【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

苦虫をかみつぶす…

苦虫をかみつぶす…

どの仕事でも”結果”がすべてで、結果が出ないと相手にされないのは世の常です。
患者さんの治療をしていて、治療後にすぐに結果が出る事もあれば、結果がすぐには出ず、あとからジワジワと結果が出る場合もある。

すぐに結果が出る時は、患者さんも笑顔で帰って行かれますし、治療する側も気分がいいものですが、すぐに結果が出ない時は患者さんも不快な表情で帰られたり、もう2度と来られなかったり…。

鍼灸治療に限らず医療というモノは人間の体が本来持ち合わせている自己治癒力を後押しする行為なので、治療に於いての結果は、症状にもよりますし、患者さんの体の治癒力が強いか弱いかでも大きく左右されます。

いっきに症状が良くなることを期待されていたり、すぐに結果を求められる方は「薬を飲めばすぐ治る!」「手術をすればすぐ治る!」「治療を受けたんだから治らないのは変だ…」と思われるかも知れませんが、そうじゃ無い場合もあるんですよ。

治療後に大きな変化は無いにしても、少しでも体に変化が現れたり、改善の徴候が出てきたならば「この症状は治るのには少し時間がかかるのかもしれないな…」と自覚して頂き、治療者と二人三脚で治療に取り組む必要があると思うんですねぇ~。

治療する側としても、結果がすぐに出て、来られた患者さんが全てニコニコ顔で帰って行かれたら、どんなに気持ちイイだろうと、いつも思っているんですが、苦虫をかみつぶして結果を待たなければいけない時も、往々にしてあるんですよねぇ~。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*