【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

毎回、治療後に想うこと…

毎回、治療後に想うこと…

今回の台風は妙なルートで上陸しそうですなぁ~!被害が出ないといいんですけどね…。

話は変わって… 来院された患者さんが、来られた時は辛い顔をされていても、帰る時は痛みも取れて笑顔で帰っていかれたりする時は、治療する側としても幸せを感じれるんですが、病気の度合いが進んでいたり、痛みの状態が酷い患者さんは1回の治療で100%の痛みが0%になって帰られるということは稀なので、患者さんが顔をしかめながら帰られる時などは、治療者として心苦しい瞬間であったりします。

でも、100%の痛みを0%に出来なくても、50%くらいに出来るように…、もしくは車のギアーチェンジの如く、治るスピードが日を追うごとに加速するように、鍼とお灸で体にアプローチしているので、もうしばらく治療に専念してもらえる事を願いつつ、患者さんを見送るんですが、患者さんが帰られた後、最善は尽くしてはいるものの「もっと何か出来ることはなかったか?… もっと違うアプローチの方法はなかったか?…」などと治療内容を振り返ったりする事もよくある事なんですね!

顔をしかめながら帰られた患者さんが2回目の治療に来られた時、「以前よりは楽になった…」というような話をされたりなんかすると、心の中でガッツポーズをしていたりするんですよねぇ~。でも2回目の来院がない場合は…正直…ヘコみます。まぁ~これが現実というか…これが臨床なんだと思いつつ、毎回、頭を使って治療をしてます。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*