はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


02月

神田伯山さん

神田伯山

最近、ハマってるのがYoutubeの【神田伯山ティービィー】なんです。
神田松之丞、改め、神田伯山真打昇進披露興行の楽屋裏のレポート動画が毎日アップされて、普段見られない寄席の楽屋が、何とも言えず良い感じなんですよねぇ~。

最初の頃は毎日、神田伯山ティービィーを見ていて「滅多に見れないものを見れて楽しいなぁ~」思ってたんですが…、最近はチョット見方が変わってきたというか…、真打昇進かぁ~…色々な人に支えられて真打ちを張れるようになるものなんだなぁ~…なんて、伯山さんを支えている人達に目が行くようになってきたんですよね!

いくら講談が上手いからとて…、噺が上手いからといっても、周りの同業者や師匠や興行主や観客に支えられないと成り立たないものなんだよな…って、当たり前の話なんですが、助け助けられて物事は成り立つんだと言う事を、今更ながらに再確認した感じです。

だから…と言うわけじゃ無いんですが、落語のCDはチョイチョイ買うんですけど、先日、始めて講談のCDを買いました。なんか…最近、神田白山にどっぷりハマってる感じですゎ…· (^-^;)

そうそう…神田伯山さんの師匠、人間国宝の神田松鯉さんを見ていると…なんとなくですけど、九鍼の石原先生に雰囲気が似てるような気がしました。

便秘

漢方,便秘,小太郎漢方製薬

実は妹が関東の方で漢方医をやっているんです。3年前に漢方薬メーカーの小太郎が便秘に関する漢方薬の事を一般の患者さん向けに紹介した小冊子の監修を妹がしていたらしく、その小冊子を入手したんですが、とても分かりやすく書いてありました。

僕は子供の頃から便秘がちで、当時はよく大黄を飲んでたんですが、大黄は便が出るには出るけど…、出た後の渋り腹とでも言いますか…絞り出した感じで、もう出すものが無いのに、まだお腹から絞り出そうとするような感じで、結構、強い漢方の下剤のイメージでしたが、僕の場合、今、便秘気味だなぁ~と思って飲むのは大黄甘草湯なので、大黄の下剤効果と甘草の弛緩効果で、なめらかな効き具合が良い感じなんですよね!

…と言う事は…この冊子の解説によると、僕は胃腸に熱がこもるタイプなのかもしれません。

この小冊子ですが、便秘の種類や原因を症状や体質で分類して、分かりやすく使う漢方薬を紹介してました。

1冊しか無いので差し上げる事は出来ませんが、治療室の待合室に置いておきますので、来院された際にでも読まれてみて下さい。

ある程度の妥協

無観客試合,新型コロナウイルス

珍しくオープン戦を観に行こうかな…とチケットを買ったら…無観客試合だそうな…· (^-^;)
この状況なら仕方がないなぁ~
滅多にしない事(オープン戦の観戦)をしようとすると、こうなる… ( ̄▽ ̄;)

気がつけば、このブログも新型コロナウイルスの話ばかりになってる感じですが、…確実に景気は悪くなりますよねぇ~。

インフルエンザなら4月くらいには流行も収まるって分かっているから、そんなに心配しなくていいけど、新型コロナウイルスの場合は、まだ海のものとも山のものとも分からない感じで、いつ終息するか分からないし…、政府が、とりあえず2週間ほど大規模なスポーツやイベントの中止・延期を要請するから、それにともなって皆、外出は控えるだろうしね。…そうなると外食産業もダメージは大きいですよね!そうなると皆、街に買い物に出たり旅行などには行かなくなるから、服なんか買わなくなる。去年の消費税増税でダメージが大きかったアパレル系など服飾業界も一段と景気が悪くなるだろうしねぇ…。インバウンド中心の観光業も最悪でしょう。

こういう時って、どうしたらいいんだろう?…と政治家でもない、いち鍼灸師の僕が考えるに…

取りあえず消費税を止める事で、焼け石に水かも知れないけど、低迷している消費意欲は沸くはずだから、庶民の中でお金が動き始め、この状況より良くなるとは思うんですよね!ただ、消費税を止める事で物凄く景気が良くなるようなカンフル剤的な効果があるのか?というと、そこまでの効果は無いと思います。

