はりきゅうふくた 丁寧な治療を心がけてます(鍼灸院/福岡市早良区)

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


06月

最近、つくづく感じます

半年後には大晦日ですやん!
今年の前半はコロナ騒動でテンヤワンヤ…
いまだ騒動のまっただ中で、経済を優先させれば感染者が増え、人の行動を制限すれば経済が立ちゆかなくなり、どうやって暮らせばいいのかわからなくなる。

ホントに、このコロナ騒動で全てが一気にストップしてしまい、新しい方法を模索しなければ、これから先には進めないんでしょうね…。

今朝、Twitterを見ていたら、ホンマでっかTVとかでお見かけする池田先生が…

静岡県知事リニア工場再開を拒否。
山を削ってトンネル掘って、自然を破壊するリニアは今や時代遅れの産物だ。そんなに急いで行き着く先は、きっと地獄の3丁目だな。リモートはリニアより速いよ。

って書かれているのをみて、ホントだよな…って思いました。たしかに東京~大阪を67分で行けるリニアよりリモートの方が早いゎな…!1962年にリニアの開発はスタートしてるみたいですが、時代は変化しているわけだし、臨機応変に対応しないと、とんでもない事になるって、最近、つくづく感じるよね!もう、この御時世…ネットワークのスピードを上げる方にお金をかけた方がいいのにね!

話しは変わって…

我が家のパクチーを少しだけ収穫出来たのでお手軽に炊飯器で作れるカオマンガイを作ってみました♪ タイ料理は好きなんですが、まさか家で…タイ料理が作れるとは!今年の夏は、何回かカオマンガイを作ろうと思います。

天邪鬼な鍼灸師の戯れ言

どちらかと言えば、僕自身…天邪鬼な性格だと思っていますが、素直な側面も持ち合わせてはいるので、ある程度のバランスを保つことが出来ているんじゃないかなと思っています。(自己分析……(^-^;))

「井の中の蛙」という言葉がありますよねぇ~。

井の中の蛙大海を知らず…。
狭い見識にとらわれて、他に広い世界があることを知らないで、自分の住んでいるところがすべてだと思い込んでいる人のことをいう。

辞書で調べてみると、このように書いてありました。

例えば…誰かが僕の事を陰で「あいつは井の中の蛙だからな…」と言ったとします。
で…、それを伝言ゲームみたいに「誰にも言っちゃ駄目だよ!…」というふれ込み付きで回り回って、僕が井の中の蛙呼ばわりされている事を知ったとします。

多分、その時は「そうだよなぁ~俺って井の中の蛙なのかもなぁ~」と素直に思うと思うんです。(実際、井の中の蛙なのかも知れませんからねぇ~(苦笑))

…でも、その夜くらいに「井の中の蛙???」…「するって~と何かい!? ○○学会に所属して、○○先生に師事し、○○流の講師をしている…というような人達が本流で、それ以外の人は亜流なのかい?… 井の中の蛙と言ってる方が、実は井の中の蛙だったりして…」と天邪鬼な性格が鎌首をもたげ始めるんですよねぇ~(苦笑)

何か(流派)に属す事を第一義としたり、縛りがキツイ学会や、縛りがキツイ先生を師事していたりすると、案外、自由な発想って出来なかったりするものなんですよねぇ~。自由な発想すら出来ないのであるならば、それが本当に井の中の蛙状態なのではないかな?って思うんです。案外、人を批判する人って、往々にして井の中の蛙のような気がするんですよねぇ~。

気をつけましょうねぇ~~(苦笑)( ̄▽ ̄;)

鍼灸専門学校の学生さん

最近…、鍼灸の専門学校に通っている学生さんが患者さんとして、時々、治療を受けに来てくれるんです。
最初は「刺絡治療を受けたい…」という要望で来院され、僕も鍼灸学校の学生さんとは知らずに治療したんですが、あとで鍼灸専門学校の学生さんだという事を知ったんですよぉ~…、しかも…僕が通っていた学校に通っているとの事…。

