はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


技術は伝承するのか?否か?

技術は伝承するのか?否か?

以前、ブログで…

広く浅く収集する技術や知識は、色々な人の英知の集まりですが、それをまた自分の中でこねくり回し自分なりのモノを作り上げて行く。これが僕の技術なので、この技術が別な人に伝わったとしても、伝わった時点で、それは一つの素材となり、また別なモノに作り変えられるわけなので、技術に伝承は成立しないというのが僕の考えです。でも…心意気は伝承すると思うんですけどね!…(苦笑)

…って事を書いたら、時々、色々な知り合いから…「技術の伝承は成立しない…ってブログに書いてたけど、それは違うと思うな!」 と、ご高説を賜るんですが、僕の考えは変わらないんですよねぇ~(苦笑)

東洋医学を基準に 『技術の伝承』 という事を言い出すと、もともと東洋医学の思考事態が千変万化とでもいいますか、いかようにも解釈できる代物なので、説明が難しくなるし理解しにくくなると思うから、僕の好きな音楽で 『技術の伝承は成立しない…』 という事を解説しますね!

あっ!その前に… 『心意気』 や 『考え方』 や 『想い』 は伝承しますからね!ここで言ってるのは、あくまで 『技術』 の話です。くれぐれも 『心意気・考え方・想い』 と 『技術』 を混同しないようにしてくださいね!

例えば…チャック・ベリーというロックンロールの代名詞のようなギタリストがいますが、彼の曲のギターリフで超有名なジョニー・B・グッド♪ のイントロのリフがあるんですけど、あのリフはチャック・ベリーそのもの…。所謂、チャック・ベリーの技術なんですよね!(本当は、チャック・ベリーが考え出したモノではなく、ルイ・ジョーダン???だったかな?…ピアノのリフをパクった…とか、管楽器のリフをパクったものだという噂ですし…、映画 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』 では、未来から来た主人公(マイケル・J・フォックス)がダンスパーティーでジョニー・B・グッド♪ を弾き、その演奏を電話ごしに聴いたチャック・ベリーがマネした…となってましたが…(諸説ございます ( ̄▽ ̄;) )

他の人がチャック・ベリーのジョニー・B・グッド♪ のイントロを弾くと 「あっ!チャック・ベリーぽいね!」 となるわけで、チャック・ベリーのマネになるわけですよね!「真似る…」という言葉が出てきましたが、ここで 「技術の伝承とはマネをすることなのか?」…という疑問が浮かんできますが、僕は、人の技術(オリジナルのモノ)が別な人に伝わった時点で、技術は1つのパーツになると考えます。

技術というモノは、あくまでオリジナルなものを 『技術』 と言い、他に渡ると技術は素材になるわけです。なので技術を受け取った人は、それぞれの先人達が作り出したパーツを組み合わせ、自分の発想も加味しながら、自分なりのオリジナルなもの…。所謂、『新しい技術』 を作り出すわけです。

「先代と何一つ違うこと無く…」 ということは、先代のクローンでも作らない限り無理なんじゃないかな?
機械なら可能なのかも知れませんが、人が関わる場合、代々伝わっていると思われている技術も、伝わる年代が長ければ長いほど、人の手が加わるので微妙に変化してるはずなんですよね!…鍼灸の技術も、そのようにして変化しながら伝わってきているモノだと思います。

ですから、『技術』 = 『オリジナルなモノ』 と考えれば、技術の伝承はありえず、絶えず変化している。…となるわけです。

技術の中に 『心意気』 や 『考え方』 や 『想い』 という感情的要素が加わっていると考えている人達からすると 「技術は伝承するモノだ!」… となると思うんですが、チャック・ベリーはチャック・ベリーだし、ジェフ・ベックはジェフ・ベックなんですよねぇ~。同じようなギターフレーズをコピーして弾ける人は山ほどいますが、その人達は僕にとってはチャック・ベリーっぽいギターを弾く人であり、ジェフ・ベックっぽいギターを弾く人なので、ただマネをしている人にしか見えないんですよねぇ~。

マネを積み重ねて新たな技術を作り出す。これを伝承と言うのか?否か?
僕は新たな技術を生む出した時点で、それはその人のオリジナルな技術と捉えるので、「否!」と思います。

でも…こんな事を書いていたら、自分が頭でっかちな堅物に思えてきたし…なんか面倒くさくなってきたなぁ~。(笑)伝承しようが、しまいが…、もうどっちでもいいですゎ。(苦笑)(^-^;)フフ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*