僕は鍼灸師なので、若い人からお年寄りまで、色々な人の治療をします。その時に感じるんですが、皆一様にして病気になると「健康だった頃に戻りたい!」と思うものです。若い人なら回復力もあるので元通りに戻れますが、歳を取っていると回復力も低下しているので元通りの、病気とは無縁だった健康な状態に戻る事が出来なくなるものです。

でも、痛いのは嫌だし…生活するのに膝が…腰が…肩が…首が…顎が…と、色々な諸症状を訴え「健康だった頃に戻りたい!」と思って色んな病院に行ったり、整骨院や整体や鍼灸院に行ったりされるんですが、不老不死の薬があったり仙人になれるのであれば別ですが…、70歳の人が20歳の人と同等の健康状態を手に入れる事なんて出来やしないんですよね!

歳を取れば、ある程度の健康状態で妥協する必要があるって事は誰でも理解できると思います。

なんとなくですけど、今の日本って、もうお年寄りの状態に入っているような気がするんです。戦争が終わった昭和20年を戦後0年とするならば、今年は戦後75年ですよね!焼け野原からの経済復興を果たして75年…。バブル景気は昭和61年~平成3年の5~6年間。日本が絶好調だった頃を戦後0年から換算すると戦後61年~66年。人に例えるならば60歳を過ぎた頃から超金持ちになったんだけど、66歳あたりから景気が悪くなって、借金をいっぱい抱えている現在75歳の日本さん…。そんな感じなんじゃないでしょうか?

国の経済を人に例えるならば、これから色々と病気にもなるだろうし…、昔みたいに羽振りよくは生活出来ないし…、若い頃のように元気を取り戻す事は出来ないしね。

まぁ~…人間の場合は時の経過とともに老いていくしかないんですが、人の身体と国との違いは、今までとは違う考え方や発想を取り入れて、若い年齢層の指導者や労働力が増えれば、国の活性化は図れるんでしょうけどね!…人間の細胞も若く活性化が出来たら不老不死になるんでしょうが、そういう訳にはいきません。

今の日本の現状や政府の対応能力をみるに…、今の日本って見栄を張って、プライドだけが高くなって周りが見えてないお年寄りにしか僕の目には映らないんだなぁ~。もう既に高齢化社会になってる日本に必要なのは「ある程度の妥協」なんじゃなかろうか?って思うんですよねぇ~。

日本の政治家って、今の日本の状態をギュッと凝縮した感じ…まさに映し鏡のようですね!年齢層高いし…判断力遅いし…、都合の良いことばかりしか言わないしね…(苦笑)まぁ~…そんなにすぐには若い年齢層の指導者や労働力が増える事はありませんしね…。「ある程度の妥協」が出来てこその粋な老後を目指した方が生活しやすいような気がするんです。…今の日本って、そんな状態なんじゃないかなぁ~。

手指消毒

手指消毒

ウチの治療院の玄関口に手指消毒のボトルスプレーを置いているんですが…、これは、最近、新型コロナウィルスが流行っているから…というわけではなく、鍼灸院は医療施設でもあるので、患者さん達の衛生的な意識を高めてもらいたくて、年がら年中、玄関先に置いてるんですよ!

普段は2~3人くらいしか利用する人がいなくて、ある患者さんは「こんなの…使う人っているの?」なんて、手指消毒のボトルスプレーを指さして、ちょっと鼻で笑いながら言ってたんですよねぇ~。· (^-^;)

…でも、新型コロナウイルスが流行し始めてからというもの「こんなの…使う人っているの?」…なんて言ってた患者さんが手のひらを返したように、治療院に入るやいなや手指消毒のボトルスプレーを押して手を消毒するようになりました。

まぁ~この状況なら、嫌でも意識しちゃいますよねぇ~。
これからどうなるんでしょうねぇ~。

どこかで神風が吹くって思ってませんか?

