【福岡市の鍼灸院】|はりきゅうふくた|福岡 早良区|福岡鍼灸|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

国際標準化しないといけないものなのか??

国際標準化しないといけないものなのか??

ジュンク堂に行ったら、こんな雑誌がありました。
森ノ宮の学校が、また新たに鍼灸按摩の雑誌を作り始めたみたいですね!
『鍼灸OSAKA』は臨床に即した雑誌ですが、これは、臨床とは違う側面で業界の話題を提供する…そんな感じの雑誌なのかな?

最初の数ページは「伝統医療と国際標準」というタイトルで書かれていたんですが、国際標準化ってしないといけないものなんでしょうか?数値化できる現代医学だと情報の共有や国際標準化は可能でしょうが、鍼灸の場合、刺激量など数値化出来ないものが多いため技術の共有は難しいはずなんです。

鍼灸の場合、国際標準化しようとすると、良い側面が削られる割合が多いと思うんですよね!

主に中国…韓国…日本だと思うんですが、鍼灸もそれぞれに土地柄の良さというか、その土地で進化した鍼灸の特徴があると思うんですよ!でも、国際標準化しようとすると、その土地、土地で進化した良い部分が無くなっちゃう気がします。例えて言うならば老舗の料亭に行っても、その土地にしかない御当地ラーメン屋さんに行っても、チェーン展開しているファミレスの味と同じ。…そんな感じでしょうか…。

何て言うのかな…、こう言うのって、表向きは 「マイナスな部分を引き上げて全体のレベルを引き上げる」 というお題目でプロジェクトがスタートするのだけれども、フタを明けてみたら、覇権争いの側面が強くなり、プラスな部分を削って特徴がなくなり、つまらない物が出来上がる。…こんな感じになっちゃってないか???って思っちゃいます。

いいじゃない!中国は中国の…。韓国は韓国の…。日本は日本の鍼灸があってもね!僕らも必要だと思えば、中国の鍼灸…韓国の鍼灸を取り入れますし、そうじゃなければ我が道を行くでいいと思うんですよね!国際標準化なんて必要ないと思いますよ!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*