【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

第7回日本中医学会学術総会へ…

第7回日本中医学会学術総会へ…

先週の土曜日と日曜日、熊本で行われていた日本中医学会学術総会へ行って来ました。台風の直撃が予想される中、2日間とも昼間は会場に缶詰状態だったもので、あまり台風の凄さを感じる事もなく、閉会した頃は日差しが差し込んで雲と光のコントラストが綺麗な熊本の空となってました。

この日本中医学会…。会員でもない僕がなぜ参加したのかというと、今までは東京の船堀でしか開催されていなかった日本中医学会学術大会が今回、初めて地方で開催されるにあたって、参加人数が少なくなるのを危惧し、通常は行わない一般参加を呼びかけの為にDMを近隣の関係者に送って参加者を募ったという裏事情があったらしく、僕はまんまとそれに引っかかった…(苦笑)そんな感じですね。(確かに…僕の場合、東洋学術出版から封書が届いて「日本中医学会学術総会が熊本で開催されます」って知ったんだよな…)
まぁ~それと、学生時代を含め10年間過ごした熊本へは震災の2ヶ月前に行って以来、行けていないので先輩や知人の顔も見たいし一緒に酒も飲みたいし…という一石二鳥な側面もあったものでこの2日間は充実したものになりました。

学術大会で感じた事ですが、僕自身、根無し草なんもので…(苦笑)「中医だろうが和法だろうが人の身体を治療する事には変わりなからイイ方法ならば利用する。」というスタンスなんですが、中医学(中国医学じゃなくて中医学ね!)自体が人に分かりやすく説明出来る事を前提に構築されているものなので、初学者や西洋医学とは別な治療法を求めている人達にとっては、とっつきやすいんだろうなぁ~。コレって中医学の強みだよなぁ~って感じた反面…、長年生きてるとよく出くわす事なんですが「分かりやすさ=眉唾なものも多く思考停止しがち」という図式も世の中の慣わしとして厳然とあるので、そのへんも注意しながら接した方がよさそうだ…と感じました。(こんな事を思うのは僕が天邪鬼なせいもあるんですけどね…(苦笑))

一番面白かったのが大会の最終日にあったシンポジュウムでした。『穴位効能の意義と標準化』というタイトルで有名な先生方が色々とお話しされてまして…。僕は以前から鍼灸治療の基本は経絡の疎通であって、その経絡上に現れる異常がツボというものであり、そのツボへお灸や鍼を施す事で経絡の疎通を図るのが鍼灸の基本的な治療だと思っているんですが、それでも効かない場合は、その治療プラスの陰陽配穴であったり巨刺であったり子午流注であったり特効穴であったり…と変化球的な治療法をしたりしています。

野球での投手の投球術に例えるならば、基本的にストレートがしっかり投げれるからこそ、スライダーやホークやカーブなどの変化球が生きてくる…。(「経絡の疎通=直球」という例え話です。)穴性って細かく細分化してしまう事になるので、理解しずらくなる原因のような気がするんですよ。

僕はどちらかというと穴性に関しては否定的な考えではあるのですが、学会として『研究』という事であればどんどん研究されてかまわないと思うんです。…が、教育という段階で初学者や学生には穴性について、あまり教えない方がいいと思うんですよねぇ~。またまた野球を例え話にしますが…変化球ばかり最初に教えちゃうと肩や肘を壊しちゃう…そんな感じでしょうか…。穴性を初学者に教えると経絡とかはあまり考えずに「症状=このツボ」的な感じでハンコで押したような治療しか出来ない治療者が増えちゃうような気がするんですよねぇ…。まぁ~よそ者の戯言でございます。

1日目の日程が終わった土曜日の夜は大学の時の先輩とよく行っていたホンキートンクにも行けてトールさんの元気な顔もみれたし、楽しい熊本2日間でございました。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*