【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

電気を売ってる場合じゃ無いと思いますが…

電気を売ってる場合じゃ無いと思いますが…

 

先日、読んだ本に 『畏敬の念をもつと体内の炎症レベルが下がる』 ということが書いてあったんですよね!
この本によると…「畏敬」とは、自分の理解を超えるような対象に触れた際に、わき上がる鳥肌が立つような感情…だそうな。
まぁ~…「おぉ~!w(゚o゚)w こりゃぁ~凄い!」 とか 「自分は自然の中の一部に過ぎないんだ…」 とか、感銘を受けたり、悟ったりする時に湧き上がる感情が身体や心に変化をもたらすらしんですゎ!

この文章を読んだ時に、ふと思い出したのが、数日前に「京都にある浄土真宗本願寺派の本山「西本願寺」の僧侶らが設立した会社が電力小売事業に参入する…」っていうニュース…。

色々な考え方があっていいとは思うんですが…、本来、坊さんがやるべき事は、亡くなった方を弔う事もさることながら、体調が悪い人や、心を病んで困ってる人、いわゆる現世を生きている人に仏の道を説き畏敬の念をいだかせる事で救済するのが本分なんじゃないのかな?電気を売ってる場合じゃないと思うんですけどねぇ~(苦笑)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*