【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

ハタハタ

ハタハタ

よくTV番組などで「最後の晩餐で、死ぬ前にコレが食べたいなぁ~って思う時、あなたは何が食べたいですか?」っていう質問をするシーンを見た事があるんですが、僕がこの質問に答えるならば、迷わず「ハタハタの素揚げ!!」と答えるでしょう。

ハタハタは煮たり、しょっつる鍋にしたり、一夜干しを焼いたりするのが定番ではあるのですが、一夜干しのハタハタを10時間ほど冷蔵庫や、風呂場に放置して余計な水分を飛ばした後、油で素揚げするだけの逸品。もともとは一夜干しなので塩味が効いてるし油でカラッと揚げるので頭から尻尾まで骨も全部食べれちゃうんですゎ!コレがビールに合うゎ!合うゎ!

ただ一夜干しのハタハタは冬はそうでも無いんですが、夏は結構、強めに塩処理がされている場合があるので、夏は少し塩抜きをした方がいいかもです。まぁ~いくら10時間放置で水分を飛ばしても、素揚げなので油で揚げる時はパンパン!油が飛ぶ場合もありますから、もしもこの料理を試される時はフタなどを片手に、はねる油を防御しながら揚げる事をオススメします。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*