はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


花粉症

花粉症

早いモノで、もう今日と明日で2月も終わりますね…。
僕は、さいわい…と言うか…今年は、まだ花粉症の症状は出てませんが、マスクや眼鏡で完璧なプロテクトをして来院される患者さんもいらっしゃいますから、花粉が飛びまくっているんでしょうねぇ~。

花粉症はアレルギー症状なので、体の中の免疫システムの不具合が原因とされています。東洋医学では、その症状だけに対処する方法を《標治法》。根本的な原因に対処する方法を《本治法》と呼んでますが、花粉症に関して言えば点鼻薬や鼻の粘膜に対しての治療は標治法になるわけですよね!

で…根本的な原因を治す本治法はと言えば、今、よく世間で言われていますが、”腸”を整える事になると思われます。アレルギー疾患全般的に言える事かも知れませんが腸を調える方法としては…

・よくかんで食べる
・発酵食品を食べる
・暴飲暴食は慎む

これに尽きるような気がするんですよねぇ~。なんか貝原益軒の『養生訓』にも食に関しては同じような事が書かれていたように記憶してますが、基本的に最近の食生活は、噛まなくても食べれるモノが多いし…、発酵食品より保存料が入ってる食品の方も多いし…、飽食の時代って言われてるしね…。

鍼灸で腸を調える場合は、お腹や腰や足のツボを使って胃腸を整える治療が出来るんですよね。花粉症に悩まれている方は2~3年計画で食生活を改善しながら鍼灸治療で胃腸を整える事をオススメします。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*