「早く言ってよぉ~(^△^; 」(テレビCMの松重豊さん風に…(苦笑))「学生です…」って言ってくれたら、何故、このツボを選んでいるか…とか、色々と解説しながら治療してあげたのに… ( ̄▽ ̄;)

それ以来、時々、治療を受けに来てくれるので、治療中に治療に関しての質問に答えたり、学校の話しを聞いたりしながら、治療してるんですが、時々、学生の時って、僕もこんな感じだったよなぁ~って思う事があるんですよねぇ~。

何て言うんでしょうか…。学生時代は知りたい症候群とでも言うのか… (^-^;) 僕も鍼灸の学生時代は東洋医学的な思考で考える事を癖にするようにしていた節があるんですが、いざ鍼灸師になって、臨床で患者さんの病気や体調不良を治す場合、東洋医学的な思考だけでは患者さんに納得してもらえない事も多々あるんですよねぇ~。

今、僕が思う、治療する時のベストな思考の割合としては、東洋医学的な思考が50%、現代医学的な思考が30%、雑学的な思考が20%かな… ( ゚∀゚)(※歳を重ねれば思考の割合に変化があるやもしれません…(苦笑))

まぁ~学生さんは3年後の国家試験に合格する事を第一義として勉強しているわけなので、それに向けてのプレッシャーと、無事に国家試験に合格し鍼灸師になり、世間に放り出された時に、鍼灸師としてやっていけるのだろうか?というプレッシャーが混在するのが学生時代なんでしょう。

もう学校を卒業して17年経っているんですが、この学生さんを治療させてもらうたびに「あぁ~こういう時もあったなぁ~…大変だろうなぁ~」って思いながら、少しでも身体を楽な状態にして勉強に身が入るように治療してます。

誰ですか?

昨夜から九州は大雨で「よく降るなぁ~」と思いながら寝ていて…
明け方に目が覚めたので、ラジオでも聴きながら、もう一寝入りしようかなと思って聴いていたニッポン放送の番組で関東地方の地震を知り…、なんとなく寝れなくなって…、7時過ぎに目覚ましが鳴ったので、そろそろ起きようかな…と思っていたら、携帯電話のメールの着信音が鳴り、見てみると知らないdocomoっぽいアドレスから…

お元気になさってますか。 久しぶりにお食事でもご一緒できればと思っているのですが、来週はお忙しいでしょうか…

というメールが…。
あっ!これが噂に聞く迷惑メールか…初めて来たな…。

そういえば、知り合いの人が、以前、これと同じようなメールが届いて、ついうっかり「誰ですか?」と返信したら、なんだか面倒くさい事になり往生したって言ってたけど…

しかし…朝イチで、こんな迷惑メールを送るかね?
皆様も迷惑メールには気をつけましょう。

閉業したわけではなく移転なんですけど…(苦笑)

google map から…

「はり・きゅうふくた」への編集内容が承認されました。変更内容によっては、Google に反映されるまでに最大 24 時間かかる場合があります。Google マップの改善にご協力いただきありがとうございます。皆様からのご指摘を基に、より正確な地図の提供に努めてまいります。

…とメールが届いたんですゎ。

先日、暇つぶしで、なにげにgoogle mapを見ていて、そういえば8年前までは白金で治療院をやってたんだよなぁ~。と白金の辺りを見てたら、地図上に「はりきゅうふくた」と表記があるではないですか!?
おいおい!移転当時、移転情報を更新申請していたはずなのに、ず~っとそのままだったのか…(汗)
ストリートビューでは焼き肉屋さんになっているけど、地図上では鍼灸院…(苦笑)

こりゃぁ~いかん!

