はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸・福岡・早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


06日

珈琲の入れ方(仮説編)

珈琲の入れ方,ペーパーフィルタ

昨夜からメッチャ寒いですね!
今朝、治療院の立て看板を出しにチョイと外に出たら筋肉がギュギュギュ~って縮こまりそうで、危うく大胸筋が筋肉痛になりかけました。

こんな寒い時は暖かい珈琲などを飲んで暖をとりたいものですが…、最近、一段と難しいなぁ~って感じるのが珈琲の入れ方なんですよねぇ~。

毎日入れてる珈琲ですが…、同じ豆で…、同じ道具で…、同じように入れてるはずなのに、毎回、味が違うんですゎ!「あっ!今日は雑味が無い!」と思う日があれば、「あれ?雑味があるなぁ~」という日もある。

やはり餅は餅屋で、同じ味を常に維持して出す喫茶店の人って凄いなぁ~。

とりあえず、美味しく珈琲をいれる方法として、入れる前に豆をミルでガリガリして粉にする。…30秒蒸す。細口のポットでお湯を入れるんだけどもフィルターにお湯をかけないようにする。…お湯を落としきることはせず、珈琲が適量になったらドリッパーを外す。という方法で入れていたんですが、味が安定しないんですよねぇ~。

先日、髪を切りに行った時に美容師のお兄さんと「どうしたら美味しい珈琲を入れる事ができるのか?」を話ながら髪を切ってもらってたんですが、お兄さん曰く「珈琲関係の仕事をされているお客さんから聞いた話なんですが、ペーパーフィルターに粉を入れる前に1回、お湯を通すと美味しく入れる事ができるらしいですよ!」と言っていたので、翌日から試してみたんです。

粉を入れる前にペーパーフィルターにお湯を通す事をやり始めて、今日で4日目なんですが、4日連続、雑味が無い珈琲を入れることができるようになったんですよぉ~。美容師のお兄さんはペーパーフィルターの汚れが落ちるからかな?って言ってたけど、僕の想像ですが、ペーパーフィルターにお湯を前もって通す事でフィルターの透過性が高まるんじゃないか?…と思うんですよね。

ドリッパーの中で粉を回流させて、早くサーバーに落とす事で雑味が少ない珈琲が入れれると思うんです。逆にドリッパーの中にお湯がある時間が長ければ長いほど雑味というか豆の個性が強く出ると思うんですよねぇ~。

お湯を通さず乾燥したままのペーパーフィルターに珈琲の粉を直接入れて、お湯を注ぐと、珈琲の粉がフィルターの隙間を埋めてしまいフィルターの透過性を不安定化させる為に、安定した味が出せないんじゃないかな?…って思うんですよぉ~!

そう言えばネルドリップのネルって水に浸して保存しますよねぇ~!?まんざら、ペーパーフィルターをお湯で濡らす理屈…、間違ってないかも…(苦笑)