【福岡市の鍼灸院】はりきゅう ふくた|福岡 早良区|腰痛・肩こり・四十肩・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・めまい・耳鳴り・難聴・胃食道逆流症・胸やけ・逆流性食道炎・ギックリ腰・顔面神経麻痺・寝違え・逆子のお灸治療・刺絡

   お灸と鍼で病気を治す   

092-407-7746


福岡県福岡市早良区野芥6丁目1-4

ネガティブ・データを検証

ネガティブ・データを検証

nega

体験的にはわかっている事を、他者に伝わるように言語であらわすのは難しい…。しかし言語化しないと後世には伝わらない。言語化して表現するには実証しなければ研究論文は空理空論となるので、実証できなければ意味が無い。体験は口訣として残り、普遍的となれば真理になるが口訣にしたがって行っても上手くいかない時もある。その場合「上手くいかない=嘘じゃないか?」ではなく、なぜ上手くいかなかったのか…の理由を考える必要がある。『失敗学』が提唱するように「なぜ上手くいかないか?」を追求して原因を掘り下げる事が重要…。

このような事が、ある専門新聞に掲載されてました。“ネガティブ・データの検証” いつも考え事をする時、頭のどこかに持っていなければいけない事だなと思います。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*