…と、今年の4月末にgoogle mapに移転の情報変更を申請していたんですが、やっと6月半ばに情報が更新されたと思いきや…、「はりきゅうふくた(閉業)」とある。…閉業じゃなくて移転なんだけどな…。…と、訂正しようにも「情報の修正を提案」という項目から「閉業じゃなくて移転ですよ!」と伝える術が見つからず断念。

今更ですが…「はりきゅう ふくた」は閉業したわけではなく、2012年に中央区白金から早良区野芥に移転して細々と営業してますよぉ~~!(苦笑)

ノムさん

プロ野球が始まりましたね!
ホークスは…、やっぱりロッテが苦手なのね!…(^~^;)

スタートダッシュとはいかなかったけど、とりあえず1勝してるから…良しとしましょう。
ぼちぼち楽しませてもらいます。

でも、日曜日の夜に、ふと思ったんですが…
「もうノムさんのボヤキ解説は聞けないんだよなぁ~」って思ったら寂しくなりました。

「気」について…

気

また…こんな事を書くと「何も分かっていない奴が、いい加減な事を書くな!」…と、お叱りを受けるんだろうな…(苦笑)

でもね…以前から…というか、最近、ホント!「気」って便利な言葉だなって思うんですよねぇ~。

東洋医学や鍼灸の勉強をしていると「気」について書かれている文章を目にしますし、必ず周りの人の中で、私は気を感じる事が出来る…。もしくは気の流れを感じる…。はたまた気をコントロール出来る…。というような人が現れます。(苦笑)

「気」は丹田に集まり…云々、経絡を巡り…云々、血(ケツ)と水(スイ)を押しているのが「気」で…云々。というのは文章から得た学問として理解できますが、見たり感じたりする事が出来ないモノに関しては、正直言って、如何ともしがたい。

…何となく集団心理とでも言いますか、今まで「気」などというモノを考える事もなく生きてきた、ごく普通の人が、いきなり「この気を感じますか?」と問われると、気が弱い人なら、気は感じないんだけども、ここで「感じます…。」と言っておいた方が、この場の雰囲気を壊さずにすむのかな?…(;´゜,∀゜)…、などと気を使ったりするだろうし…(^-^;)  もしくは、あざとく、「この場で ”気” を感じると言っておいた方が周りの人より一歩抜きん出る感じで振る舞えるので、ここは気を感じているフリをしておこう…」などという輩がいないとも限りませんし…、目に見えないモノをど~こう言ってもねぇ~…っていうのが、この「気」という代物なんですよねぇ~。

僕自身は今の所、気は感じませんし、オーラも見えません。治療院に入ってきた患者さんを見て「あ~この人…元気がないなぁ~」とか「なにか…あったのかな?」「おっ!この人は元気そうだ!」程度に、察するというような…、その程度の能力しか持ち合わせておりません。

なので、僕の気の解釈は「気」はエネルギーなので誰の身体の中にも流れているモノであり、エネルギーはカロリーとか電力とか数値には表せるものだけれど(※気は今の所数値化できていません。あしからず… (´∀`;))元来、エネルギーは目に見えるものではないので、気を感じる事が出来なくても、オーラの色が見えなくても治療家として何も問題ない。…と思っています。

気を感じる事が出来なくても、僕ら鍼灸師は、知らず知らずのうちに鍼とお灸を使って気(エネルギー)を動かしているんでしょうし、筋肉を緩ませてコリを解しているんでしょう。

「人から気をもらう…」とか、「気を分け与える…」というような事を時々聞きますが、基本的に、どの人の身体の中にもエネルギー(気)はあり、若ければ活発にエネルギー(気)は生産され、歳を取れば気(エネルギー)の巡りは悪くなるものなので、人からもらったり、分け与えたりするようなモノじゃないと思うんですよねぇ~。

ただ…、楽しかったり、好きな人と一緒にいたり、美味しい物を食べたりすると、気(エネルギー)は生産され、活発に巡ると思うので、その瞬間は若かろうが、老人だろうが、元気になるんでしょう。

何となく…「気を感じる!」と言っておけば、優劣で言うと「あなたには感じないモノが私にはわかるのよ!」的な、少しばかり…優勢な立場でモノが言えるかも…。というような人に取っては「気」って、人を煙に巻く…(苦笑)便利な言葉だなって思うんですよねぇ~(^-^;)…すごく穿った見方ですけどね!(苦笑)

奥が深いわぁ~~~。

先日、患者さんが治療中に「もう今年も半分終わっちゃいますねぇ~」と言われたんです…。
そうだよなぁ~…もう半分終わるんだよなぁ~って…、ね。なんか溜息がでちゃいまが…。
今年はコロナのおかげで、ワヤクチャナな前半戦でした。
…という事は、サッカーで言うと、今、ちょうどハーフタイム。後半を、どう戦うか?どう守るか?チャンスをどのように活かすか?を確認し合う時間なのかもね!