神風

今朝、ニュースを見ていたら、日銀の黒田さんと麻生さん家の太郎ちゃんが共同会見で「経済回復見通し不変…。日本が現時点で急いで政策対応する段階ではない…」と伝えた…と…。

黒ちゃん…太郎ちゃんは「まぁ~今、俺たちが騒いだら混乱を招くから、こう言うしかないじゃん!」的な事なのかも知れないけど、「老後に2000万円必要だ!」と太郎ちゃんが発言し、老後が近づいてる世代の人達の財布のヒモがキュッ!と絞られ…、税金が上がって…、新型コロナウイルスの流行で一段と経済が落ち込み…、オリンピック後は経済が低迷するだろうという事は、経済事情に疎い僕でも普段、生活してると肌身で感じて分かります。

新型コロナウイルスに対する国の対応にしても遅いし…、今回の国の経済界のトップの人達の言動をみるに、日本人って未だに神風が吹くって思ってるんじゃなかろうか?… (^-^;) 政治家とか官僚は、どこかで神風が吹くから日本は大丈夫!って思ってるのかもって、平民の僕は思っちゃうんですよ…ね!

吹けよ風 呼べよ嵐!…ってかぁ~~! · (´∀`;)
ブッチャーとシークがやって来るぞぉ~(苦笑)

 

人生の余白…

変化,対応,野次

最近「変化に対応しないとな…」って思う事が多いですよね~

確固たる志とか信念とか普遍的なものは大事にしなければいけないんですが、変化に対応する部分は必ず必要なわけで…、その部分を確保しておかないと、志があろうが、信念があろうが、普遍的なものを大事にしていようが、全く時代の流れにそぐわず、使い物にならなくなるのも確かですしねぇ~。人生の余白とでも申しましょうか…、余白って普段は、コレと言って必要なものでも、気になるものでもないけど、その人の伸びしろ的な感じで余白を捉えると、とても大事な部分に思えてきます。

先日、久米さんのラジオを聴いてたらゲストの大学の先生が…「長いスパンで見ると民主主義はひと時のトレンドで、そろそろ民主主義は終わりで、法を軽視したり…、手続きを無視したり…、暴言や嘘をついても合理的な言い訳を一切しなかったり…とこういう風潮が世界の主流になりつつある…」という話をしていて、それを聞いてると、どこぞの国の、どこぞの首相や総理大臣の顔が浮かんでくるような感じで… (;´∀`)、民主主義ってホントに賞味期限が終わりなんじゃなかろうか?…って思えちゃいますねぇ~。日本もそうだし…世界もそうだしね…。

最近の国会議員さんの言動をみていると、変化に対応してないなぁ~って思えますよねぇ~。(そうそう……国会でヤジを言った議員は罰金を払わなきゃいけないようにすればいいのにね!…· (^-^;) )

親方日の丸で動いていると余白って無くなってしまうのかもですね!(苦笑)

季節の風物詩的な…アレ

確定申告

いやぁ~確定申告…
ウチの治療院も17年目なのでこの季節、届いた用紙に記入して提出しているのですが、毎回「はて?…この項目はどういう事だっけ?」と頭を抱える事もしばしばあり、その都度、調べるので一向に作業が進まず…「また今度にしよう…」と袋に入れてしまい込む…。(苦笑)

まぁ~3月15日まではまだ日数はありから、大丈夫!大丈夫!

…と思うようにしているけど、気になるんですよねぇ~。
早く宿題は済ませてスッキリしたいんですが、毎回「はて?…」となるので、また作業が止まる。

以前に比べて、今回、少しストレスが少ないのは、去年から帳簿を手書きにしたので、パソコンを扱わなくて良いって事ですかねぇ~。一昨年まではパソコンに入力する作業がとても面倒で、よくキーボーの入力ミスで数字が合わないという事があったんですが、手書きの帳簿にしてから毎回、チェックしてるので、パソコン作業が無くなった分、楽ですかねぇ~。

でも面倒くさいなぁ~この作業…(苦笑)

やはり出ましたか…

先日は雪が少しだけ降った福岡…。
福岡では雪が積もることは無いですし、雪を眺めるのは風物詩的な感じで「冬ですなぁ~♪」などと、茶でもすすりながら外を眺める感じですが、雪が降った翌日とかに「あぁぁ~~ ( ´△`)」って思うのが、車がメッチャ汚れるんですよね…。まぁ~それだけ空気が汚れている証拠なんでしょうが、降ってる時は、あんなに白くて綺麗なのに実は汚れてるのね!…(;゜д゜)

