【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

収穫!収穫!

収穫!収穫!

春頃に植えた唐辛子がイイ具合に赤くなったので、収穫!収穫!
九州…特に北部九州では唐辛子をコショウと呼ぶみたいです。
柚子胡椒は、通常の胡椒は使わず唐辛子を使いますから、辛いモノを、この地域では「コショウ」と呼んでいたのかも知れませんね…。

これだけ収穫できたから、当分、唐辛子には不自由しなさそうです!

辛味は東洋医学的には発散作用がありますし、チョッとした風邪や、チョッとした寝違え…(以前、カレーを食べたら寝違いが治った経験をブログに書いてます。)http://harifuku.com/?p=12391 などでは効力を発揮してくれます。

たしか、東洋医学で言う”肝”が弱い人は辛味を控えた方がいいんですよね!気が上がりやすい人は怒りっぽくなりますし、”肝”が弱い人は筋肉がつったり、こむら返りを起こしやすくなるんですよ!肝が弱い人が辛味を食べると発散作用で気が上に上がるのを助長しますし、気が上に上がる事で下肢の気(血)が停滞したり、気虚状態になるので、こむら返りが起こる。

などなどの注意事項を加味しながら、唐辛子料理を楽しみたいと思いまする。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*