はりきゅうふくた|丁寧な治療を心がけてます。|福岡市早良区鍼灸|腰痛|肩こり|四十肩・五十肩|頭痛|坐骨神経痛|眼の疲れ・緑内障|頭痛|めまい・メニエル|耳鳴り・難聴|胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎|ギックリ腰|顔面神経麻痺|寝違え|逆子のお灸治療|刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


たっすいはいかんぜよ!(井戸端会議的な話)

たっすいはいかんぜよ!(井戸端会議的な話)

味覚や感覚は人それぞれで、美味しいと言う人もいれば、不味くはないけど、美味しいとまでは言えないな…という人もいたり…。100人いれば100通りの感想があって然りではあるのですが……

「最近の一番搾り…薄くなってる感じがする。(これはあくまで個人的な感想です。)」

ビール好き&新しもの好きなもので、コンビニやスーパーの酒コーナーで、見たことがないビールのラベルや新デザインを見つけると、ついつい手が伸びて、買って飲み…「ほほ~!こんな味かぁ~」とか、「おっ!美味いなぁ~」と思ったりするんですが、今回の【一番搾り 清澄み】…不味くはないんだけど…薄いな…。

一番搾りが新一番絞りに変わった時にも「薄いな…」と感じたんですが、今回は輪を掛けて薄さを感じたんですよねぇ~(あくまで個人的な感想です。)

以前、読んだ『キリンビール 高知支店の軌跡』という本では、会社の方針でキリン・ラガーを若者を意識して苦味を排除した味に変えた時に「たっすいはいかんぜよ!」と、味が薄くなった事への危惧を、地方査察で来ていた本社の社長に支店の職員?事務員?さんが酒の席で熱く語り、数年後にキリン・ラガーの味が元に戻った出来事が書かれていたと記憶してるんですが、昨日、一番搾り 清澄みを飲んだ時に頭に浮かんだ言葉は「たっすいはいかんぜよ!」…でした。

僕が歳をとって、新しい味についていけなくなっているのかも知れませんし、これが時代の流れなのかもしれません。まぁ~口に合わないなら飲まなきゃイイ話で、商品に難癖付けるのもおかしな話ですよね…。味が変わる前の昔の一番搾りが好きなビールだっただけに、味が変わって行く事に少し寂しさを感じているのかも知れません。

今後も自分の口に合ったビールを見つけるべく、日ごと夜ごと、立ち寄ったスーパーやコンビニのビール棚に目を光らせて新しい商品との出会いを期待したいと思います。…・・('∀')

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*