話は変わって…

ついに出ましたね…
福岡で…
新型コロナウイルスの感染者が…。

福岡,新型コロナウイルス

この状況からみて、福岡に感染者がいないわけはないよなぁ~、と思いつつも、あと2週間、感染者が出なければ、福岡では感染が広がる事はないかも…、なんて淡い期待もあったんですが、やはり出ましたか…。

ニュースによると13日に発熱…、病院を受診するも自宅療養を指示され、熱が下がらず、昨日、同じ病院を再受診して検査したら、今日、陽性だとわかったそうな…。1週間かぁ~…まだ他にも陽性患者はいそうですね…。

備えよ…常に。

新型コロナウイルス,ダイヤモンドプリンセス号,岩田健太郎

僕が小学生の頃から中学生の1年生の頃にかけて3~4年間、ボーイスカウトに入っていた事があるんです。…いやいや、「入っていた」ではなく「入らされていた。」という表現が正しいか…。平たく言えば、親に「入りなさい!」と言われて入ったボーイスカウトなんですゎ!(苦笑)

今にして思えば、キャンプなどの経験はとても多くのものを学ばせてもらったし良い思い出ではあるんだけれども、…今もそうですが、制服が嫌いなんです。子供の頃から、あのカチッ!とした制服や統率の取れた行動を要求される…あの感じがとても嫌だったのを覚えています。(苦笑)そんなこんなで…どうしても嫌だったので、中学のクラブ活動が忙しくなるから…と、中2の頃にボーイスカウトを辞めたんですが、いまだにボーイスカウトのモットーというか…標語みたいな言葉を思い出す時があるんですよね…。

その言葉は「備えよ…常に…」

備えていれば、事が起こっても落ち着いて対処できるから、いつ何時でも準備はしておくこと…。

…そんな風に教わった覚えがあります。

今朝、新型コロナウイルスとダイヤモンド・プリンセス号のニュースを見ていて、この言葉を、思い出したんですよね~。今回のコロナウイルスの件で、政権批判をする人もいるみたいですが、何も準備が出来ていない状態ならば、誰が政権につていても結果は同じ事だと思うんですよね!

今回、何がダメだったかと言えば「備えてなかった…」事なんじゃないでしょうかねぇ~。

さっきSNSで見つけたんですが、『99・9%が誤用の抗生物質』や『絵でわかる感染症 with もやしもん』や『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』など感染症に関して僕たち素人にも分かりやすく解説している本を多く書かれている感染症の専門家、岩田健太郎さんがYoutubeで、ダイヤモンド・プリンセス号の現状を伝えてくれてました。やはり…あのダイヤモンド・プリンセスの国の対応は最悪のようですね!

(2/20にYoutubeの動画は削除されたみたいです。)

感謝!感謝!です。

感謝

今朝は寒くて治療室の温度が上がらず困っちゃいました。
天気予報では夜中に雪マークが付いていたので、朝は一面銀世界かもね…って思っていたんですが、全くそんな事も無く、寒い以外は普段と変わらない朝でした。

話は変わって…

ウチの治療院では電話がかかった時に、誰からかかってきた電話なのかを分かりやすくするため、来られた患者さんの名前を電話に登録してるんですが、なにぶん電話機が古く…、登録出来る人数が限られているので、1年以上来院されない患者さんの名前は削除してるんですよ。

先日、電話が鳴り、登録されていない番号だったので、てっきり新患さんかと思いきや、「初めての来院ですか?」というこちらからの問いに「いいえ…随分前に行った事があります。」といわれたので、カルテを探してみたら3年ぶりの来院でした。3年前に2回ほど、肩と首の痛みで来院されてましたが、今回は「急に腰が…」とのこと。

定期的に通って治療を受けて下さる患者さんもありがたいですが、こうやって思い出した時に「あっ!鍼灸治療をうけよう!」とウチの治療院を思い出してくれる患者さんもありがたいんですよねぇ~。

基本的に僕らの仕事は、治ってもらって健康に過ごしてもらうのが仕事です。でも病気や体調不良には”程度”というものがあり、数回の治療で治るものもあれば、長期にわたる治療を必要とするものもあるし、今の健康状態を維持する為のサポート的な治療もあるわけです。

まぁ~何にせよ、これだけ数多ある鍼灸治療院の中から、ウチの治療院を選んでくれる事に感謝…感謝ですし、僕も今以上に治療技術を上げなくちゃ!って思うんですよねぇ~。