの中村医師も、医者として患者に薬を出し、注射をしていれば、医者としての本分は全うしている事になるわけですが、アフガニスタンの患者さんを治すには薬や注射じゃ無理だと思ったんじゃないでしょうかねぇ~。川を作り土を耕し、この国の人の意識を変えないと、どんどん患者は増えていく。…と、本気で思って治そうとしたから、恨みをかい、こういう結果になってしまったようにも思えるんですよ。

人として…恨みをかう事が良いことなのか?悪い事なのか?
道徳の授業のお題のようでもあるし…禅問答のようでもある。…すぐに答えは出せないんですが、人を傷つけること無く解決するのが一番、ベストな方法なんだけれども…、恨みをかうと暴力的な事になりがちなのも世の常なんだよなぁ~

難しいゎ… ( ̄へ ̄|||)