【福岡市の鍼灸院】|はりきゅうふくた|福岡 早良区|福岡鍼灸|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・眼の疲れ・緑内障・頭痛・めまい・メニエル・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

治療と施術

治療と施術

友人が酒の席で「鍼灸って治療じゃなくて施術なんだってね!知り合いの医者が言ってたよ!」…との事。
彼は鍼灸師でも医者でもなく普通のサラリーマンで、時々、ウチで鍼灸治療を受けてくれていて、かかりつけの病院に行った際に「鍼灸にも通ってます。」…と、お医者さんとの会話の中で話したら「鍼灸は治療じゃなくて施術だ…」と言われたそうな。

広辞苑第六版によると、治療とは「病気やケガを治すこと。また、その為に施す種々のてだて。」とある。また、施術(せじゅつ・しじゅつ)とは「手術・催眠術などを行う事」とある。…と言うことは治療はなにも医者じゃないとやってはいけない行為ではなく、どちらかというと、手術は医師しか出来ない行為なので、医師のみが行える行為は治療の範疇の一施術だと言う方が正しいように思えるんだけどな…。

…そうかと思えば、保険の書類などを書く時や公的文章をなどでは「鍼灸院や整骨院は保険医療機関ではないので医師が行う「治療」と異なり、鍼灸師や柔道整復師では「施術」という表現が用いられる。」と習った覚えがあります。…たぶん、僕の友人に「鍼灸は治療じゃなくて施術だ…」と言ったお医者さんは、この事を言っているんでしょう。

またまた…広辞苑第六版によると、医療とは「医術で病気を治す事」とあり、医術とは「病気や傷を治す為の技術」とあります。

確かに健康保険制度だけでモノを見ると、「健康保険は病院以外では使えない」というのが大原則であり、病院以外で保険を使う場合(鍼灸や整骨院で保険を使う場合)はお医者さんによる適当な治療手段が無い場合…もしくは西洋医学では今以上に効果を期待出来ない場合に限るとされているので、医者が行う行為と、鍼灸師や柔道整復師が行う行為を明確に分類する必要性から「治療と施術」の分類が始まったように思えますが、これはあくまで書類上の事であって、医者がやる事…鍼灸師がやる事…柔道整復師がやる事は医療であり医術であり治療であり施術であるわけなんですよね!

これを理解した上でも、まだ施術と治療を区別したいという人がいるのであれば、その人は根本的に優位性を示したいだけの傲慢な考え方の人なんだろうなぁ~って事なんでしょうね…(苦笑)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*