珈琲豆

先日、TVを見ていたらバリスタの人がコーヒーの入れ方を伝授してくれていたので、蒸し時間と、3回に分けてお湯を注ぐ事を試してみたら、良い感じでコーヒーが入れれるようになりました。

珈琲豆,蒸す

コーヒーも奥が深いわぁ~~~。

ホンマもん(本物)か?…否か?

昔、鍼灸師になる前に番組の制作をする会社にいたもので、癖というか…ついついTV番組やアニメなどの番組の終わりに、スタッフ名や制作会社の名前が流れるテロップに目がいくんです。

…で、時々、面白い名前を見つけるんですよねぇ~。

僕の記憶に残っているのが「〆さばアタル」って言う人。…多分、放送作家?構成作家?の人のペンネームなんでしょうが、この名前を見つけた時は一人で超ウケてました!…このペンネームのセンス…いいなぁ~(笑)

それと、何の番組だったかな?…「南町奉行所」っていう会社名?…これも僕の中でヒットでしたねぇ~… (^-^;)

話しは変わって…

先日、車の中でJAZZやフュージョンを聴いていて、ふと思ったんですが、…もし、ロックフェスティバルにJAZZのバンドが出たらどうなるのかな?…って考えたんです。

ブーイングが起こるのか?客が騒ぎ出してフェスが台無しになるのか?モーゼの十戒の海のようにステージ前の客が割れるように去って行くのか?…などと、マイナス思考的な想像が真っ先に浮かんだんですが、ジャンルとかを超えてそのプレーヤーがホンマもん(本物)なら、観客は好きなジャンルじゃなくても何かを感じ取って感動すると思うんですよねぇ~。

ホントにその人の中から湧き出す何か…。放たれるパワーのようなモノって、音が大きい…小さい…激しい…静か…ではなく、別物で存在するパワーのようなモノがあると思うんですよね!その湧き出るモノや、放たれるパワーのようなものに、何かしらか、いい加減な気持ちや、浮ついた気持ちがあった場合、それを客が察知したら、客は感動せずブーイングが起こるんじゃないかな?

音楽じゃなくても、全ての物事に於いて…

人から教わったものを、そのまま人前で話しても何も伝わらないものですよねぇ~。人から教わったモノを自分の中で消化して分解して、再構築して自分のモノにした時点で、自分の言葉でモノを伝えた方が相手に気持ちが伝わるモノですし、僕らがやっている鍼灸の技も、そういうものだと思うんですよねぇ~。

バジルソース

先日、今年初めてのバジルの収穫。

何度かバジルソースを作った時に、オリーブオイルの油っこさが気になったので、今回は”日清さらっと軽~いオリーブオイルっていうのを使って作ってみました。…本当はオリーブオイルの専門店で売ってるような…、香りが高い…、俗に言う…値段がお高いオリーブオイルを使って作ってみたいんですが、今の懐状況ではそうもいかず…、この「コレステロール0」と謳っている市販のオリーブオイルを使ってみたんです。

作ってみた感想としては、オリーブオイルの香りはそんなに感じないんですが、安くバジルソースを作るなら、この「コレステロール0」ってアッサリしていていいですね!

バジルソースって冷凍保存が効くので「晩ご飯…何にしよう?」っていう時に役に立ちます!

今回はジェノベーゼとして食べたんですが、エビとか貝とかベーコンなどとバジルソースを絡ませてバジルソースのパスタを作るのもいいですね!今度、作ってみようと思います。